Tu-16 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツポレフ Tu-16

Tu-16 Badger E.jpg

Tu-16(ツポレフ16;ロシア語:Ту-16トゥー・シスナーッツァチ)は、ソ連ツポレフ設計局が開発した双発の戦略爆撃機である。ソ連初のジェット爆撃機となった。DoDが割り当てたコードネームはType 39NATOコードネームは「バジャー」(Badger:アナグマの意)。

概要[編集]

1940年代後半から開発が開始され、1952年に初飛行し、1954年には実戦配備が始まり、同年のメーデーに初めて飛行姿を公衆の面前に現した。翌1955年7月に赤の広場で行われた航空記念パレードで実に54機の大編隊で飛行し当時の西側諸国にセンセーションを与えた。

Tu-16では、エンジンを主翼の根元に埋め込み式で取り付けるという方法が採られた。また、K-10S空対艦ミサイルを運用するようになったミサイル爆撃機型であるTu-16K-10からは、能力向上のために機首にレドームが装備されるようになった。

主翼の後退角は、内側で41度、外側で37度となっている。主翼にバルジを装備し、主脚はそこに収納する。

初期の生産型は通常爆弾を搭載する爆撃機で空軍向けであった。最大の生産数を誇ったTu-16Aは、核兵器運用型であった。これに加えて、電子戦機型や、海軍航空隊向けの対艦ミサイルを搭載するミサイル爆撃機型や、海上哨戒型も開発された。さらに空中給油機型は、翼端で空中給油を行うシステムを採用し全世界戦略の作戦展開を目指した。また、Tu-16の機体設計をもとに民間旅客機としてTu-104が開発された。これは、世界で2番目のジェット旅客機となった。

Tu-16各型はソ連の空軍や海軍航空隊で運用され、第三次中東戦争アフガニスタン侵攻イラン・イラク戦争などに活躍し、アジア中東アフリカの各国へ輸出され、長く使用された。

また、ツポレフ製の爆撃機としては戦後最も生産数が多かった機体で、1963年に生産が終了するまで1500機が生産された。そのため、多くの機体が運用されていたため、冷戦時代には日本近海を飛行するTu-16に対して航空自衛隊の戦闘機がスクランブル発進する事態が日常的に発生した。海上自衛隊の艦船に異常接近する場合もあり、1980年6月27日には、新潟県佐渡の北方約110kmの日本海で海上自衛隊の輸送艦「ねむろ」の目の前で墜落し、同艦が乗員3人の遺体を収容するという事故があった。

1987年(昭和62年)12月9日にソビエト連邦軍Tu-16偵察機は沖縄本島付近上空に領空侵犯嘉手納空軍基地・空自基地上空も通過した。それに対して航空自衛隊那覇基地第302飛行隊(当時)のF-4EJ戦闘機が2013年時点で空自史上唯一となる警告射撃を行った(対ソ連軍領空侵犯機警告射撃事件)。

また中華人民共和国では西安航空機工業公司によって生産もされ、轟炸六型(H-6)と命名された。これをもとに改修された空中給油機型である轟油六型(HY-6)も含め、中国人民解放軍海軍では半世紀近くも現役である。

ロシア連邦軍からは、1990年代には退役した。

スペック[編集]

Tu-16 三面図
  • 最大速度:1,050 km/h
  • 航続距離:7,200 km
  • 実用上昇限界:12,800 m
  • 全長:34.80m
  • 全幅:32.99m
  • 高さ:10.36m
  • 自重:75800kg
  • エンジン:ミクーリン AM-3 M-500 ターボジェットエンジン
    • 出力8200Kg×2
  • 武装:23mm機関砲×7、対艦ミサイル×2
  • 乗員:5~6名

派生型[編集]

