ハルツーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハルツーム
الخرطوم
Al-Khartoum
WN 06-0142-39 - Flickr - NZ Defence Force.jpg
位置
の位置図
の位置図
座標 : 北緯15度34分48秒 東経32度31分12秒 / 北緯15.58000度 東経32.52000度 / 15.58000; 32.52000
行政
スーダンの旗 スーダン
  ハルツーム州
 市 ハルツーム
Governor Abdul rahman al khidir
人口
人口 (2005年現在)
  市域 2,207,794人
  都市圏 8,000,000人
その他
等時帯 東アフリカ時間(EAT) (UTC+3

ハルツームハルトゥーム英語: Khartoumアラビア語: الخرطومal-kharṭūm、意味:象の鼻)は、スーダン首都ウガンダから流れる白ナイルと、エチオピアから流れる青ナイルの合流地点の南岸に存在する。ナイル川はここからエジプトを通り、地中海へ向かう。人口2000年時点で約2,730,000人。2010年都市的地域の人口は518万人であり、世界第58位、アフリカでは第5位である[1]。現地での発音は「カルトゥーム」に近い。

概要[編集]

1820年に、エジプトのムハンマド・アリー朝による支配の拠点として築かれた。ナイル航路の拠点となり、奴隷貿易の中継地として栄えた。人口規模は100万を超えるが、近隣の北ハルツーム(الخرطوم بحري al-kharṭūm baḥrī)とオムドゥルマンأم درمان ’umm durmān)(西郊)とで都市圏を形成しており、合わせて400万以上の居住者がいる。

マフディー戦争では大英帝国ゴードン将軍が守備したハルツームをマフディー・ムハンマド・アフマドの軍が1884年3月13日から包囲し、1885年1月26日に陥落させた。オムドゥルマン1898年9月2日にマフディー軍はイギリス軍に敗れ、1万人以上が殺害された。

1998年8月7日ナイロビダルエスサラームアメリカ大使館爆破事件アルカーイダに関係して化学兵器を製造しているとされ、8月20日ハルツームのアッ=シファーの製薬工場がアメリカにより巡航ミサイルで攻撃された。

ハルツームのパノラマ

気候[編集]

11月から5月までが乾期、7月・8月が雨期である。この2か月間で年間降水量160mmのほとんどを占める。最高気温平均は4月から6月は40度Cを超え、53度Cに達することがある。12月から2月は33度Cを下回る。最低気温平均は5月から10月が25度Cを超え、12月から2月は20度Cを下回るが16度Cまでで、世界の主要都市で最も暑い。

ハルツームの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 29.8
(85.6)
33.0
(91.4)
36.8
(98.2)
40.1
(104.2)
41.9
(107.4)
41.3
(106.3)
38.4
(101.1)
37.3
(99.1)
39.1
(102.4)
39.3
(102.7)
35.2
(95.4)
31.8
(89.2)
37
(98.58)
平均最低気温 °C (°F) 15.6
(60.1)
17.0
(62.6)
20.5
(68.9)
23.6
(74.5)
27.1
(80.8)
27.3
(81.1)
25.9
(78.6)
25.3
(77.5)
26.0
(78.8)
25.5
(77.9)
21.0
(69.8)
17.1
(62.8)
22.66
(72.78)
降水量 mm (inch) 0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
.4
(0.016)
4.0
(0.157)
46.3
(1.823)
75.2
(2.961)
25.4
(1)
4.8
(0.189)
.7
(0.028)
0
(0)
156.8
(6.174)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 0 0 .1 .1 .9 1.2 4.8 4.8 3.2 1.2 0 0 16.3
 % 湿度 27 22 17 16 19 28 43 49 40 28 27 30 28.8
平均月間日照時間 341 311 310 330 300 300 279 279 300 310 330 341 3,731
出典 1: World Meteorological Organisation (UN)[2]
出典 2: BBC Weather[3]

経済[編集]

1990年代にスーダン国内の油田開発が活発になり、非メジャー石油企業の進出が目立つようになった。ハルツーム北部に建設された精油所は、紅海に面したポートスーダンパイプラインで結ばれており、同国の重要な経済施設となっている。南北和平協定により国内最大の開発事業が進み、ホテルや橋が建設された。その他、印刷・ガラス製造・食品加工・繊維などの産業がある。東南アジア企業の進出を受け、通信サービスも発達してきた。

教育[編集]

交通[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ World Weather Information Service – Khartoum”. UN. 2010年5月6日閲覧。
  3. ^ Average Conditions Khartoum, Sudan”. BBC Weather. 2009年8月21日閲覧。

関連項目[編集]