Tu-154 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツポレフ154
Ту-154 (Tu-154)

Tu-154(ツポレフ154;ロシア語:Ту-154 トゥー・ストー・ピヂスャート・チトィーリェ)は、ソ連で開発され、現在もロシアで生産されている3発ジェット旅客機である。

北大西洋条約機構 (NATO) の命名したNATOコードネームでは「ケアレス(careless:不注意な、軽率な、の意)」と呼ばれた。

概要[編集]

Tu-154はツポレフ設計局が世界市場への進出を目指して開発した、Tu-134双発旅客機の拡大発展型である。同機で採られたジェットエンジン2基を機体後部両側に備えるという方法を踏襲し、垂直尾翼基部に3基目のエンジンを追加した、尾部集中装備方式の機体である。この方式はボーイング727ホーカー・シドレー トライデント等各国の旅客機が採っており、非常にスマートなデザインとして一時期大変好まれた旅客機のスタイルとなっていた。Tu-154M型になってからは、第3エンジンの空気取り入れ口が縦長の楕円形とされ、この機体の特色となっている。

既に初飛行から40年以上が経過しているが、同時期に初飛行が行われたアメリカ合衆国ボーイング737のように、エンジンやアビオニクスなどを改良した最新型が相次いで投入され、エンジンを新型に換装し騒音対策を施し、さらにアビオニクスを近代化させたTu-154Mシリーズが旧東側諸国を中心に運用され続けているほか、現在も生産されている(1990年代に入り後継機のTu-204の生産が開始されたこともあり、1998年以降は少量の生産に留まっている)。また、堅実な設計から現在もこれをフラグシップとする航空会社も多い。

主翼下にエンジンを懸垂しないスタイルから、駐機状態での胴体部の高さが低く、運用にあたって特別な地上設備を多く必要としない[1]という特色があるために、設備の整わない空港での運用が容易で、そのためもあってかかつての共産圏の航空会社などで現在も多数が使用されている。

日本にも騒音対策を施したTu-154Mシリーズが多数飛来しており、日本へはウラジオストク航空ウラジオストクハバロフスクから新潟へ路線を就航させている。騒音対策がなされていないTu-154B-2もかつては多数飛来していたが、現在は日本の騒音規制の法律上の問題から、政府専用機など許可を得た特別機以外飛来することはできなくなっている。

また、石油系燃料に代わる代替燃料を動力とすることを目的に開発し、1機のみ生産された試験機のTu-155は、現在ロシアで開発中の宇宙旅客機の母機としても使用されている。

派生型[編集]

Tu-154[編集]

1966年に発表され、1968年10月4日に初飛行した機体でエンジンはNK-8-2(9,497kg)。 アエロフロート1971年5月に貨物輸送機としての運航を開始し、翌1972年2月9日に旅客輸送を開始した。

Tu-154A[編集]

1973年に発表され、1974年4月からアエロフロートで使用開始し、翌年から運用開始された。 エンジンはNK-8-2U(10,496kg)、燃料搭載量は39,750kg、電子機器として自動着陸装置を搭載しカテゴリーIIまでは対応している。

Tu-154B[編集]

Tu-154Aの装備を近代化し、最大離陸重量を98,000kgに増加させ、客室を延長し、座席数を増加させた機体。

Tu-154B-2[編集]

Tu-154Bにアメリカ製自動操縦装置を装備した機体。

Tu-154M[編集]

エンジンをD-30KU-154-II(10,614kg)に変更、燃費を向上させることにより航続距離を延長、前縁スラットを小型化し、スポイラー面積を拡大、APUの位置変更、エンジンの空気取り入れ口の開口部の拡大、慣性航法装置(INS)3基の標準装備、等の近代型改修を行った機体。1984年から生産が開始され、その後1990年代に入り、アビオニクスを中心に更に近代化を施された改良型のM-LuxM-100が投入された。

Tu-154Mシリーズは、比較的機齢が新しい上に、EU諸国で適用されている騒音規制である「ステージ3」や「ステージ4」などの騒音規制もクリアしている為、旧型の機体の更新の進んでいないかつての東側諸国の航空会社などで現在も多数使用されている。

Tu-155 / Tu-156[編集]

Tu-155およびTu-156を参照のこと。

スペック[編集]

  • 初飛行: 1968年10月4日
  • 全長: 47.90 m
  • 翼巾: 37.55 m
  • 全高: 11.40 m
  • 運航乗務員数: 3-4名

Tu-154[編集]

Tu-154M[編集]

  • エンジン: ソロヴィヨーフ設計局D-30KU-154-II ターボファンエンジン×3
  • 推力: 103.6 kN (23,380lb)
  • 座席数: 180
  • 最大離陸重量: 100,000 kg
  • 巡航速度: 950 km/h (513kt)
  • 航続距離: 6600 km (3563nm)

主な運航者[編集]

民間航空会社[編集]

他。

軍用[編集]

ポーランド空軍のTu-154M

など。

事故[編集]

1994年以降、判明しているだけで16機が事故・誤射・テロによる墜落を起こし、1720人が死亡している[2]

Tu-154による航空事故のカテゴリも参照

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エンジンを翼下に懸垂する形式の機体はどうしても胴体部の地上高が高くなるため、乗降口が高い位置に来る分大型のタラップボーディング・ブリッジといった設備が必要になる。また、エンジンの地上とのクリアランス(隙間)を確保しなくても良い分、脚を短く出来るため、機体の重量/強度的にも優れる。ただし、その分エンジンの整備に特別の足場を必要とするというデメリットが生ずる
  2. ^ Recent Tupolev-154 crashes(2010年4月13日時点のアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]