小惑星番号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小惑星番号(しょうわくせいばんごう)とは、軌道要素が確定し、小惑星センターに正式登録された天体に与えられる登録番号である。なお、小惑星だけではなく太陽系外縁天体彗星・小惑星遷移天体準惑星にも共通の番号が与えられているため、以下の記事中における「小惑星」という言葉にはそれらを含むものとする。

概要[編集]

新しく発見された小惑星には、「ある時期に発見された何番目の小惑星」ということを表す仮符号が付けられる(詳細は仮符号を参照)。その後、複数回の観測によって軌道要素が確定すると初めて正式登録され、小惑星番号が与えられる。このため、発見から登録まで数十年かかることや、同一の小惑星が何回も「発見」され、その度に新たな仮符号を付けられることもある。また、小惑星センター側の作業上の都合で登録手続きが滞ることもある。

例外[編集]

現在は軌道要素が確定し、番号登録されて初めて正式に命名されるが、そうした原則が確立する前には登録(命名)された後に行方不明になる小惑星もそう珍しくはなく、中には番号登録された後でミスが発覚し、その番号と名前を別の未登録小惑星に付け直したケースさえある(恒星を誤って小惑星として登録した例や、行方不明の登録済み小惑星を再度「発見」して別の番号を付けてしまった例など)。こうしたミスによる再登録を除いて、行方不明になっていた登録済み小惑星のすべてが2000年までに再発見されている。ちなみに、最後まで行方不明だったのは (719) アルベルトである。

また彗星・小惑星遷移天体の中には彗星として発見者の名前がつけられた物もある。こうした例や、その他の番号登録される前に命名された天体について以下に記す。

小惑星番号を持つ天体の総数[編集]

19世紀・20世紀前半[編集]

(1) ケレスから (4) ベスタまでは1801年から1807年にかけて発見されたが、当時は小惑星がこれほど多数あるとは考えられておらず、従来の惑星と同様に扱われていた。1845年に (5) アストラエアが発見され、その後も毎年のように新しい「惑星」が発見されると、次第にそれらを惑星とは区別して扱うようになっていく。小惑星に番号を付けるようになったのは1850年代中頃からであり、19世紀中に発見された小惑星は概ね発見された順に番号が登録されている(発見が公表されるまでの時間差のためか、数日から数週間ほど逆転していることもある)。

発見された年・月 小惑星番号
1850年11月 13
1860年9月 62
1870年9月 112
1880年9月 219
1890年11月 302
1900年10月 463

1892年に(現在のシステムとは違うが)仮符号が導入され、20世紀に入ってから発見されたものについては登録番号が発見された順番に対して次第にランダムになっていく。

1935年に発行された資料[1]には401番から720番までの小惑星の一覧が掲載されているが、この年までに発見された小惑星は(まだ仮符号だけだった物を含めれば)既に1,000個を越えている。

20世紀後半[編集]

1960年初頭の時点で番号登録された小惑星は1,638個であり[2]、それからしばらくは1年に数個から十数個ずつ増えていたのだが、次第にペースが上がっていく。

年・月 登録天体数
1960年12月 1,649
1965年12月 1,684
1970年12月 1,779
1975年12月 1,966
1980年12月 2,339
1985年?月 3,288
1990年6月 4,508
年・月 登録天体数
1991年6月 4,877
1992年6月 5,243
1993年6月 5,610
1994年6月 6,028
1995年6月 6,405
1996年6月 7,041
1997年6月 7,722
1998年6月 8,980
1999年6月 10,945
2000年6月 15,668

21世紀[編集]

20世紀の終わり頃からは、LINEARなど幾つもの自動化された大規模な小惑星捜索プログラムによってもの凄い勢いで小惑星が発見されるようになり、小惑星センターの登録作業も電子化されて小惑星番号は更に急速に増加するようになっている。これらの小惑星の大半は永遠に命名されずに終わる可能性が高い。

年・月 登録天体数
2001年6月 26,073
2002年6月 43,721
2003年9月 69,229
2004年8月 90,671
2005年6月 99,947
2006年7月 134,339
2007年7月 160,508
2008年9月 192,280

リスト[編集]

特別な小惑星番号[編集]

記載されていないものは2014年時点で番号のみ。

キリ番[編集]

最上位桁以外がすべて0の番号。1000以降は記念碑な名前を付けたり、重要な小惑星に番号を与えたりすることが多い。

ゾロ目[編集]

同じ数字が並んだ番号

番号に因んだ命名[編集]

[編集]

  1. ^ 『1936年版天文年鑑』東亜天文学会 / 恒星社
  2. ^ 『1984年版天文年鑑誠文堂新光社、以下'85年以降は当該年の翌年版