CH-47 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CH-47 チヌーク

アメリカ陸軍のCH-47

アメリカ陸軍のCH-47

CH-47 チヌーク(CH-47 Chinook)は、アメリカ合衆国ボーイングバートル社(現ボーイングIDS社のロータークラフト部門)で開発されたタンデムローター式の大型輸送ヘリコプターである。

配備開始から半世紀が経過した現在でも生産・運用されており、未だに後継機は登場していない。

愛称の「チヌーク」(Chinook)は、北アメリカネイティブアメリカン部族の「チヌーク族」(チヌック族ともいう)から命名された[出典 1]アメリカ陸軍では航空機の愛称として、他にもカイオワカイオワ族)、アパッチアパッチ族)、シャイアンシャイアン族)、コマンチコマンチ族)、イロコイイロコイ族)といったように、ネイティブアメリカン部族の名前を愛称に付けている。

開発と運用実績[編集]

ベトナムで活動するCH-47(1967年

アメリカ陸軍では、有事の際に空中機動作戦を実施するにあたり、地上からの火力支援のために155mm砲を運搬できる大型ヘリを必要としていた。

バートル1956年に開発を開始し、YHC-1A(後のV-107/CH-46)として提案したが、エンジン出力などが要求を下回ったために採用を見送られた。そこで、エンジン出力を増強して胴体内容積を拡大、さらには最大12.7tの貨物を機体下面の吊下装置で吊下し、移動することも可能としたYCH-47Aを開発、1961年9月21日に原型機が初飛行し、アメリカ陸軍は1962年CH-47Aとして採用した。CH-47AはM198 155mm榴弾砲弾薬に加え、砲の運用に必要な兵員を含めて空輸できる能力を持っていた。

1965年からのベトナム戦争で大量に投入され、機体の優秀さを世界に証明した。さまざまな改良を受け現在でもアメリカ陸軍、イギリス陸軍イラン陸軍革命前に輸出)、オーストラリア陸軍リビア陸軍リビア革命前に発注、革命後に一部の機体が引き渡された)などで使用されている。イギリス空軍ではフォークランド紛争で、アメリカ軍でも湾岸戦争で能力を再び発揮した。特に、イラク領内に侵攻した陸軍第18空挺軍団の活動にはCH-47が欠かせないものであった。

日本国内では阪神・淡路大震災新潟県中越地震東日本大震災などの大規模災害の他にスマトラ島大津波、パキスタン洪水被害の緊急援助で派遣された実績を持つ。

他の回転翼機との比較
MV-22B アメリカ合衆国の旗 UH-1Y アメリカ合衆国の旗 CH-46E アメリカ合衆国の旗 CH-53E アメリカ合衆国の旗 CH-47F アメリカ合衆国の旗
画像 58thoperationsgroup-ospry-2.jpg USMC-111215-M-FW664-293.jpg CH-46 Sea Knight Helicopter.jpg CH-53 Super Stallion.jpg D-892 Grizzly 24 Boeing CH-47F Chinook RNLAF.JPG
全長(回転翼含む) 17.5m 17.78m 25.40m 30.2m 30.1m
全幅(回転翼含む) 25.54m 14.88m 15.24m 24.1m 18.3m
全高 6.73m 4.5m 5.09m 8.46m 5.7m
空虚重量 15,032kg 5,370kg 5,255kg 15,071kg 10,185kg
積載量 9,070kg 1,460kg 2,270kg 13,600kg 10,886kg
最大離陸重量 27,400kg 8,390kg 8,618kg 33,300kg 22,680kg
乗員数 乗員4名
乗客24-32名
乗員2-4名
乗客6-10名
乗員3名
乗客25名
乗員5名
乗客37-55名
乗員3名
乗客33–55名
動力 T406/AE 1107C
×2
T700-GE401C
×2
T58-GE-16
×2
T64-GE-416/416A
×3
T55-GA-714A
×2
出力 6,150hp(4,590kW)
×2
1,828shp(1,360kW)
×2
1,870shp(1,400kW)
×2
4,380shp(3,270kW)
×3
4,733hp(3,529kW)
×2
最大速度 565km/h 304km/h 267km/h 315km/h 315km/h
巡航速度 446km/h 293km/h 241km/h 278km/h 240km/h
航続距離 3,590km 648km 1,110km 1,833km 2,252km

