TB-3 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TB-3

ツポレフ TB-3(ANT-6) は、ソビエト連邦ツポレフが1930年代に開発した4発重爆撃機第二次世界大戦が勃発した時に、任務に就いていた最も古い軍用機のひとつであった。

概要[編集]

当時、すでに他の巨人機の設計で有名になっていたアンドレイ・ツポレフが、効果的な重爆撃機として1920年代後半に設計し、試作機は1930年12月22日に初飛行した。1930年代初期に就役していた4発重爆撃機としては最も進んだ機体であったが、1931年に任務に就く前は問題が相ついで発生した。

波形アルミニウムの応力外板を持つ全金属性の単葉機で、原型機は4基の715hp M-17 エンジンを装着していた。1937年までに色々な改良が施され、当時生産中のいかなる爆撃機よりも搭載量が多かった。ノモンハン事変で初めて実戦に投入され、長年に渡ってソ連空軍の爆撃機戦力を支えたが、第二次世界大戦勃発時には時代遅れとなっており、輸送任務に転用され、落下傘部隊の輸送を得意とした。また、寄生戦闘機の研究にも使用され、1941年には黒海艦隊所属のTB-3が急降下爆撃機に改造したI-16 2機を発進させる母機となり、ウクライナルーマニアへの精密爆撃を実施している。

TB-3は818機が生産され、1944年まで任務にとどまっていた。

スペック (1933年型)[編集]

三面図
  • 全幅:39.5 m
  • 全長:24.4 m
  • 全高:8.47 m
  • 最大離陸重量:17,200kg
  • エンジン:M-17F (B.M.W)液冷12気筒V型 715hpx4
  • 最大速度:197 km/h
  • 実用上昇限度:3,800 m
  • 航続距離:1,350km
  • 武装:機関銃x4, 爆弾2,000kg
  • 乗員:8名


参考文献[編集]

関連項目[編集]