アブドルファッターフ・アッ=シーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブドルファッターフ・アッ=シーシー
عبد الفتاح السيسى
Президент Республики Египет Абдельфаттах Сиси.jpeg

任期 2014年6月8日 –

任期 2013年7月16日 – 2014年3月26日
元首 アドリー・マンスール暫定大統領

任期 2012年8月12日 – 2014年3月26日

出生 1954年11月19日(60歳)
エジプト共和国の旗 エジプトカイロ
政党 無所属

アブドルファッターフ・サイード・フセイン・ハリール・アッ=シーシーعبد الفتاح سعيد حسين خليل السيسي‎‎、Abdel Fattah Saeed Hussein Khalil El-Sisi、1954年11月19日 - )は、エジプト軍人陸軍元帥)、政治家。エジプト軍軍事情報庁長官、エジプト軍最高評議会議長、国防大臣、エジプト国軍総司令官、第一副首相などを歴任し共和政エジプト第6代大統領(エジプト・アラブ共和国第4代大統領)に就任した。日本語メディアではシシあるいはアッシーシと表記されている。

略歴[編集]

1954年カイロに生まれる。1977年エジプト陸軍士官学校を卒業後、歩兵連隊に編入される。1992年から英国統合軍指揮幕僚大学英語版で訓練を受け続け、2006年ペンシルバニア米国陸軍戦略大学英語版修士号を取得した。機械化師団長、国防省事務総局首席補佐官、サウジアラビア大使館付陸軍武官、北軍指揮官参謀長を経て2011年2月エジプト軍軍事情報庁長官に就任した[1][2]。同年6月、強姦の告発から兵士を放免するために女性の処女性検査を行ったとする声明を出したが、この声明はエジプト軍最高評議会から否定されている[3]2012年8月12日ムハンマド・ムルシー大統領が、ムハンマド・フセイン・タンターウィを国防大臣及びエジプト軍最高評議会議長から解任した後、その後任として、シーシーは少将から大将に昇進して国防大臣兼エジプト軍最高評議会議長に任命された[4]

クーデター[編集]

2013年7月3日、シーシーは自らを抜擢したムルシー大統領を政権から排除すると発表し、暫定大統領としてアドリー・マンスール最高憲法裁判所長官を指名するなど2013年エジプトクーデターの際には、ムルシーを解任する中心的な役割を演じることになった[5]。7月16日に成立したベブラーウィー内閣では、第一副首相を兼任[6]

2014年エジプト大統領選挙[編集]

2014年1月27日、元帥に昇格し[註 1]、軍評議会から大統領選への出馬の承認を得た[7]。2月、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)のため、ナビル・ファハミ英語版外相とともにロシアを訪問した[8]。3月26日、テレビ演説で国防大臣の辞職と、同年中に実施予定の大統領選挙への出馬を表明した[9]。これは軍人と警察官は、従事している間は投票や立候補が認められないからである[10]

2014年6月3日、エジプトの選挙委員会は5月26~28日の大統領選においてシーシー前国防相が、得票率96.91%で当選したと正式に発表した[11][註 2]6月8日に正式に就任した[14]

就任後[編集]

現職のメハレブ首相に組閣を要請、閣僚の大部分が留任した[15]

6月25日、就任後初の外遊先としてアルジェリアを訪問、アブデルアジズ・ブーテフリカ大統領と両国関係強化やリビアシリアマリの不安定な治安情勢について会談した[16]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ ただし、シーシーは前任者のタンターウィと異なり実戦経験は無い[3]
  2. ^ 選挙は初日の投票数が低調だったことから、エジプト大統領選挙委員会は突如投票日の公休日化、1日延長、理由の無い投票棄権者への罰金などの措置で投票率の上昇を図った。しかし、投票率は2012年6月の前回選挙の約52%を下回る47.5%に留まり、国民全体の支持を裏付けることはできなかった[12][13]

出典[編集]