機体各部[編集]

タンデムローター[編集]

CH-47は、前部ローターを左回り、後部ローターを右回りに回転させることで回転トルクを互いに打ち消すタンデムローター機であるため、シングルローター機のようにテイルローターを駆動する分の無駄なエネルギーを消費せず、テールブームも必要としない。

操縦操作は、ヨーペダル、ピッチ/ロールコントロールスティックスラスト・コントロールで行い、2つのローターを備えることで、通常のシングルローター機よりも細かな動きが可能になっている。直径は共に18.29mでが前後に11.94m離れているだけなので、ギアによって3翔の翼の回転位置を同調させることで干渉を防いでいる。

タンデムローター機の特性上、ピッチ方向への安定性に欠けるため、AFCS(Advanced Flight Control System)を搭載し、非常に高い安定性を得ている。AFCSは2重化されており、1系統が故障した場合でも問題なく飛行できるようになっている。

21世紀以降はローターのブレード数を増やすことで効率向上と低騒音化が試みられているが、ブレード間の隙間にもう一基のローターのブレードが入り込む同期を行っているタンデムローター機ではそのようなことはほとんど行えない[出典 1]

2009年に、アフガニスタン従軍記者をしていたベレット・マイケル・ヨンが、ローターの回転する形に発光しているCH-47の写真を撮影した。この現象は、砂漠など砂が多い状況で、チタンニッケルでできたローターが回転することで、粒子衝突帯電が連続で発生し、ヘリ本体に蓄積した衝突帯電電荷が、ローターの先端でコロナ放電を引き起こすために起きる[1]。正式な名称は付いていないが、ベレット・マイケル・ヨンはこの現象を、戦争で命を落とした二人の兵士の名前を取って、コップ・エッチェルズ現象(Kopp-Etchells Effect)と呼んでいる[2]セントエルモの火)。

駆動系[編集]

テクストロン・ライカミング社(現ハネウェル社)製のT55ターボシャフトエンジン2基が、後部ローター用パイロンの左右に突き出されて取り付けられ、回転出力はパイロン内の結合トランスミッションでまとめられて駆動シャフトを経由して前後2つのローターを駆動する。このエンジンは、基本となるCH-47Aから最新のCH-47Fまでの5世代で、2,200-4,868軸馬力まで少しずつ出力が増した合計7種の異なるエンジンを搭載している。

CH-47Dではトランスミッション系とローターも増加した馬力に合わせて強化が図られた[3]

エンジン
  • CH-47A
    • T55-L-5(2,200軸馬力)
    • T55-L-7(2,650軸馬力)
  • CH-47B
    • T55-L-7C(2,850軸馬力)
  • CH-47C
    • T55-L-11(3,750軸馬力)
  • CH-47D
    • T55-L-712(3,750軸馬力)[4]
    • T55-L-714(4,085軸馬力)(MH-47Eも使用)
  • CH-47F
    • T55-GA-714A(4,868軸馬力)(MH-47Gも使用)[出典 1]

アビオニクス[編集]

CNI[編集]

CNI(Communication、Navigation、Identification)に関するアビオニクスは以下のものが搭載された。

無線機
CH-47Dへ改修されたアビオニクスの内、無線機については3種がある。VHF/AM/FM無線機はARC-186またはARC-201。HF無線機はARC-199またはARC-220。UHF無線機はARC-164。
航法装置
航法装置はASN-149(V)GPS受信機、ASN-128ドップラー/PGSセット、ARN-89B ADF(自動方位探知)セット、APN-209電波高度計、ARN-123 VOR/ILS(VHF全方向レンジ無線標識/計器着陸装置)受信機、ASN-43 ジャイロ磁気コンパス
識別
敵味方識別トランスポンダーはAPX-100[出典 1]

