Tu-22 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Туполев Ту-22

Tu-22 モニノ空軍博物館の展示機

Tu-22 モニノ空軍博物館の展示機

Tu-22(ツポレフ22;ロシア語:Ту-22トゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー)は、ソ連ツポレフ設計局で開発された超音速爆撃機(Сверхзвуковой бомбардировщик)。ソ連のパイロットたちからは、「」という意味の「シーロ」(Шилоシーラ)という渾名で呼ばれた。北大西洋条約機構(NATO)は、識別のため「ブラインダー」(Blinder:「」)というNATOコードネームをつけた。

爆撃機としてはペイロードや航続距離が小さく、必ずしも成功作とは言えなかったが、強い後退角を持つ主翼や、垂直尾翼の両脇に配置された大型のジェットエンジンなど、西側にはない斬新かつスマートなデザインは注目を浴びた。

概要[編集]

開発[編集]

Tu-22の開発は、ソ連空軍の主力中距離爆撃機となっていたTu-16を代替する目的で始められた。試作機である航空機105(サモリョート105Самолет 105サマリョート・ストー・ピャーチ)は、ツポレフ設計局で1954年に設計された。しかし、初めての本格的な大型超音速機の開発は難航し、初飛行は1958年6月21日までずれ込んだ。その後、より強力なエンジンや中央航空流体研究所(TsAGI;ツァーギ)によって研究されたエリアルールを採用した新しい試作機航空機105A(サモリョート105AСамолет 105Аサマリョート・ストー・ピャーチ・アー)が製造され、1959年9月7日に飛行した。この機体がTu-22として量産化に向かうこととなった。

Tu-22は当初、スマートな外観から「ビューティ」(Beauty:美人)というNATOコードネームを付けられたが、敵機の名前としては美しすぎるとのことで、「ブラインダー」に変更された、と長年言われていた[1]。しかし実際は、1961年のツシノ航空ショーに出席した西側の武官がTu-22を見て「イッツ・ビューティ」(It's beauty:こいつは綺麗だ)と呟いたのを、横にいた記者がNATOコードネームと捉えたために生じた誤解であった[1]。また、この時同時に公開された大型戦闘機Tu-128(Tu-28)にもNATOコードネームに関する混乱があり、爆撃機と認識した西側はTu-128を「ブラインダー」と呼んでていた[2]。その後、戦闘機と判明したTu-128のコードネームを「フィドラー」に変更し、宙に浮いた「ブラインダー」はTu-22のコードネームに割り当てられた[1]

Tu-22は、当初地上常設、海上および移動式の目標に対する超音速ミサイル爆撃機 (ロシア語では「超音速ロケット搭載爆撃機」を意味する「Сверхзвуковой бомбардировщик-ракетоносец」と呼ぶ) として計画された。だが、最初の量産型であるTu-22およびTu-22Bではミサイルは搭載されず、旧来の爆撃機と変わらぬ自由落下型爆弾のみの運用となっていた。これら能力不足のシリーズは実質的には機体の実用化試験のための前量産機であり、少数しか生産されなかった。また、通常爆撃機型のTu-22Bが少数の生産に留まった原因としては、当時のソ連主席フルシチョフの「ミサイル万能論」の影響を受けたということもあげられている。

この理由により、Tu-22へのミサイル運用能力の付与は必須の課題となった。Tu-22初期型の配備に先駆け、1961年には当初より予定された本格的なミサイル爆撃機となるTu-22Kが初飛行に成功した。

Tu-22Kに搭載される空対地ミサイルKh-22 ラードゥガ(Х-22 "Радуга";「радуга」は「」の意味。NATOコードネーム AS-4 キッチン)と呼ばれる専用のもので、Tu-22の胴体に半埋め込み式で搭載されるものであった。また、Kh-22には対レーダーミサイル型のKh-22P ラードゥガ(Х-22П "Радуга")も開発され、これを運用するシステムも開発された。Tu-22は従来どおりの自由落下型爆弾も搭載可能で、その場合は13 tまでの爆弾を爆弾格納庫へ積載できた。これ以外にもTu-22は機外装備として、主翼下面に各1 基の小型爆弾架を積載できた。

