ANT-25 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ANT-25
ANT-25 in Chkalov Museum, チカロフスク

ANT-25ロシア語АНТ-25)は、ツポレフ設計局で開発されたソ連航空機である。

1937年7月18日に、北極点を越えてモスクワからアメリカ合衆国カリフォルニア州San Jacintoまでの10148kmを飛行した機体である。その他にもいろいろな長距離飛行記録を樹立した。

後に自分の設計局をもつパーヴェル・オースィポヴィチ・スホーイが設計した。後に爆撃機型であるDB-1が20機ほど造られた。

要目[編集]

  • 全巾:34.98 m
  • 全長:13.9 m
  • 全高:5.5 m
  • 翼面積:87.9 m2
  • 空虚重量:4200 kg
  • 最大離陸重量:11500 kg
  • 最高速度:246 km/h
  • 巡航速度:165 km/h
  • 最高到達高度:7000 m
  • 航続距離:13000 km
  • 乗員: 3 ~ 4 名
  • エンジン:ミクーリン製 M-34R
  • 出力:750 馬力(551 kW)