ASE[編集]

ASE(Aircraft Survivability Equipment)に関するアビオニクスは以下のものが搭載された。

レーダー探知
APR-39A(V) レーダー信号探知システムは、対空兵器が放つパルス・レーダー波を探知して表示・警告音声を発する。
ミサイル警報
ALQ-159パルス・ドップラー・ミサイル警報装置は、敵ミサイルの接近を探知すると連動するM130ディスペンサーに指令してフレアを放出させる。別名ALE-40とも呼ばれるM130は機体各部に4基備わる[5]
オランダ空軍のCH-47F(NL)はCHASE(チヌーク航空機生存性機器)ポッド内にAAQ-24 DIRCM(指向赤外線対抗システム)を搭載して、接近するミサイルにレーザービームを照射して誘導装置を破壊する。アビオニクス類は操縦席後ろの左側にある電子機器ラックにモジュール化されて収められている[出典 1]

派生型[編集]

CH-47A[編集]

CH-47A(HC-1B)

CH-47Aは、最初に生産され、シリーズの基本となった型である。1962年の就役時にはHC-1Bと命名されていたが、9月の命名法の改正によってCH-47Aに改められた。

1959年-1966年にかけて合計355機が生産された。

CH-47B[編集]

CH-47B

CH-47Bは、エンジンを強化し、ローター径を伸ばし、胴体を改良した改良型である。

1966年の発注分からCH-47Aに代わってCH-47Bへ切り替えられ、1967年までに108機が生産された。

CH-47C[編集]

CH-47C型は、エンジン強化型である。後期型からカーゴフックが3点式になった。1967年-1979年まで270機生産された。

イタリアのエリコッテリ・メリディオナーリ社が95機をライセンス生産し、イタリア陸軍をはじめ、イランエジプトリビアモロッコに輸出された。カナダ陸軍向けのCH-147やイギリス陸軍向けのHC1チヌークもCH-47C型を基本としたものである。オーストラリアスペインもCH-47Cを導入した。

CH-47D[編集]

CH-47D

CH-47Dは、A-C型までの既存の旧型機に大幅な改造を施した型である。外板と内張りを剥がしてフレームやビーム、バルクヘッドなどを総点検して腐食や亀裂箇所は交換され、エンジンアビオニクスも一新された。

3機が新造された他は既存機444機を改造したので、CH-47D型は合計447機となった。既存機のCH-47D型への改造数は米国内での分でCH-47Aからが165機、CH-47Bからが76機、CH-47Cからが185機であり、オーストラリア空軍のCH-47Cでも7機、エリコッテリ・メリディオナーリ社生産分のCH-47Cで9機であった。

D型からは後部パイロンの前面に大きなトランスミッション・ギア冷却用のインテークが開口しているため、識別点となっている。

1981年-1993年までの12年間に渡り改造を行ったため、アビオニクスについては初期と終期で差異がある。暫定的な特殊作戦ヘリであったMH-47Dにはペンディックス・キング社製のRDR-1300 気象レーダーが搭載されていた。

CH-47F[編集]

CH-47F

CH-47Fは、CH-47チヌークの最新型モデルである。 エンジン出力を強化すると共に燃料効率を改善し、リフト性能を向上させ、低振動効果、整備しやすいように部品点数を減らしたハネウェル社製のT55-GA-714A(4,868軸馬力)ターボシャフトエンジン2基を搭載する。アビオニクスシステムも、大幅なアップグレードをされており、ロックウェル・コリンズ社のグラスコックピットを採用した。キャビンなどの機体も構造的に強化され、また、構造コストの48%を削減するために、機体後部も再設計されている。

アメリカ陸軍ではCH-47FとMH-47Gで合わせて513機を保有する予定で、既存機からの改修で不足する分は新造する予定である。すでに30機ほどが新たに作られている。 搭載兵員数は標準で55名。エンジンはT55-GA-714A。AAR-57 CMWS(共用ミサイル警報システム)が搭載され、APR-39とALQ-156を機能統合したALQ-211 SIRFC(統合無線周波対抗セット)も開発が完了し次第、搭載される予定である。

