ウォーターフロント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォーターフロント (Waterfront) とは、文字通りには「河岸、海岸通の土地、水辺」といった意味になるが、今日、メディアに多用されている用途では、過密化する都市の新たな開発区域としての港湾、臨海部を指して使われている。

歴史[編集]

日本において港湾部が注目されはじめたのは、神戸市神戸ポートアイランド博覧会1981年)とされる。埋立地のほかにも、既存の港湾周辺では、コンテナ化など物流形態の変化による空き倉庫の増加や、工場の撤退などの状況があって荒廃が進んだため新たな開発で再生が期待されるようになったものである。

世界的な先駆は、アメリカ合衆国ボルティモアとされる。1960年代後半から30年に亘る計画の元に着手され、ショッピングセンターや大型水族館が整備されるにいたり、湾岸部が市民や観光客に開放されて賑わいを取り戻した。

日本におけるウォーターフロントブーム[編集]

サンフランシスコフィッシャーマンズワーフボストン水族館などのウォーターフロント開発の成功事例を参考に1980年代より日本でも導入された。

はじまりとなったのは、1981年に竣工した神戸市の当時世界最大であった人工島ポートアイランドである。これに、倉庫街や貨物駅といった古い港湾施設の再開発によって誕生した神戸ハーバーランドの二つの事業に対し、今後の都市開発に先人的な役割を果したとして日本都市計画学会石川賞がそれぞれに授与されている。

首都圏では、東京佃島天王洲お台場有明汐留葛西横浜市横浜みなとみらい21千葉市幕張新都心などの再開発が行われた。芝浦の空き倉庫を利用したディスコライブハウス浦安市東京ディズニーリゾートなども人気を集めた開発の一つである。

大阪の場合、天保山ハーバービレッジや南港の咲洲USJにみられる港湾地区の開発のほかにも、水の都といわれるように都心に河川が通るため、湊町リバープレイス大阪アメニティパーク大阪ビジネスパークなど、河川沿いの開発がある。近年では川沿いにある中之島とその周辺地区で、阪大病院跡の水都・OSAKA α プロジェクトなどがある。

その他の著名な場所としては、名古屋市ガーデン埠頭金城埠頭福岡市百道(ももち)にあるシーサイドももち、神戸市のマリンピア神戸(垂水区)、六甲アイランド(東灘区)やHAT神戸(中央区)、北九州市門司区門司港レトロ地区、高松市サンポート高松敦賀市金ヶ崎緑地長崎市長崎水辺の森公園佐世保市ポートルネッサンス21小樽市ぱるて築港などがある。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]