MiG-19 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of the Soviet Union (1955-1980).svg MiG-19 / МиГ-19

ハンガリー空軍のMiG-19PM

ハンガリー空軍のMiG-19PM

MiG-19(ミグ19;ロシア語:МиГ-19ミーグ・ヂヴィナーッツァチ)は、ソ連初、世界では二番目の超音速戦闘機である。MiG-19はミグ設計局によって防空軍向けの迎撃戦闘機として開発されたが、より高い性能を持つSu-9などが実戦配備に就くと、前線戦闘機(制空戦闘機)として空軍にも配備された。その他、各国へ多数が輸出された。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームファーマー (Farmer)。

概要[編集]

開発[編集]

MiG-19の最初の試作機であるSM-9/1(СМ-9/1)は1954年1月5日に初飛行を果たした。SM-9には当初よりMiG-19という量産用の名称が使われていた。この機体は推力3250kgのAM-9Bジェットエンジン2基を搭載しており、最高速度は1452 km/hを発揮した。武装は23 mm機関砲NR-23(НР-23)3門、250 kgまでの爆弾も2発搭載可能であった。

インドネシアで使用されたMiG-19S

1955年に初飛行したSM-9/3(СМ-9/3)は、機体の安定性を改善し、武装も機関砲を30 mmのNR-30(НР-30) 3門に変更するなどした改良型で、MiG-19S(МиГ-19С)としてMiG-19シリーズの主生産型となった。中華人民共和国では殲撃六型(殲-6、J-6、F-6)として大量に生産・配備・輸出された。また、MiG-19SV(МиГ-19СВ)とMiG-19SU(МиГ-19СУ)はともに高高度戦闘機として開発された。

1955年に初飛行したSM-2(СМ-2)は、Il-2Il-10にかわる打撃戦闘機として開発された。量産には結びつかなかったが、中華人民共和国ではこれによく似た形式の発展型を生産しており、パキスタンなどで使用されていた。また、特殊な戦闘爆撃機型としては、SM-9/9(СМ-9/9)が小型の核爆弾を搭載する機体として開発された。

MiG-19PMのレーダーとミサイル

K-6(К-6)空対空ミサイルを搭載する迎撃戦闘機として既存の機体から改修されたSM-2/I(СМ-2/И)は30 mm機関砲NR-30 3門を保持していたが、全天候能力に欠けていた。MiG-19Pの原型となったSM-6(СМ-6)はアルマース3(Алмаз-3)捜索・指示装置を装備し、また主翼下には試験用の写真機Ye-13-300(Е-13-300)とAKS-2(АКС-2)を搭載していた。武装は23 mm機関砲NR-23 3門とK-6 2発であった。初飛行は1957年に行われ、翌年まで試験が続けられた。

1955年に初飛行を行ったSM-10(СМ-10)は、空中給油装置を装備する戦闘機として開発され、Tu-16M-4Il-28MiG-15などとともに試験を行っていたが、結局ソ連では戦闘機に空中給油能力を持たせることは決定されなかった。なお、SM-10の諸性能は武装を含めSM-9と同等であったとされている。

1956年に初飛行を行ったSM-30(СМ-30)は、ロケットのように発射台から発射される短距離離陸(ゼロ距離発進)の試験機として開発された。こうした試みは当時各国で行われており、アメリカ合衆国ではF-86F-100F-104で行われていたものが有名である。これらはいずれも量産には移されなかったが、小型の補助ロケットエンジンによる離陸距離の短縮(JATO)はMiG-21Su-7で実用化されている。

行動[編集]

ウクライナドネツィクで展示される旧ソ連軍のMiG-19PM

初めて実戦活動を行ったのはトルクメニスタンにあったソ連防空軍第9護衛戦闘飛行連隊の機体で、1957年アンディジャン飛行場を飛び立った機体がアメリカ合衆国U-2偵察機を迎撃した。1960年5月1日にU-2がS-75地対空ミサイルによって撃墜された際もMiG-19は迎撃を行っていたが、MiG-19によるU-2迎撃はすべて失敗に終わっている。しかし、1963年には、バレンツ海でアメリカのRB-47偵察機を機関砲で撃墜している。