オランダ空軍カナダ空軍イギリス空軍インド空軍オーストラリア空軍等々がCH-47Fを選定し、採用を決めている。

機体[編集]

機内
後部ランプからファストロープでレンジャー隊員を降下させているMH-47

機体は初期-後期型まで基本的にそれ程の変更は行われていない。キャビン内には、背の低いハンヴィーなら2両、兵員なら標準のトループ・シート33名分とエキストラ・シート11名分、または24台の担架を設置できる。

CH-47D
  • 全長:30.18m
  • 全幅:18.29m
  • 胴体長:15.54m
  • 胴体幅:3.78m
  • 全高:5.68m
  • ホイールベース:6.86m
  • ホイールトラック:3.20m
  • キャビン床面積:21m2
  • キャビン全長:9.30m
  • キャビン幅:2.29m
  • キャビン全高:1.98m
  • キャビン容積:417m3
  • 最大離陸重量:22,680kg
  • 空虚重量:10,184kg
  • 設計全備重量:14,968kg
  • 巡航速度:265km/h
  • 最大速度:315km/h
  • 航続距離:612km
  • ホバー限界:3080m

機外吊り下げも胴体下の3箇所のカーゴフックで、CH-47Dなら合計11,793kgまで吊り下げできる[出典 1]。CH-47Dのカーゴフックの重量制限は中央が11,793kg、前後がそれぞれ7,711kgであり、前後だけで1つの荷物を吊り下げるタンデムロードの場合には11,340kgになる。CH-47AからCH-47Cの前期生産型まではカーゴフックはシングルであり、CH-47Cの後期生産型から3点式に変更された。

他の機種[編集]

CH-47SD
CH-47Dの発展型であり、SDは"SuperD"を意味する。エンジンはT55-GA-714A、燃料タンクが7,828リットルに拡大され、機首に気象レーダーが搭載されている。
2001年台湾に9機輸出され、その後、シンガポールにも5機が輸出された。
CH-47J
D型の日本向け仕様。陸上自衛隊航空自衛隊が保有。
CH-47JA
陸上自衛隊のJ型の燃料タンクを拡大し航続距離を伸ばしたタイプ。CH-47SD相当。
CH-47J(LR)
CH-47JAの航空自衛隊仕様。細部を除き、JA型と同様である。日本国内で改造。LRは"Long Range"の略。
CH-147
C型のカナダ空軍仕様
ACH-47A
ベトナム戦争時、4機のCH-47Aに武装装甲を加えてガンシップに改造したもの。「アームド・チヌーク」は、"Guns-A-Go-Go"のニックネームで呼ばれた。
機首下面にM5グレネードランチャー、前脚横左右に増設されたスタブウイングにM24A1 20mm機関砲かXM159ロケットランチャーを備え、左右の窓にはM60D機関銃M2重機関銃が付けられ、後端開口部のローディング・ランプにもM60DやM2が搭載可能になっており、機体各部に装甲板が張られた。ACH-47Aは、ガンシップとしては良好であったが、AH-1G攻撃ヘリコプターの登場により本来の輸送機任務が求められた。また、スタブウイングの20mm機関砲が外れ、ローターブレードを撃ち抜いた事による墜落事故が起きたため運用は中止され、残存機はCH-47Aに戻された。
MH-47D
CH-47シリーズでは最初の特殊作戦ヘリコプターで、CH-47Aから12機が改造され1980年代後半から実戦運用された。特殊作戦チームの潜入・撤収用であるため自衛用武器として前部にM134ミニガンとローディング・ランプにM60Dという組み合わせが一般的だった。AAQ-16 FLIR空中給油プローブ、救難ホイスト、デジタル・コックピットが装備された。
MH-47E
1990年代に24機がCH-47Cより改造されD型相当の特殊作戦用となった機体。
機首の気象レーダーに加え、機首左にAPQ-147マッピング/地形追従レーダーが備わっている。エンジンはT55-L-714、燃料タンクも拡張された。ASEには、AAR-47ミサイル警報装置、AVR-2レーザー警報装置、ALQ-162CW連続波ジャマーを装備。
MH-47G
MH-47G
MH-47Eに改造を施してCH-47F相当の特殊作戦用となった機体。
エンジンはT55-GA-714Aに換装され、EGIと呼ばれる組込式GPS/INS装置、AHRF(航空機方位参照システム)が搭載された。EAPS(エンジン・エア・セパレーター)が円錐形から円筒形に変更された。2006年から運用が始まっている。


