エジプト軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エジプト軍
DF-SD-03-04442.jpg
総人員
徴兵制度 徴兵期間:1~3年間
適用年齢:18~49歳
適齢総数:18,347,560人(2005年)
実務総数:15,540,234人(2005年)
財政
予算 25億ドル(2006年)+13億ドル(米国軍事支援)
軍費/GDP 3.1% (2006年)
関連項目
歴史
階級 en:Egyptian military ranks
テンプレートを表示

エジプト軍(エジプトぐん、: جيش مصر‎、: Egyptian Armed Forces)は、エジプト・アラブ共和国軍隊

正規軍はエジプト陸軍、エジプト海軍、エジプト空軍、エジプト防空軍で構成されており、2010年11月見積もりの総兵力は468,500人。予備役479,000人[1]アフリカ大陸における最大の軍隊である。

正規軍以外にも内務省が管轄する中央治安部隊英語版(325,000人)、国境警備隊(12,000人)、国防省が管轄する共和国防衛隊 en:Republican Guard (Egypt)[2][3]、60,000人)などの準軍事組織が存在している。

総司令官は大統領が務めるが、現在は国防・軍需大臣シドゥキー・ソブヒー陸軍大将が兼任、参謀総長は、マフムード・ヒガージー陸軍中将。


概要[編集]

エジプトはアフリカや中東軍事大国のひとつであり、イスラエルにも匹敵する軍事力を備えている。また、アラブ諸国では唯一偵察衛星を保有する国家でもある。北大西洋条約機構の参加国ではないが、強力な戦略的パートナーであり、地中海対話にも参加している。財政面でもアメリカ合衆国の援助に大きく依存するため、アメリカの強い影響下に置かれている

軍の装備はアメリカ、フランスイタリアイギリス、旧ソ連、および中華人民共和国等のもので構成されている。元々装備は旧共産圏製で占められていたが、イスラエルとの和解後はアメリカなど西側諸国製の装備が主流になりつつある。

エジプト陸軍[編集]

湾岸戦争に参加したM60A3戦車とその乗員

エジプト陸軍(Egyptian Army)は34万人の兵力を有するエジプトの陸軍。

近年は、旧共産圏製の旧式化した装備から、アメリカを中心とする西側製の近代的な装備へと更新を進めている。

戦車に関してはM1エイブラムス 1005両、IS-3 300両、M60パットン 1435両、T-62 550両、T-54/T-55 500両、ラムセス2世 260両など4000両近い数を保有している。

エジプト憲兵(en:Military Police)は陸軍に属す。

エジプト軍憲兵

エジプト海軍[編集]

エジプト海軍(Egyptian Navy)は18,500人の兵力を有するエジプトの海軍。

規模はあまり大きくないがアフリカや中東では最大規模の海軍である。地中海紅海の両方に部隊が配備されているが、戦力の大部分は地中海に回されている。

水上戦闘艦の主力はアメリカ製のO・H・ペリー級フリゲート10隻とノックス級フリゲート2隻。

エジプト沿岸警備隊(Coast Guard)は海軍に属す。

エジプト空軍[編集]

空中給油を受けるエジプト空軍のF-16

エジプト空軍(Egyptian Air force)は569機の航空機と149機のヘリコプターおよび3万人の兵力を有するエジプトの空軍。

F-16ファイティング・ファルコン 240機(保有数世界第4位)やミラージュ2000 40機、E-2Cホークアイ 8機など近代的な航空戦力を保有している。旧式化した旧共産圏製のMIG-21J-7は退役しつつある。

また、西側諸国では各種ヘリコプターを陸軍に配備する場合が多いが、エジプト軍ではすべて空軍に配備されている。機種はAH-64 アパッチ 36機、UH-60 ブラックホーク 30機、Mi-8ヒップ 42機、CH-47チヌーク 19機など。

エジプト防空軍[編集]

エジプト防空軍(Egyptian Air Defense Command)は8万人の兵力を有するエジプトの防空を担当する組織。

対空砲地対空ミサイルによる防空およびレーダーによる空中の警戒・監視を任務としており、ソ連防空軍とよく似た性格を持つ。

準軍事組織[編集]

内務省管轄[編集]

国防省管轄[編集]

士官学校[4][編集]

  • ナーセル軍事大学院英語版(Nasser Higher Military Academy, NHMA) 1965年設立。
    • 1. 高等戦争カレッジ(High War College, HWC) 1965年-。
    • 2. 国防カレッジ(National Defense College, NDC) 1966年-。
    • 3. 戦略研究センター(Strategic Studies Center, SSC) 1983年-。

上記の3つの研究科からなる。民間人も入学可能。 - 出身者タンターウィーサーミー・アナーン英語版[5]アフマド・シャフィーク[6]、アッ=シーシー

参考文献[編集]

  • 『世界政治ハンドブック』 有斐閣、1982年、133-4頁。ISBN 4-641-02229-1 - 1978年の兵力の数値と比較すると、治安部隊、国家警備隊が其々10倍に増加している。

脚注[編集]

  1. ^ The Middle East and North Africa 2012 (58th ed.). Routledge. (2011). p. 380. ISBN 978-1-85743-626-6. 
  2. ^ 秋山信一 (2013年7月5日). “エジプト:モルシ氏亡命拒否 政府系紙がクーデター内幕”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20130705k0000e030176000c.html 2013年8月12日閲覧。 
  3. ^ “Egypt army deployed amid Cairo tension”. BBC News. (2013年7月3日). http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-23157801 
  4. ^ Academies”. Egyptian Armed Forces. エジプト軍. 2012年6月17日閲覧。
  5. ^ Commanders”. Egyptian Armed Forces. エジプト軍. 2012年6月17日閲覧。
  6. ^ Branches”. Egyptian Armed Forces. エジプト軍. 2012年6月17日閲覧。
  7. ^ Military Technical College”. 軍事技術カレッジ. 2012年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]