MiG-3 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg MiG-3 / МиГ-3

MiG-3戦闘機

MiG-3戦闘機

MiG-3(ミグ3;ロシア語МиГ-3ミーグ・トリー)は、ソ連ミコヤン・グレヴィッチ設計局が開発したレシプロ戦闘機(後に戦術偵察機)。

MiG-1を原型として、高々度用に過給器を付けた液冷エンジンミクリンAM-35Aに換装した高々度戦闘用の高速戦闘機である。

最大速度640km、実用上昇限度は12000m。

MiG-1からの改修点として、エンジンの変更に伴い補助燃料タンクを増設していること、キャノピー形状を変更して操縦席からの後方視界を向上させたこと、主翼の上反角を増やして機体安定性を向上させたこと、などがあげられる。

3000機(3300機という説もある)が生産されたが、上記エンジンの生産中止に伴い、生産を終了した。

諸元(MiG-3)[編集]

出典: MiG: Fifty Years of Secret Aircraft Design[1]

諸元

  • 乗員: 1名
  • 全長: 8.25 m (27 ft 1 in)
  • 全高: 3.30 m (10 ft 9 7/8 in)
  • 翼幅: 10.20 m(33 ft 5 in)
  • 翼面積: 17.44 m2 (188 ft2
  • 翼型: クラーク YH
  • 空虚重量: 2699 kg (5965 lb)
  • 運用時重量: 3355 kg (7415 lb)
  • 動力: ミクーリン AM-35A 液冷V12気筒 レシプロ、993 kW (1350 hp) × 1

性能

  • 最大速度: 640 km/h (398 mph, 346 kt) 高度 7800 m
  • 航続距離: 820 km (510 mi, 443海里)
  • 実用上昇限度: 12,000 m (39,400 ft)
  • 上昇率: 8000 m まで12分 (26,250 ft まで12分)
  • 翼面荷重: 155 kg/m2 (39.3 lb/ft2
  • 馬力荷重(プロペラ): 0.30 kW/kg (0.40 hp/kg, 0.18 hp/lb)

武装

お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

参考文献[編集]

  1. ^ Belyakov, R.A. and Marmain, J. (1994). MiG: Fifty Years of Aircraft Design. Shewsbury, UK: Airlife. pp. p.31.