その後、MiG-19はヴェトナム戦争で北ヴェトナム空軍機として使用されている。また、この戦争の間には中華人民共和国の殲-6が領空侵犯した米軍の飛行機を撃墜している。

ソ連空軍のMiG-19はプラハの春の際にはワルシャワ条約機構軍機としてチェコスロヴァキアの上空を飛び回った。

殲撃六型

印パ戦争では中国製のF-6がF-86F及びセイバーMk.6などの後継機としてパキスタン空軍で用いられた。同空軍ではF-6は今世紀初頭まで長らく運用が続けられており、アメリカのアフガニスタン侵攻初期にはまだ実戦に参加していたが、同戦争中にF-7PGに代替されて退役した。

MiG-19が使用された戦闘でもっともよく知られているのは中東戦争であり、MiG-19SやF-6がイスラエル軍のミラージュIIICなどと空中戦を度々行った。

また、2003年には、1 機の朝鮮民主主義人民共和国朝鮮人民軍のF-6が38度線付近において挑発行動をとったとして大韓民国空軍のF-5E戦闘機2機が迎撃した事件があり、その映像は日本のテレビでも放映された。

評価[編集]

MiG-19は世界初の超音速戦闘機であるアメリカ合衆国F-100にわずかに遅れて1954年1月5日に初飛行を果たした。両者を比較すると、MiG-19は空中格闘戦力では遙かに優れ、その長所により非常に多くの機数が生産・配備されたが、小さい兵装搭載力、短い航続力などの欠点があった。両者は音速を超える戦闘機という共通の目標をもって開発されたものの、低機動性・安定性と大きな兵器搭載量を生かした戦闘爆撃機に発展したF-100と、高機動力と少ない兵器搭載量から格闘戦闘機として発展したMiG-19とでは、その性格は対照的であった(ただしF-100は本来はF-86戦闘機の後継となる制空戦闘機として開発されたのであり、MiG-19よりも運動性が劣った事と、その後戦闘爆撃機として運用されたのは、当初の開発意図ではない)。もっとも、中国ではMiG-19の発展型として地上攻撃機のQ-5/A-5が開発されていることを考えると、MiG-19も万能機としての能力を発揮する素地はあった。

一方で本機の大きな欠点として、致命的なほどのエンジン寿命の短さと、頻繁に分解整備してオーバーホールをする必要があり、それに伴い運用効率が非常に悪い事が挙げられる。しかしながら整備において要求される技術レベルはさほど高く無いため、途上国においても維持・運用は可能であり、むしろ廉価で使い勝手がよいと評価された。

MiG-19は西側では「MiG-15の二番煎じのMiG-17MiG-21との間のつなぎ」という低い評価が与えられていた。しかし当のソ連では、運動性や推力重量比(ひいては上昇能力)ではMiG-21を上回っていたため、しばらくはMiG-19とMiG-21が平行して生産され、60年代を通して主力戦闘機と位置づけられていた(後にMiG-23が開発された時も、MiG-21を全面更新せず両者を主力戦闘機とし、80年代初頭までMiG-21が第一線機として使われていた)。本機、あるいは中国製のJ-6を導入した途上国においては、さらに長きに渡って使用された。

エジプトのMiG-19Sと交戦したイスラエルの戦闘機パイロットは、MiG-19を「最高の格闘戦闘機」と評している(とはいうものの、戦闘では常にイスラエルのミラージュIIIが勝利しており、この言葉は「勝者の余裕」であるとも受け取れる)。[1]

MiG-19からは各種の試験機体が開発され、その後のソ連機の発展に大きな貢献をした。MiG-19から開発された研究用の機体の種類と数は、MiG-15やMiG-21など他の機体の研究用派生型と比べてはるかに多い。この貢献は、MiG-19の大きな功績である。

主要生産型[編集]

