ルアンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルアンダ
Luanda
Luanda from Fortaleza Feb 2006.jpg
フォルタレザからの眺め
位置
の位置図
座標 : 南緯8度50分18秒 東経13度14分4秒 / 南緯8.83833度 東経13.23444度 / -8.83833; 13.23444
歴史
建設 1575年
行政
アンゴラの旗 アンゴラ
  ルアンダ州
 市 ルアンダ
人口
人口 (2009年現在)
  市域 4,500,000人
その他
等時帯 WATUTC+1
守護聖人 = 聖パウロ
公式ウェブサイト : http://www.gpl.gv.ao/
ルアンダの都市人口の推移グラフ。20世紀後半から人口が急増している。

ルアンダLuanda)は、アフリカ南西部のアンゴラ共和国の首都で、最大の都市でもある。大西洋に面し、アンゴラの主要港であると共に行政の中心でもある。約450万人の人口(2009年)を擁し、ルアンダ州の州都でもある。

産業には加工食品、飲料、織物、セメントや他の建築資材、プラスチック製品、金物、タバコ、靴の生産が含まれる。近郊で産する石油の精製所があるが、この施設は内戦のあいだ、繰り返し被害を受けた。

ルアンダにはすばらしい天然の港があり、主要な輸出品目にはコーヒー、綿、砂糖、ダイヤモンド、鉄、塩がある。

ルアンダの住人は主にアフリカ系民族であり、 住民にはオヴィンブンド人キンブンド人コンゴ人が含まれる。アンゴラの公用語ポルトガル語であるが、たくさんのバントゥー語に関連した土着の言語が話されている。ヨーロッパ系の住民はごくわずかである。なお、小惑星(1431)のルアンダ (小惑星)は、ルアンダに因んで命名された。

歴史[編集]

ルアンダは1575年サン・パウロ・デ・ルアンダ (São Paulo de Luanda) として、パウロ・ディアス・デ・ノヴァイスの率いるポルトガル人によって植民され、アフリカ黒人奴隷の重要な輸出港となった。1641年オランダ西インド会社軍によって占領されたが、1648年にはブラジル植民地英語版軍によって奪回されている。奴隷供給源の喪失はブラジル植民地にとって大打撃だったからである。

ブラジルとルアンダの結びつきは強く、1822年ポルトガルからのブラジル帝国独立時にはポルトガル領アンゴラをブラジルの植民地とする動きさえあったが、1850年代までになされた奴隷貿易停止と、1888年の黄金法制定によるブラジルにおける奴隷制廃止によって関係は消滅した。

1961年からアンゴラはポルトガル軍独立戦争を戦い、1975年のアンゴラ独立後、多くのポルトガル系アンゴラ人が町から去り、アンゴラ独立戦争時にアンゴラ解放人民運動(MPLA)の革命軍を支援したキューバ人が取って代わった。キューバ人の多くはキューバ軍の兵士であった。

ルアンダにはローマ・カトリックの大司教座がおかれている。またアンゴラ大学、17世紀に建てられた砦であるサン・ミゲル要塞、旧ポルトガル総督府などがある。

交通[編集]

市内

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]