アブドルファッターフ・アッ=シーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブドルファッターフ・アッ=シーシー
عبد الفتاح السيسى
Президент Республики Египет Абдельфаттах Сиси.jpeg

任期 2014年6月8日 –

任期 2013年7月16日 – 2014年3月26日
元首 アドリー・マンスール暫定大統領

任期 2012年8月12日 – 2014年3月26日

出生 1954年11月19日(60歳)
エジプト共和国の旗 エジプトカイロ
政党 無所属

アブドルファッターフ・サイード・フセイン・ハリール・アッ=シーシーعبد الفتاح سعيد حسين خليل السيسي‎‎、Abdel Fattah Saeed Hussein Khalil El-Sisi、1954年11月19日 - )は、エジプト軍人陸軍元帥)、政治家。エジプト軍軍事情報庁長官、エジプト軍最高評議会議長、国防大臣、エジプト国軍総司令官、第一副首相などを歴任し共和政エジプト第6代大統領(エジプト・アラブ共和国第4代大統領)に就任した。日本語メディアではシシあるいはアッシーシと表記されている。

略歴[編集]

1954年カイロに生まれる。1977年エジプト陸軍士官学校を卒業後、歩兵連隊に編入される。1992年から英国統合軍指揮幕僚大学英語版で訓練を受け続け、2006年ペンシルバニア米国陸軍戦略大学英語版修士号を取得した。機械化師団長、国防省事務総局首席補佐官、サウジアラビア大使館付陸軍武官、北軍指揮官参謀長を経て2011年2月エジプト軍軍事情報庁長官に就任した[1][2]。同年6月、強姦の告発から兵士を放免するために女性の処女性検査を行ったとする声明を出したが、この声明はエジプト軍最高評議会から否定されている[3]

2012年8月12日、内政外政におけるさまざまな失政を受けて反政府デモが展開されている中[4][5]、シーシーは解任されたムハンマド・フセイン・タンターウィの後任として大統領ムハンマド・ムルシームスリム同胞団自由と公正党)から国防大臣兼エジプト軍最高評議会議長に任命され、少将から大将に昇進した[6]。しかし、人々の政権への不満は高まりを見せ、シーシーはムルシーに対し「もはや、あなたは大統領でない」と諌めたが、ムルシーは「おまえを解任してやる」と反発、軍と政権との対立は深刻化する[7]

クーデター[編集]

2013年7月3日、シーシーは自らを抜擢したムルシー大統領を政権から排除すると発表し、暫定大統領としてアドリー・マンスール最高憲法裁判所長官を指名するなど2013年エジプトクーデターの際には、ムルシーを解任する中心的な役割を演じることになった[8]。7月16日に成立したベブラーウィー内閣では、第一副首相を兼任[9]

2014年大統領選挙[編集]

2014年1月27日、シーシーは元帥に昇格し[註 1]、軍評議会から大統領選への出馬の承認を得た[10]。2月、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)のため、ナビル・ファハミ英語版外相とともにロシアを訪問した[11]。3月26日、テレビ演説で国防大臣の辞職と、同年中に実施予定の大統領選挙への出馬を表明した[12]。これは軍人と警察官は、従事している間は投票や立候補が認められないからである[13]

2014年6月3日、エジプトの選挙委員会は5月26~28日の大統領選においてシーシー前国防相が、得票率96.91%で当選したと正式に発表した[14][註 2]6月8日に正式に就任した[17]

大統領[編集]

現職のメハレブ首相に組閣を要請、閣僚の大部分が留任した[18]

経済[編集]

治安が不安定なエジプトにとっては経済の好転が治安改善のカギとなるとみられている。また、経済を成長させるためには治安の回復が不可欠とされている。

それゆえシーシー政権は低迷する経済の浮揚を最優先課題に据えている。2014年6月、格付会社フィッチ・レーティングスは、シーシー政権誕生を念頭にエジプトについて「政治面で前向きな発展があり、現時点が底だろう」という見通しを示した。また、治安改善策が一定の効果をあげ、海外からの投資が復調傾向に転じる。一時は枯渇しかけた外貨準備高も必要な額を安定して上回るようになる[19]

