アストラエア (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アストラエア5 Astraea Symbol.svg
5 Astraea
AnimatedOrbitOf5Astraea.gif
アストラエアの軌道。青がアストラエア、
赤が惑星(一番外側の赤は木星)、
黒が太陽。
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(アストラエア族?)
発見
発見日 1845年12月8日
発見者 K. ヘンケ
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 2.575 AU
近日点距離 (q) 2.082 AU
遠日点距離 (Q) 3.069 AU
離心率 (e) 0.192
公転周期 (P) 4.13年
軌道傾斜角 (i) 5.37
近日点引数 (ω) 357.76 度
昇交点黄経 (Ω) 141.66 度
平均近点角 (M) 144.56 度
物理的性質
直径 119.07 km
質量 1.8 ×1018kg
平均密度 2 g/cm3
表面重力 0.033 m/s2
脱出速度 0.063 km/s
自転周期 16.800 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 6.85
アルベド(反射能) 0.2268
表面温度 167 K
色指数 (B-V) 0.826
色指数 (U-B) 0.411
■Project ■Template

アストラエア (5 Astraea) は、火星木星の間の小惑星帯にある、大型の小惑星である。ギリシア神話ローマ神話に登場する正義の女神アストライアにちなんで名づけられた。

概要[編集]

アストラエアは1845年12月8日ドイツ天文学者カール・ヘンケによって発見された。これ以前にも4個の小惑星(ケレスは2006年以降準惑星)が発見されており、アストラエアは1807年ベスタ以来38年ぶり、5例目の小惑星の発見となった。アストラエアはヘンケがベスタを探しているときに偶然発見されたものであり、当時ヘンケはアマチュア天文家であった。この発見が称えられ、ヘンケはプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世から1,200マルクの年金を授与された[1]

アストラエアが発見されるまで、小惑星はケレス、パラスジュノー、ベスタの4個だけであると思われていたことから、アストラエアの発見は大きく注目された。そしてアストラエアの発見以後、何万もの小惑星が発見された。

かなり小規模な小惑星族を代表する小惑星とされることがある(古在由秀による)。珪酸マグネシウムや珪酸鉄を含んだニッケル鉄によって構成されており、光をよく反射する明るい表面をしている。

脚注[編集]

  1. ^ Dawn Community”. NASA. 2009年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ベスタ (小惑星)
小惑星
アストラエア (小惑星)
次の小惑星:
ヘーベ (小惑星)