ポートルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポートルイス
Port Louis
Port Louis Skyline.JPG
ポートルイスの眺め
Coat of arms of Port Louis, Mauritius.svg
市旗
位置
モーリシャス島内のポートルイス県の位置の位置図
モーリシャス島内のポートルイス県の位置
座標 : 南緯20度10分0秒 東経57度30分0秒 / 南緯20.16667度 東経57.50000度 / -20.16667; 57.50000
歴史
建設 1735年
創設者 ベルトラン=フランソワ・マエ・ド・ラ・ブルドネ(fr
行政
モーリシャスの旗 モーリシャス
 行政区画 ポートルイス県
 市 ポートルイス
市長 Fritz Thomas
地理
面積  
  市域 42.7km2
  市街地 6.3km2
標高 134m
人口
人口 (2003年現在)
  市域 147,688人
その他
等時帯 モーリシャス時間UTC+4
夏時間 なし
市域面積はポートルイス県のもの
公式ウェブサイト : http://mpl.intnet.mu/

ポートルイス(Port Louis)は、インド洋に位置するモーリシャスの首都で、人口は135,371人(1996年)。主島のモーリシャス島にある港湾都市で、同国最大の都市。アフリカ有数の世界都市であり、ポートルイス県に属す。南緯20度10分、東経57度31分30秒。

ポートルイス

概要[編集]

ポートルイスは、ポートルイス・モカ山脈(Port-Louis Moka Range)と呼ばれる山脈に囲まれている。この山脈の最も有名な山は、海抜800m近いところにあるル・プセ山(Le Pouce )とピーター・ボス山(Pieter Both)。

ポートルイス市民の人気スポットは、シャン・ド・マルス(Champ de Mars)と呼ばれている国立競馬場や、ル・カセルナ(Les Casernes)と呼ばれる警察バラック(宿舎)、ル・ポートルイス・ウォーターフロント(Le Port Louis WaterFront)である。また標高500mのシノ山(Signaux)があり、市民が度々レクリエーションに訪れる。山頂からの市内の眺めはとてもよい。街のメインストリートはSSR通り(S.S.R street=ラ・ル・デスフォルゲ(La Rue Desforges)とも)で、イスラム教徒が多く周囲にはモスクがある。市役所もこの通りに面している。

観光地としては、ザ・コダン・ウォーターフロント(The Caudan Waterfront)、ポートルイス市場(Port Louis Bazaar)、モーリシャス・チャイナタウン(Mauritian China town)など。また国立歴史博物館(Natural History Museum)、モーリシャス・スタンプ博物館(Mauritius Stamp Museum)もある。モーリシャスで一番古い郵便局もあり、そこにはマエ・ド・ラ・ブルドネの彫刻がある。

また、島の動植物の相に関する研究をするモーリシャス研究所がある。

歴史[編集]

ポートルイスは、1735年フランスベルトラン=フランソワ・マエ・ド・ラ・ブルドネfr)が建設したことに始まる。市名はルイ15世にちなみ、フランス支配下ではポール=ルイ(ルイ王の港)であった。

市民の多くは、19世紀にインドから来た移民の子孫である。

産業[編集]

主要な産業は、貿易観光業。観光客の主な目的はウォーターフロントでのショッピングなど。主な工業製品織物、化学薬品、プラスチック製品、調合薬など。

交通[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]