シーシー政権は投資規制緩和とらなんでインフラ整備プロジェクトを重視しており、スエズ運河再開発などが行われた[20]。2015年3月には、カイロスエズアインソフナの間の地域に、空港や大規模な太陽光発電フィールドも兼ねそろえたシンガポールをモデルとした新首都を建設し、政府庁舎・外交関連施設・住居などを移転させる計画を発表している[21]

2015年3月13日、シャルム・エル・シェイクでエジプト経済開発会議が開催された。この会議はシーシー政権の経済改革によって復調しているエジプト経済にとって正念場であり、イメージ回復を図る取り組みの一環であるとみられている[22]。この場において、シーシーは2015年から5年間に年率6%の経済成長を実現するという目標を発表した[20]。これに賛同したサウジアラビア・アラブ首長国連邦クウェートが計120億ドル以上の経済援助を表明するなど[20]、エジプトは会議によって各国政府・企業などから総額600億ドルの経済投資・支援を得たという。会議の終わりにシーシーは拠出に対する感謝を表明するとともに、国民に対して「これまでの1000倍努力せよ」と発言した[23]

治安[編集]

シーシーは権力を掌握後、ムスリム同胞団を中心に反体制派を徹底的に取り締まり、集会の自由言論の自由を制限した[24]。同胞団を徹底的に弾圧して治安の維持を図るとともに、同胞団を警戒するサウジアラビアなどから援助を引き出している。また、令状なしの身柄拘束が常態化していると指摘されている[19]

また、ムルシー失脚時のエジプトではイスラム同胞団らによってキリスト教会が襲撃され、1321年以降のようなキリスト教徒に対する激しい迫害が懸念されていた[25]。この事態に対し、シーシーはアル=アズハル大学で過激主義を戒める演説をし、さらにコプト暦クリスマスイブにコプト教会の聖マルコ教会を訪れることで、ムスリムとコプトの友好と、「宗教的改革」(原理主義との戦い)の必要性を訴えた[26][27]

2013年11月12日、外国人のジャーナリストを自国に送還する命令を発布した[28]

2015年3月5日、シーシーは内閣改造によって警察機構のトップであり、治安維持を担当する内務大臣イブラヒムを更迭した。背景にはシーシーの権力基盤が固まったことや、治安対策を巡る世論の不満に配慮したことがあるとみられている。後任は内務官僚出身のアブドルガファル[29]

軍事・外交[編集]

シーシーとプーチン(2014年8月16日)
シーシーとケリー(中央)

シーシー政権はムスリム同胞団を警戒する周辺国からは強い支持を受けている。また、国際社会において、「対ISIL(イスラム国)のとりで」とみなす風潮が強まっている[20]。大統領就任に関して、サウジアラビアを始めとする湾岸諸国から支持を取り付けた。ただし、ムスリム同胞団(自由と公正党)を支持していたトルコとは関係が良くないとされる[30]。また、中東地域の安定化のために「アラブ諸国への脅威に対し、迅速に軍事介入を行うこと」を任務とするアラブ合同軍の創設を提唱しており、現在アラブ連盟加盟国の間でそのための準備が行われている[31]

2014年 6月25日、就任後初の外遊先としてアルジェリアを訪問、アブデルアジズ・ブーテフリカ大統領と両国関係強化やリビアシリアマリの不安定な治安情勢について会談した[32]

2015年3月23日にハルツームで、シーシーは交渉を通じてエジプトの不利益にならない形で合意を形成できたとして、スーダン大統領オマル・アル=バシールエチオピア首相のハイレマリアム・デサレンと共に、ナイル川上流での「グランド・ルネサンス・ダム」建設を認める予備合意に調印した。かつてのムルシー政権は、ナイル川の上流で巨大ダムを建設することはエジプトの水資源の利用を阻害すると主張し、戦争すらちらつかせていた[33][34]

シーシーは大統領就任以前から度々ロシア大統領ウラジーミル・プーチンと会談を重ねて信頼関係を構築しており、ロシアから兵器を購入(資金はサウジとUAEが融資した)、さらにユーラシア連合のエジプト参加に確約を取り付けた。ロシアにとっては、エジプトとの接近は2014年クリミア危機以降の国際的な孤立を打開するチャンスになると考えられている。一方、ムバラク政権打倒を後押しし、当初大統領バラク・オバマ国務長官ジョン・ケリームルシー政権を倒したシーシー一派に対して冷ややかな態度をとったため、シーシーはアメリカに対して不信感を持っているとされる。しかし、アメリカがエジプトの外交政策の基軸であることには変わりなく、シーシーはアメリカとロシア双方を利用する外交を展開するとみられている[35][36]