初期型のMiG-19
MiG-19S
チェコスロヴァキア製のS-105
MiG-19PM
MiG-19 (МиГ-19)
少数生産・配備された初期型。のちの派生型に比べて垂直尾翼が小型であるなど多くの相違点がある。緊急に量産化されたため、性能上不満足な点が多かったとされる。武装は、23 mm機関砲NR-23を3門搭載。
MiG-19S(МиГ-19С)
本格的な配備型。数種類に分けられる。武装は、当初は30 mm機関砲NR-30 3門及び57 mmロケット砲のみであったが、のちにR-3(K-13)赤外線誘導ミサイル2発を運用できるよう改修された。その他、武装にはいくつかヴァリエーションがある。また、チェコスロヴァキアのアヴィア社でライセンス生産された機体であるS-105では、垂直尾翼がMiG-19PM同様に大型化されている。後期型は、MiG-19SF(МиГ-19СФ)と呼ばれる。
MiG-19P (МиГ-19П)
イズムルート・レーダー搭載型。武装は、当初は23 mm機関砲2門及び57 mmロケット砲のみであったが、のちにR-3赤外線誘導ミサイル2発を運用できるよう改修され、MiG-19PT(МиГ-19ПТ)と呼ばれた。
MiG-19PM (МиГ-19ПМ)
イズムルート・レーダー搭載型。武装は、K-5(RS-1/RS-2U)コマンド誘導ミサイル4発のみ。MiG-19Pとは垂直尾翼の大きさが異なり、MiG-19PMはたんにMiG-19Pにミサイルを搭載した機体とするのは誤りである。
殲撃六型 (殲-6, J-6, F-6)
中華人民共和国で生産された機体で、複座の殲教六型(JJ-6FT-6)や偵察機型の殲偵六型(JZ-6)など多くの発展型が開発された。輸出も世界各国になされた。なお、殲撃六型はMiG-19Sのコピーと言われ、両者はしばしば混同されているが、実際は搭載エンジンや機器などが異なり、また外見上の識別もさほど困難ではない。すなわち、搭載エンジンの関係で殲撃六型はMiG-19Sとは尾部の空気取り入れ口配置が異なっており、また垂直尾翼の大きさも殲撃六型はMiG-19PMと同等の大型のものであるので、尾部が判別できる限りは両者の識別は容易である。さらに、殲撃六型の後期型では垂直尾翼にドラッグシュート収納部が移設されているので、より一層外見上の識別は容易になっている。また、初期型を除く多くの殲撃六型では機関砲のノズルの形状もMiG-19Sとは異なっている。そのほか重要なこととしては、中華人民共和国はソ連と断絶したアルバニアから複数のMiG-19PMを入手することに成功したことが挙げられる。そこから、中華人民共和国にもようやくレーダー技術が齎されることとなった。量産されたレーダー搭載型としては、殲撃六型甲型(F-6A)、殲撃六型乙型(F-6B)がある。なお、もっとも多数生産されたレーダー非装備型は殲撃六型丙型(F-6C)、ショックコーンを装備し空気取り入れ口を大型化した発展型は殲撃六型新型(J-6Xin)と呼ばれる。
強撃五型(強-5, Q-5, A-5)
中華人民共和国で開発された攻撃機型。数種の発展型がある。中国人民解放軍では、空軍と海軍で運用されている。輸出も、パキスタン、バングラデシュ、朝鮮民主主義人民共和国、ミャンマーなど数ヶ国に対してなされている。

※その他、ポーランドで「Lim-7」としてMiG-19がライセンス生産されたという誤認情報があった。

スペック (MiG-19S)[編集]

MiG-19 3-view drawing.svg
  • 初飛行:1955年
  • 翼幅:9.00 m
  • 全長:12.54 m
  • 全高:3.89 m
  • 翼面積:25.00 m²
  • 空虚重量:5447 kg
  • 最大離陸重量:7560 kg
  • 燃料搭載量:1800 ℓ
  • 発動機:トゥマーンスキイ設計局製 RD-9B ターボジェットエンジン ×2
  • 出力:3250 kg ×2
  • 最高速度:1452 km/h
  • 通常実用航続距離:1390 km
  • 実用航続距離(外部タンク使用):2200 km
  • 上昇力:3333 m/min
  • 実用上昇限度:17500 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:
    • NR-30 30 mm機関砲 ×3(翼砲:弾数70発 ×2、胴体砲:55発 ×1)
    • S-5(С-5) ロケット弾用ORO-57Kポッド ×4(翼下 ×2、燃料タンク搭載位置 ×2を装備。各ポッドには8発ずつのS-5を搭載)
    • 250 kgまでの爆弾を各位置に搭載可能

運用国[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]