Tu-22の特徴である背負式配置エンジン

Tu-22の搭載エンジンにはドブルィーニン設計局製の強力なターボジェットエンジンRD-7Mが選ばれ、2 基が尾部に集中搭載された。このエンジンはアフターバーナー付きの大型のもので、55度の後退角をもつ主翼と相俟って、当時の大型機としては驚くべき数値であった1600 km/hの最高速度を叩き出した。発展型のTu-22Kでは、エンジンは改良型のRD-8Mに変更された。ただ、エンジンの装備位置が非常に高かったため、整備の際には特別に足場を用意する必要があるなど、運用面では苦労もあった。

Tu-22からは、爆撃機以外にもさまざまな派生型が開発された。もっとも多数の生産されたのは爆撃能力を残した前線偵察機型であるTu-22Rであった。そのほか、Tu-22の派生型の中でも空軍においてもっとも重要な位置を占めたのは、近代的な電子戦に効力を発揮する電子戦機型や電子情報収集機型であった。これらは、ソ連空軍にとっての初の同種の機体として配備された。この他、Tu-22は「殺人機」と呼ばれたほど操縦が困難な機体であったので、専用の訓練用機材も開発された。Tu-22UおよびTu-22UDと呼ばれる4 人乗りの機体は、46機が製造されたことになっている。Tu-22シリーズは、1969年までの間に全派生型合わせて311機が製造された。

配備[編集]

Tu-22は、1962年にソ連空軍最初の量産型超音速中距離爆撃機として配備が始められた。一方、1965年に採用の決定の下ったKh-22を搭載するTu-22Kの配備は、1967年から開始された。Tu-22の生産はカザーニの国立第22航空機工場で行われ、エンジンを換装しまた空中給油装置を設置するなどした航続距離延伸型のTu-22KDと合わせて76 機が生産された。Kh-22は、700 機程度が製造された。

公式にはまだ実戦配備には入っていなかったが、1965年にはすでに最初のTu-22Kが3つの爆撃航空連隊へ配備されていた。配備部隊は、ベラルーシミンスクマチュリシュチの第121長距離爆撃航空連隊、同じくバラーノヴィチの第203長距離爆撃航空連隊、ウクライナジトーミルオズョールノエの第341長距離爆撃航空連隊であった。これらの部隊の任務は、第一に核爆弾での中央ヨーロッパおよび南ヨーロッパへの攻撃、第二に地中海北海のNATO艦隊への攻撃であった。これ以外にも、Tu-22Kは太平洋方面の部隊へ配備が行われた。

Tu-22は数カ国へ輸出され、長らく運用されていたが、いずれの国も技術的に高度すぎるTu-22を十分に使いこなせたとは言い難い。ソ連の崩壊後は、ロシアやウクライナでも若干数が使用された。

実戦[編集]

湾岸戦争時に破壊されたイラク空軍のTu-22

Tu-22の実戦への投入として知られるのはソ連のアフガニスタン侵攻であるが、このときにはTu-22の本来の目的とはことなる対ゲリラ戦に使用されたため、思うような働きを見せることはできなかった。電子戦機型のTu-22PDも投入され、Tu-22Mの爆撃任務を支援した。

そのほか、第四次中東戦争でもエジプトリビアの機体が使用された。また、リビアの機体は1980年代に隣国チャドとの紛争にも投入されたほか、遥かスーダン本国領土への爆撃も行っている。イラクイラン・イラク戦争でTu-22を使用した。任務中に、2 機のTu-22がイランの首都テヘランを守る地対空ミサイルイラン空軍F-14A戦闘機によってそれぞれ撃墜されている。

派生型[編集]