2015年2月、ISILがリビアでエジプト人コプトの出稼ぎ労働者21人を惨殺した時、シーシーは自国民への惨殺を深刻に受け止め、リビア東部デルナにあるISILの訓練キャンプを空爆した。エジプトが本格的な軍事作戦を実施したのはここ数年で初めてである[24]

エジプト国民の間ではイスラエルユダヤ人)への反感が根強いとされている。しかしシーシーはパレスチナとの2国家共存を働き掛けるためにイスラエルの首相 ベンヤミン・ネタニヤフと「かなり」会談を重ねてきた。2015年3月、シーシーは「(イスラエルとの間で)敵対的なムードはなくなってきた」と発言し、ISIL対策や過激派が活動するシナイ半島情勢で利害が一致するイスラエルとの協力を匂わせた[37]

人物[編集]

エジプト旗に敬礼する国防相シーシーとアメリカ国防長官チャック・ヘーゲル(2013年4月24日)

アラブ連盟議長のアムル・ムーサはシーシーについて、実利主義者で人の意見を良く聞き、歴代大統領とは異なる独自の政治プランをもっている、と評価している[38]

国内においては「タフガイ」なイメージを売り物にしているとされる。「アラブの春」後の混乱期、シーシーはメディアを通じて迷彩服にサングラス姿で知られるようになり、多くの国民には自信満々のきまじめ軍人に見えたという[24]

コプトとの繋がり[編集]

歴代のエジプト大統領と国内のコプト正教会キリスト教)との関係は緊張を孕むものだった。しかし、シーシーとコプト教会の関係はそれまでの大統領とは異なり友好関係にあると見られている。

2013年、コプト教皇タワドロス2世英語版)がシーシーがムルシーを大統領職から退任させたことを祝福した。2014年1月、シーシーはコプト正教会のクリスマスイブの式典に、エジプト大統領として初めて参加することで返礼した。2015年2月、リビアでエジプト人コプトの出稼ぎ労働者21人を惨殺した際、シーシーはタワドロス2世に哀悼の意を伝えた。その後、エジプト空軍はリビアのISIL拠点を空爆する[39]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ ただし、シーシーは前任者のタンターウィと異なり実戦経験は無い[3]
  2. ^ 選挙は初日の投票数が低調だったことから、エジプト大統領選挙委員会は突如投票日の公休日化、1日延長、理由の無い投票棄権者への罰金などの措置で投票率の上昇を図った。しかし、投票率は2012年6月の前回選挙の約52%を下回る47.5%に留まり、国民全体の支持を裏付けることはできなかった[15][16]

出典[編集]

