シエラレオネの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シエラレオネの軍隊は、王立西アフリカ辺境軍 (RWAFFのシエラレオネ連隊を前身としてシエラレオネ独立後の1961年に編制された。2002年以降3軍が統合されシエラレオネ共和国軍(シエラレオネきょうわこくぐん、Republic of Sierra Leone Armed Forces, RSLAF)の1組織に統合された。総司令官は大統領で、軍人の最高位は防衛参謀長である。2008年9月12日以降の防衛参謀長はアルフレッド・ネルソン=ウィリアムズ准将[1](前任はエドワード・サム・ムボマ (Edward Sam M’boma少将)。

データ[編集]

  • 軍事部門 - 陸軍 (旧RSLA)
  • 軍事力
    有効人数
    15歳~49歳までの男性人口 1,228,664人(2003年)
    兵役に適合する人数
    15歳~49歳までの男性人口 596,617人(2003年)
  • 軍事予算
    アメリカドル換算 1026万ドル(FY02)
    GDPに占める割合 1.5% (FY02)

装備[編集]

歩兵用火器
装甲戦闘車両
航空機

ただし、これらの機体の稼働状態は疑問。

脚註[編集]

  1. ^ Tanu Jalloh, "Sierra Leone: Brig. Nelson-Williams is New Chief of Defence Staff", Concord Times, 15 Sep, 2008.

外部リンク[編集]

出典:CIA World Factbook (2003年版)