Tu-16 中距離通常爆撃機型 トリヤッチ技術博物館の展示機
KSR-5空対艦ミサイルを搭載したTu-16K-10-26 長距離ミサイル爆撃機型
モニノ空軍博物館に展示されているTu-16K-10-26 長距離ミサイル爆撃機型 KSR-2空対艦ミサイルを搭載した状態
«88»
原型機および生産前機。原型機は別名「Tu-88」、「N型航空機」とも呼ばれた。
Tu-16
通常爆撃機型で、中距離爆撃機として開発された。自由落下爆弾を最大9トン搭載可能。
Tu-16A
戦略爆撃機として開発された核兵器運用型。453機が生産され、この生産数はシリーズ中最多となった。
Tu-16V
戦略爆撃機として開発された核兵器運用型。水素爆弾を運用できた。3機が製作され、1961年10月30日に行われた「ツァーリ・ボンバ」の投下試験に使用された。
Tu-16B
中距離爆撃機型で、エンジンをM-16-15(RD-16-15)に換装した。
Tu-16K
対艦ミサイルを運用する長距離ミサイル爆撃機型。
Tu-16K-10
K-10対艦ミサイルを運用する長距離ミサイル爆撃機型。216機が生産された。
Tu-16K-11-16
Kh-16およびKh-26対艦ミサイルを運用する長距離ミサイル爆撃機型。
Tu-16K-10-26
KSR-5(海軍型Kh-10SD)およびKSR-2(Kh-10S)対艦ミサイルを運用する長距離ミサイル爆撃機型。
Tu-16KS
KS-1「コメート」対艦ミサイルを運用する長距離ミサイル爆撃機型。インドネシアエジプトに輸出された。
Tu-16KSR
KSRおよびKSR-2対艦ミサイルを運用する長距離ミサイル爆撃機型。
Tu-16KRM
無人標的機の空中発射プラットフォームとして開発されたドローン母機。
Tu-16P「ヨールカ」
電子戦機型。愛称はロシア語で「樅の木」のこと。
Tu-16P「ブケート」
電子戦機型。愛称はロシア語で「花束」のこと。
Tu-16Ye
電子戦機型。電子情報収集装置や妨害装置を搭載した。
Tu-16Z
空中給油機型。
Tu-16N
空中給油機型。
Tu-16S
洋上捜索救難機型。
Tu-16G
郵便機型。また、アエロフロートの乗員訓練用にも用いられた。
Tu-16T
雷撃機型。
Tu-16R
長距離偵察機型。
Tu-16RM
洋上偵察機型。
Tu-16「ツィクローン」
気象観測機型。
Tu-104
Tu-16を基にして開発された旅客機型。

中華人民共和国での派生型[編集]

H-6
H-6A
1968年12月初飛行 量産型。中華人民共和国国内でライセンス生産したもの
H-6E
H-6Aを改修した核攻撃専用型
H-6B
偵察機型
H-6C
電子戦装備などアビオニクスを強化した改良型
H-6D
1981年8月初飛行 対艦ミサイルを運用可能にした海軍型
H-6F
H-6A/Cの近代化改修型
H-6H
1998年12月初飛行 巡航ミサイル搭載型
H-6I
エンジンをイギリスロールス・ロイス製スペイ512-5W×4に換装した機体。エンジン調達難から試作のみに留まる
H-6U
1990年初飛行 空中給油機型
H-6M
2002年の珠海兵器ショーでその開発が明らかにされた機体。翼下に対艦ミサイル4発の搭載が可能。現在少数機が海軍航空隊に配備されている
H-6K
2007年1月5日初飛行 現在開発中の巡航ミサイル搭載型。翼下に6発のDH-10巡航ミサイルの搭載が可能。エンジンは従来のWP-8からロシア製のD-30KPターボファンエンジンに換装され、航続距離も延伸しているとのこと。機体構造やアビオニクスにも改良が施されている。

運用国[編集]

Tu-16及びH-6の運用国

参考文献[編集]

  •  『世界の傑作機 No.126 ツポレフTu-16”バジャー”』(ISBN 978-4893191625)文林堂、2008
  •  『世界航空機年鑑』1959年版(ISBN 未導入)酣燈社、1958

関連項目[編集]