  1. ^ “Profile: Egypt armed forces chief Abdul Fattah al-Sisi” (English). BBC. (2014年1月30日). http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-19256730 2014年2月3日閲覧。 
  2. ^ “Profile: General Abdel Fattah el-Sisi” (English). Aljazeera. (2014年1月27日). http://www.aljazeera.com/news/middleeast/2013/07/201373112752442652.html 2014年2月3日閲覧。 
  3. ^ a b “Abdel Fattah al-Sisi: New commander of the armed forces” (english). Egypt Independent. (2012年12月8日). http://www.egyptindependent.com/news/abdel-fattah-al-sisi-new-commander-armed-forces 2014年9月9日閲覧。 
  4. ^ 「エジプト:経済失政が命取り…クーデター」毎日新聞 2013年07月04日
  5. ^ 「弾圧されるムスリム同胞団、イスラム政治勢力の危機」ル・モンド・ディプロマティーク日本語・電子版2013年8月号
  6. ^ “Egypt’s new military leadership”. The Daily News Egypt. (2011年8月13日). http://thedailynewsegypt.com/2012/08/13/egypts-new-military-leadership/ 2012年8月14日閲覧。 
  7. ^ 「中東遠のく春――生活苦なお民主化試練――エジプト、公約ほごに怒り」『日本経済新聞』45766号、14版、日本経済新聞社2013年7月7日、5面。
  8. ^ “エジプト軍、モルシ大統領の排除を宣言”. AFP. AFPBB News. (2013年7月4日). http://www.afpbb.com/articles/-/2954168?pid=11002327 2014年2月3日閲覧。 
  9. ^ “エジプト安定は軍頼み 暫定内閣発足、国防相が副首相兼任”. 産経新聞. (2013年7月17日). オリジナル2013年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130717150500/http://sankei.jp.msn.com/world/news/130717/mds13071720510005-n1.htm 2013年7月18日閲覧。 
  10. ^ 今村実 (2014年1月28日). “シシ議長 立候補へ エジプト大統領選 軍評議会が承認”. 東京新聞. オリジナル2014年1月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140128212443/http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014012802000128.html 2014年2月3日閲覧。 
  11. ^ 遠藤良介 (2014年2月13日). “露、中東で多角外交 エジプトと外務・防衛閣僚会議 米に対抗”. MSN産経ニュース (産経新聞). オリジナル2014年5月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140504131848/http://sankei.jp.msn.com/world/news/140213/erp14021323140001-n1.htm 2014年5月18日閲覧。 
  12. ^ “シシ国防相がエジプト大統領選出馬を表明、当選は確実か”. ロイター (ロイター). (2014年3月27日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2P08V20140326 2014年3月30日閲覧。 
  13. ^ “エジプト:スィースィー氏が大統領選に立候補”. al-Hayat (東京外国語大学). (2014年3月26日). http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/src/read.php?ID=33333 2014年3月27日閲覧。 
  14. ^ 溝田拓士 (2014年6月4日). “シシ氏の当選、正式発表…エジプト大統領選”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). オリジナル2014年6月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140604074347/http://www.yomiuri.co.jp/world/20140604-OYT1T50063.html 2014年9月9日閲覧。 
  15. ^ 小泉大介 (2014年5月30日). “エジプト大統領選 シシ前国防相が当選 低投票率 独裁・暴力に嫌気”. しんぶん赤旗. オリジナル2014年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140531093752/http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-05-30/2014053007_01_1.html 2014年9月9日閲覧。 
  16. ^ 新大統領にシシ前国防相が正式就任−投票率は前回下回る47.5%と低調− (エジプト)”. 海外ビジネス情報、国・地域別情報、アフリカ、エジプト、世界のビジネスニュース(通商弘報). 日本貿易振興機構 (2014年6月18日). 2014年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月9日閲覧。
  17. ^ “エジプト新大統領にシシ前国防相就任=経済・治安が課題”. 時事通信. (2014年6月8日). オリジナル2014年9月9日時点によるアーカイブ。. https://archive.today/O1Dqo 2014年6月8日閲覧。 
  18. ^ “エジプトのメハレブ首相、新内閣の陣容発表 閣僚の大半留任”. ロイター. (2014年6月17日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0OY04920140617 2014年6月28日閲覧。 
  19. ^ a b “エジプト・シシ政権、経済を最優先 クーデターから1年”. 毎日新聞. (2014年7月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0303G_T00C14A7FF1000/ 2015年3月27日閲覧。 