HH-47
アメリカ空軍が古くなったHH-60G ペイブホークの代替として、2006年に新たな戦闘捜索救難用ヘリコプターとして選定したMH-47Gに相当する機種である。
アメリカ空軍では試験機4機の他に141機を新造する予定であるが、選定に敗れたシコルスキー・エアクラフト社とロッキード・マーティン社が米アメリカ会計検査院(GAO)に異議申し立てを行い、選定のやり直しが決まっている[出典 1]
モデル234
「コマーシャル・チヌーク」と呼ばれる民間型。旅客型やクレーン・ヘリコプター用として少数が生産され、北海油田への物資輸送などに使用された。


採用国[編集]

アルゼンチンの旗 アルゼンチン
オーストラリアの旗 オーストラリア
カナダの旗 カナダ
エジプトの旗 エジプト
ギリシャの旗 ギリシャ
イランの旗 イラン
イタリアの旗 イタリア
リビアの旗 リビア
モロッコの旗 モロッコ
オランダの旗 オランダ
中華民国の旗 中華民国台湾
シンガポールの旗 シンガポール
韓国の旗 韓国
スペインの旗 スペイン
タイ王国の旗 タイ
トルコの旗 トルコ
イギリスの旗 イギリス
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ベトナムの旗 ベトナム
採用国


日本[編集]

KV-107IIが長く現役だったため、CH-47の導入は諸外国より遅く1986年(昭和61年)からで、CH-47Dの日本向けCH-47J川崎重工業ライセンス生産し、陸上自衛隊航空自衛隊輸送機として採用した。隊員たちにはCCHといった通称で呼ばれている。

陸上自衛隊
CH-47J
CH-47JA
車両輸送中のCH-47J
陸上自衛隊ではCH-47Jを1995年(平成7年)までに34機(JG-52901-JG-52934)導入。D型の日本向け改修機であり、自衛隊に対応した無線機器などの搭載改修を行っている。エンジンは川崎重工がライセンス生産したT55-K-712を搭載しており、連続最大出力は3,149馬力となっている。また、片発停止時の緊急出力は約4,600馬力まで出力が向上している。
平成7年の35号機(JG-52951)からは川崎の改良型であるCH-47JAを調達。大型燃料バルジを搭載して航続距離を1,037kmに伸ばし、GPSとIGI(慣性航法装置)、機首に気象レーダーFLIRをもち、NVG対応型のコックピットになっていることから、夜間での作戦能力が向上している。
これらは第12旅団第15旅団第1ヘリコプター団西部方面ヘリコプター隊などに配備されている。J型の初期に導入された機体から退役が始まっているが、継続してJA型の調達をしており、最終的に全機JA型となる予定である。
また、近年の海外派遣任務の増加に伴い、JA型にEAPS防塵フィルター、自機防御装置(チャフフレアディスペンサーおよびミサイル警報装置)、京セラとイスラエルメーカープラサン共同開発の特殊防弾板、衛星電話などを追加したタイプの機体が登場している。これらの機体は後部ランプドア、および前方のキャビンドアと非常脱出ドアに12.7mm重機関銃M2、または5.56mm機関銃MINIMIを搭載することが可能となっている。
今後はFADEC搭載型の強化エンジンであるT55-K-712Aエンジンの搭載が予定されている。
2014年3月末時点の陸上自衛隊のJ型とJA型の保有数は58機[6]
搭乗人員数は3名(操縦士2名、機上整備員1名)+55名[7]