105(105ストー・ピャーチ)
最初の試作機。
105A(105Аストー・ピャーチ・アー)
改良型試作機。
Tu-22(Ту-22トゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー)
最初の量産型。
Tu-22B(Ту-22Бトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・ベー)
最初の派生型。自由落下型爆弾のみの運用であった。15 機のみが生産され、専ら訓練や試験目的で使用された。
Tu-22P/PD(Ту-22П/ПДトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・ペー/ペー・デー)
電子戦機。
Tu-22R/RD(Ту-22Р/РДトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・エール/エール・デー)
偵察爆撃機。
Tu-22RK/RDK(Ту-22РК/РДКトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・エール・カー/エール・デー・カー)
電子情報収集活動(ELINT)を行う電子情報収集機(ELINT機)。
Ту-22РМ(Ту-22РМトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・エール・エーム)
偵察爆撃機。
Tu-22RDM(Ту-22РДМトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・エール・デー・エーム)
Tu-22RDKの発展型で、1980年に初飛行した。
Tu-22K/KD(Ту-22К/КДトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・カー/カー・デー)
1965年より製造されたミサイル爆撃機型。対レーダーミサイルKh-22ラードゥガPを運用するKSR(КСР)およびKSR-2(КСР-2)システムを搭載した。
Tu-22KP/KPD(Ту-22КП/КПДトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・カー・ペー/カー・ペー・デー)
Tu-22K/KDに準じたTu-22PDの発展型で、1968年に初飛行した。
Tu-22U/UD(Ту-22У/УДトゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー・ウー/ウー・デー)
教育訓練機型。

※なお、各機種名称の語尾につく「D」はロシア語で「長距離の」を意味する「Дальний」の略で、空中給油装置を機首上面に設置した航続距離延伸型の機体であることを意味している。

スペック[編集]

Tupolev Tu-22 BLINDER.png

Tu-22[編集]

  • 初飛行:1959年
  • 翼幅:23.6 m
  • 全長:41.6 m
  • 全高:10.0 m
  • 翼面積:162.0 m²
  • 空虚重量:50000 kg
  • 通常離陸重量:85000 kg
  • 最大離陸重量:94000 kg
  • 発動機:RD-7M(РД-7М) ターボジェットエンジン ×2
  • 出力:16000 kg/s
  • 最高速度:1640 km/h
  • 航続距離:5500 km
  • 戦闘行動半径:1300~2200 m
  • 実用飛行上限高度:13500 m
  • 乗員:3 名
  • 武装:23 mm機関砲NR-23(НР-23) ×1(尾部)
    • 機内爆弾積載量:13000 kg(250 - 9000 kgの爆弾を搭載可能)
    • FAB-500(ФАБ-500) ×24、またはFAB-9000(ФАБ-9000)、あるいはいくらかの特殊弾頭

Tu-22K[編集]

  • 初飛行:1961年
  • 翼幅:23.60 m
  • 全長:41.60 m
  • 全高:10.67 m
  • 翼面積:162.0 m²
  • 空虚重量:50000 kg
  • 通常離陸重量:85000 kg
  • 最大離陸重量:92000 kg
  • 発動機:RD-8M(РД-8М) ターボジェットエンジン ×2
  • 出力:16000 kg/s
  • 最高速度:1640 km/h
  • 巡航速度:980 km/h
  • 航続距離:5500 km
  • 戦闘行動半径:1300~2200 km
  • 実用飛行上限高度:13500 m
  • 乗員:3 名
  • 武装:23 mm機関砲NR-23(НР-23) ×1(尾部)
    • 機内爆弾積載量:13000 kg(250 - 9000 kgの爆弾を搭載可能)
    • FAB-500(ФАБ-500) ×24、またはFAB-9000(ФАБ-9000)、あるいはいくらかの特殊弾頭、Kh-22ラードゥガ(Х-22 "Радуга")空対地ミサイル ×1

運用国[編集]

Tu-22の運用国
ソビエト連邦の旗 ソ連
空軍
ソ連海軍航空隊
ロシアの旗 ロシア
空軍
海軍航空隊
ウクライナの旗 ウクライナ
空軍
海軍航空隊
イラクの旗 イラク
リビアの旗 リビア

脚注[編集]

  1. ^ a b c 藤田勝啓 「Tu-22“BLINDER”の開発と各型」『世界の傑作機 No.113 Tu-22/22M “ブラインダー”“バックファイア”』 湯沢豊、文林堂、2006年、27頁。ISBN 978-4893191311
  2. ^ 鳥養鶴雄 「超音速爆撃機Tu-22とTu-22Mの形態に関する考察」『世界の傑作機 No.113 Tu-22/22M “ブラインダー”“バックファイア”』 湯沢豊、文林堂、2006年、50頁。ISBN 978-4893191311

関連項目[編集]

戦後ソ連の主要中型・大型爆撃機

外部リンク[編集]