  1. ^ “Profile: Egypt armed forces chief Abdul Fattah al-Sisi” (English). BBC. (2014年1月30日). http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-19256730 2014年2月3日閲覧。 
  2. ^ “Profile: General Abdel Fattah el-Sisi” (English). Aljazeera. (2014年1月27日). http://www.aljazeera.com/news/middleeast/2013/07/201373112752442652.html 2014年2月3日閲覧。 
  3. ^ a b “Abdel Fattah al-Sisi: New commander of the armed forces” (english). Egypt Independent. (2012年12月8日). http://www.egyptindependent.com/news/abdel-fattah-al-sisi-new-commander-armed-forces 2014年9月9日閲覧。 
  4. ^ “Egypt’s new military leadership”. The Daily News Egypt. (2011年8月13日). http://thedailynewsegypt.com/2012/08/13/egypts-new-military-leadership/ 2012年8月14日閲覧。 
  5. ^ “エジプト軍、モルシ大統領の排除を宣言”. AFP. AFPBB News. (2013年7月4日). http://www.afpbb.com/articles/-/2954168?pid=11002327 2014年2月3日閲覧。 
  6. ^ “エジプト安定は軍頼み 暫定内閣発足、国防相が副首相兼任”. 産経新聞. (2013年7月17日). オリジナル2013年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130717150500/http://sankei.jp.msn.com/world/news/130717/mds13071720510005-n1.htm 2013年7月18日閲覧。 
  7. ^ 今村実 (2014年1月28日). “シシ議長 立候補へ エジプト大統領選 軍評議会が承認”. 東京新聞. オリジナル2014年1月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140128212443/http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014012802000128.html 2014年2月3日閲覧。 
  8. ^ 遠藤良介 (2014年2月13日). “露、中東で多角外交 エジプトと外務・防衛閣僚会議 米に対抗”. MSN産経ニュース (産経新聞). オリジナル2014年5月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140504131848/http://sankei.jp.msn.com/world/news/140213/erp14021323140001-n1.htm 2014年5月18日閲覧。 
  9. ^ “シシ国防相がエジプト大統領選出馬を表明、当選は確実か”. ロイター (ロイター). (2014年3月27日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2P08V20140326 2014年3月30日閲覧。 
  10. ^ “エジプト:スィースィー氏が大統領選に立候補”. al-Hayat (東京外国語大学). (2014年3月26日). http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/src/read.php?ID=33333 2014年3月27日閲覧。 
  11. ^ 溝田拓士 (2014年6月4日). “シシ氏の当選、正式発表…エジプト大統領選”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). オリジナル2014年6月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140604074347/http://www.yomiuri.co.jp/world/20140604-OYT1T50063.html 2014年9月9日閲覧。 
  12. ^ 小泉大介 (2014年5月30日). “エジプト大統領選 シシ前国防相が当選 低投票率 独裁・暴力に嫌気”. しんぶん赤旗. オリジナル2014年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140531093752/http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-05-30/2014053007_01_1.html 2014年9月9日閲覧。 
  13. ^ 新大統領にシシ前国防相が正式就任−投票率は前回下回る47.5%と低調− (エジプト)”. 海外ビジネス情報、国・地域別情報、アフリカ、エジプト、世界のビジネスニュース(通商弘報). 日本貿易振興機構 (2014年6月18日). 2014年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月9日閲覧。
  14. ^ “エジプト新大統領にシシ前国防相就任=経済・治安が課題”. 時事通信. (2014年6月8日). オリジナル2014年9月9日時点によるアーカイブ。. https://archive.today/O1Dqo 2014年6月8日閲覧。 
  15. ^ “エジプトのメハレブ首相、新内閣の陣容発表 閣僚の大半留任”. ロイター. (2014年6月17日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0OY04920140617 2014年6月28日閲覧。 
  16. ^ “アルジェリアに初外遊 エジプト大統領”. 産経新聞. 共同通信. (2014年6月26日). オリジナル2014年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140626021906/http://sankei.jp.msn.com/world/news/140626/mds14062600170001-n1.htm 2014年6月28日閲覧。 
公職
先代:
アドリー・マンスール
(暫定、最高憲法裁判所長官)
エジプトの旗 エジプト・アラブ共和国大統領
2014 -
次代:
(現職)
先代:
ムハンマド・フセイン・タンターウィー
エジプトの旗 エジプト・アラブ共和国
国軍総司令官
2012年8月12日 -2014年3月26日
次代:
セドキ・ソブヒィ
先代:
ムハンマド・フセイン・タンターウィー
エジプトの旗 エジプト・アラブ共和国
国防大臣
2012年8月12日 - 2014年3月26日
次代:
セドキ・ソブヒィ

外部リンク[編集]