  20. ^ a b c d “エジプト:湾岸3カ国が1.4兆円支援 安定化後押し”. 毎日新聞. (2015年3月14日). http://mainichi.jp/select/news/20150315k0000m030038000c.html 2015年3月27日閲覧。 
  21. ^ “エジプト、カイロの東に新行政首都建設へ=住宅相”. ロイター通信. (2015年3月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0MC0B720150316 2015年3月27日閲覧。 
  22. ^ “外国投資向かうエジプト、成長の鍵は経済改革と治安維持”. ウォールストリートジャーナル. (2015年3月13日). http://jp.wsj.com/articles/SB10030317691824024149004580515611326110390 2015年3月28日閲覧。 
  23. ^ “総額7.3兆円の拠出表明=大統領、国民に努力促す-エジプト国際会議”. 毎日新聞. (2015年3月16日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031600024 2015年3月27日閲覧。 
  24. ^ a b c “「タフガイ大統領」がISIS空爆で抱えたリスク”. Newsweek. (2015年3月3日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/02/post-3566_1.php 2015年3月27日閲覧。 
  25. ^ “消滅の危機か エジプトのコプト教徒”. クリスチャントゥデイ. (2013年8月26日). http://www.christiantoday.co.jp/articles/12022/20130826/news.htm 2015年3月27日閲覧。 
  26. ^ “過激なイスラム聖戦主義:欧米文化に対する恐るべき脅威”. クリスチャントゥデイ. (2015年1月19日). http://www.christiantoday.co.jp/articles/15100/20150119/radical-islamic-jihadism.htm 2015年3月27日閲覧。 
  27. ^ “イスラム教徒のエジプト大統領、キリスト教会に画期的な訪問”. クリスチャントゥデイ. (2015年1月15日). http://www.christiantoday.co.jp/articles/15071/20150115/muslim-egyptian-coptic-church.htm 2015年3月27日閲覧。 
  28. ^ “エジプトで400日拘束された記者が語る真実”. 東洋経済. (2015年2月23日). http://toyokeizai.net/articles/-/61346 2015年3月27日閲覧。 
  29. ^ “エジプト:内閣改造で内相交代 治安改善へ警察引き締め”. 毎日新聞. (2015年3月6日). http://mainichi.jp/select/news/20150307k0000m030091000c.html 2015年3月28日閲覧。 
  30. ^ “トルコが中東地域で孤立感を深める理由”. 東洋経済. (2015年3月12日). http://toyokeizai.net/articles/-/62801 2015年3月27日閲覧。 
  31. ^ “「アラブ合同軍」創設へ、イエメン対応念頭に”. 読売新聞. (2015年3月27日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150327-OYT1T50113.html 2015年3月27日閲覧。 
  32. ^ “アルジェリアに初外遊 エジプト大統領”. 産経新聞. 共同通信. (2014年6月26日). オリジナル2014年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140626021906/http://sankei.jp.msn.com/world/news/140626/mds14062600170001-n1.htm 2014年6月28日閲覧。 
  33. ^ “ナイル川上流に巨大ダム”. 時事通信社. (2015年3月24日). http://www.jiji.com/jc/p_archives?id=20150324092711-0018911211 2015年3月27日閲覧。 
  34. ^ “ナイル川上流に巨大ダム”. 新聞赤旗. (2015年3月24日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-25/2015032507_01_1.html 2015年3月28日閲覧。 
  35. ^ “ロシア、エジプトに急接近…米国との同盟に揺さぶり イスラエル紙はオバマ政権批判”. newsphaper. (2015年2月16日). http://newsphere.jp/world-report/20150216-1/ 2014年6月28日閲覧。 
  36. ^ “エジプト、米国とロシアを天秤に したたか外交で双方から支援引き出す”. 産経新聞. (2015年2月11日). http://www.sankei.com/world/news/150211/wor1502110058-n1.html 2015年3月28日閲覧。 
  37. ^ “右派政権でも関係改善か=中東和平より過激派対策-アラブ諸国”. 時事通信社. (2015年3月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031800735 2015年3月27日閲覧。 
  38. ^ “エジプト、なぜリビアのISILを空爆? 犠牲者コプト教徒とシシ大統領の「絆」に注目” (Japanese). (2015年2月20日). http://newsphere.jp/world-report/20150220-5/ 2015年2月20日閲覧。 
  39. ^ “エジプト、なぜリビアのISILを空爆? 犠牲者コプト教徒とシシ大統領の「絆」に注目”. newsphaper. (2015年2月20日). http://newsphere.jp/world-report/20150220-5/ 2014年3月27日閲覧。 
公職
先代:
アドリー・マンスール
(暫定、最高憲法裁判所長官)
エジプトの旗 エジプト・アラブ共和国大統領
2014 -
次代:
(現職)
先代:
ムハンマド・フセイン・タンターウィー
エジプトの旗 エジプト・アラブ共和国
国軍総司令官
2012年8月12日 -2014年3月26日
次代:
セドキ・ソブヒィ
先代:
ムハンマド・フセイン・タンターウィー
エジプトの旗 エジプト・アラブ共和国
国防大臣
2012年8月12日 - 2014年3月26日
次代:
セドキ・ソブヒィ

外部リンク[編集]