対艦ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハープ―ン

対艦ミサイル(たいかんミサイル)は、陸上、艦艇、潜水艦航空機などに装備され、名の通り敵の艦船を破壊するのを目的としたミサイル

概要[編集]

発射プラットフォームにより地対艦ミサイル艦対艦ミサイル空対艦ミサイルなどに分類される。他のミサイルと比較してシースキマー型の超低空飛行特性が特徴である。

戦術用途の対地ミサイルの一部と艦対空ミサイルの多くは艦船攻撃用途に用いる事も可能であるが、これらは通常、対艦ミサイルとは呼ばない。しかしながらSS.11/12、ヘルファイアスタンダードなど一部のミサイルは専ら対艦用途に装備される場合があり、そのような場合には対艦ミサイルと呼ばれる場合もある。

誘導兵器であり、初期には目視誘導のものもあったが、現代ではレーダーもしくは赤外線による自律誘導を行なうものが主である。艦船を撃破するために比較的炸薬量も多い。歴史的には第二次世界大戦中のバットフリッツXHs293を嚆矢とする。ただし、前者二つは自身の推進装置を持たない、航空機から投下する誘導爆弾であり、厳密には対艦ミサイルとは異なるものであった。Hs293は輸送船攻撃などで戦果をあげ、フリッツXはイタリア海軍戦艦ローマ」を撃沈する戦果を挙げている。

第二次大戦後は、まず強力な対艦航空戦力を有さなかった東側で開発が進んだ。1950年代にはソ連P-15(SS-N-2)が実用化されている。これが1967年イスラエル海軍駆逐艦エイラート」を撃沈すると、西側諸国でも対艦ミサイルの開発に拍車がかかり、エイラート事件以前からのペンギンなども含めて、1970年代にはハープーンエグゾセなどが実用化された。日本においても、比較的早期から対艦ミサイルの開発を進めており、1980年には80式空対艦誘導弾を採用している。

現在の対艦ミサイルは対空レーダー及び艦対空ミサイルで防御を固める敵艦を撃破すべく、長射程かつ敵艦レーダーの探知高度より低空を飛行する能力が求められ、ターボジェットエンジンを装備し、海面ぎりぎりの低空を巡航飛行することが多い。そのため対艦ミサイルは巡航ミサイルと共通する性質(推進方式・飛行経路など)を持っているといえる。近年では対艦ミサイルを発展させて対地攻撃能力を付与させた装備(Harpoon block IISLAM)も開発されている。

対艦弾道ミサイル[編集]

対艦弾道ミサイル(ASBM)は、海上の艦船を対象とした準中距離または中距離弾道ミサイルである。通常速度はマッハ10で現時点では最終段階において艦船に搭載される防御システムではイージス艦搭載のSM-3弾道弾迎撃ミサイル以外には対抗手段が無い[1]

ASBMは大型の通常弾頭を備えたり運動エネルギーに頼る場合、航空母艦などを破壊する能力を有するが、正確に命中しなければ効果が少ない。そのため、従来の弾道ミサイルとは異なり、打ち上げ後に弾道飛行、そして再突入に移った後、目標に対して極めて精密な誘導を必要とする。核弾頭を装備した場合には多少の目標への誤差は許容されるが、この場合は従来の核弾道ミサイルを用いた戦略と変わらず、対艦弾道ミサイルという新しい戦略兵器の登場とは言えない。

歴史[編集]

アメリカ国防総省の報告によると2005年中国DF-21Dと称する最大射程3,000キロメートル (1,900 mi)の世界初の対艦弾道ミサイルを開発して試験を行ったとされる。2007年-2008年に初期作戦能力を獲得すると見られていた。

誘導装置はUAV人工衛星による誘導が加えられた革新的な装置であると称する[2]。DF-21対艦弾道ミサイル自体は既に2009年から配備され、運用されている[3][4]

対艦ミサイルの一覧[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

イギリスの旗 イギリス

イスラエルの旗 イスラエル

イタリアの旗 イタリア

スウェーデンの旗 スウェーデン

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦/ロシアの旗 ロシア

韓国の旗 韓国

中華人民共和国の旗 中国

中華民国の旗 中華民国台湾

ナチス・ドイツの旗 ドイツ国/ドイツの旗 ドイツ

日本の旗 日本

ノルウェーの旗 ノルウェー

フランスの旗 フランス


脚注[編集]

  1. ^ Report: Chinese Develop Special "Kill Weapon" to Destroy U.S. Aircraft Carriers, U. S. Naval Institute, March 31, 2009.
  2. ^ PLAN ASBM development, informationdissemination.net, March 28, 2009.
  3. ^ Military Power of the People’s Republic of China 2008, Office of the Secretary of Defense, p. 2 (p12 of PDF)
  4. ^ How China could scupper US naval power”. SCMP (10/1/2009). 2009年1月10日閲覧。