航空自衛隊のCH-47J
陸自機と迷彩模様が違う
航空自衛隊
航空自衛隊ではCH-47Jが長期間にわたって少数ずつ20機以上調達された。航空救難団ヘリコプター空輸隊(三沢入間春日那覇)に配備され、平時には主にレーダーサイトへの物資補給に使われ、非常時には救難ヘリとして要救助者の救助や被災地への物資輸送の要となる。
陸上自衛隊機と異なる装備として、後脚部の姿勢制御装置と救助用のホイストが挙げられる。後脚の姿勢制御装置はパレット化した貨物の積み下ろしの際に後脚の高さを調節することにより、ロードマスターの負担を軽減するものになっている。
後期型は胴体脇の燃料タンクが大型化され、航法能力が強化されたJA型に準じた機体とっており、CH-47J(LR)となっている。陸上自衛隊と同じく初期に導入された機体から退役が始まっている。
2014年3月末時点での保有数は15機[6]
航続距離は約7トンの貨物を搭載し燃料満載状態で約750km[8]
搭乗人員数は陸上自衛隊の機体と同じ[8]
配備駐屯地 陸上自衛隊
配備基地 航空自衛隊

危険範囲[編集]

本機のローターは斜めに前方に傾いて配置されており、操縦桿が最も下げ舵の場合、地上から130cmほどの高さまで下がる。従って、機首より前方は危険範囲となっており、接近すると死傷するおそれがある。

本機は、その輸送能力の高さから災害派遣に使われることの多い機種であり、災害時には民間人が搭乗する事例も多い。被災者・消防関係者・医療従事者などが本機に接近または搭乗する際には乗組員や地上誘導員の指示に従い、決して機首前方の危険範囲に接近してはならない。

性能・主要諸元[編集]

BOEING VERTOL CH-47 CHINOOK.png
  • 乗員:2名(操縦士副操縦士
  • 就役:1963年
  • 全長:30.1m(胴体長15.54m)
  • 胴体幅:3.87m
  • 全高:5.7m(18ft 8in)
  • 主回転翼直径:18.3m(60ft 0in)
  • 空虚重量:10.185t(22,450lb)
  • 最大全備重量:12.1t(26,680lb)
  • 最大離陸重量:22.68t(50,000lb)
  • 積載能力:兵員30名、または担架24台と衛生兵2名。
  • 貨物室:900x230x200cm
  • 発動機:ライカミング T55-L-714 ターボシャフトエンジン×2
  • 出力:3,750hp(2,800kW)×2
  • 超過禁止速度:295km/h(183mph)
  • 巡航速度:260-270km/h(165mph)
  • フェリー航続距離:2,060km(1,280miles)
  • 航続距離:400nmi(450mi,741km)
  • 戦闘行動半径:200nmi(370.4km)
  • 上昇限度:2,670m(8,760ft)
  • 上昇率:605m/min(1,980ft/min)

登場作品[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【LINK】Kopp-Etchells Effect
  2. ^ 火の粉を散らす米軍ヘリコプターの不思議な現象…アフガニスタン
  3. ^ 直径18.29m、コード長(弦長)81cmのグラスファイバー製ローターは前半部がグラスファイバー製桁材、後半部がノーメックス・ハニカム芯材で保たれ、23mm機銃弾の直撃でも基地へ帰投可能な強度を備えるとされている。また、電気系統と油圧系統も共に多重化されて生存性を高めている
  4. ^ 例えばT55-L-712は、片側エンジンが停止した場合には、30分間、通常の3,750軸馬力の123%のトルクである4,500軸馬力の緊急出力運転が可能になっている
  5. ^ MH-47E/Gではフレアだけでなくチャフデコイも放出可能なALE-47 スマート・ディスペンサーになっている
  6. ^ a b 平成26年度防衛白書 資料14 主要航空機の保有数・性能諸元
  7. ^ 陸上自衛隊ホームページ
  8. ^ a b 航空自衛隊ホームページ

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 石川潤一著 『タンデムローター機H-47チヌーク』、軍事研究2009年5月号、(株)ジャパン・ミリタリー・レビュー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]