ベスタ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベスタVesta symbol.svg
(ヴェスタ)
4 Vesta
Vesta full mosaic.jpg
探査機ドーンが撮影したベスタ。南極にレアシルヴィアクレーターと中央丘が、また左上には"snowman"と呼ばれる3連クレーターが確認できる。
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
ベスタ族
発見
発見日 1807年3月29日
発見者 H. オルバース
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 2.362 AU
近日点距離 (q) 2.153 AU
遠日点距離 (Q) 2.571 AU
離心率 (e) 0.089
公転周期 (P) 3.63
軌道傾斜角 (i) 7.13
近日点引数 (ω) 149.84 度
昇交点黄経 (Ω) 103.91 度
平均近点角 (M) 307.80 度
物理的性質
直径 468.3 - 530 km
質量 2.701 ×1020 kg
平均密度 5.0 g/cm3
表面重力 0.30 m/s2
脱出速度 0.39 km/s
自転周期 5.342 時間
スペクトル分類 V
絶対等級 (H) 3.20
光度係数 (G) 0.32
アルベド(反射能) 0.4228
表面温度 ~223 K
色指数 (B-V) 0.782
色指数 (U-B) 0.492
■Project ■Template

ベスタまたはヴェスタ (4 Vesta) は、将来的に準惑星に分類される可能性がある太陽系小惑星の一つ。1807年3月29日ドイツブレーメンハインリヒ・オルバースによって発見され、古代ローマ女神ウェスタにちなんで名付けられた。命名者はカール・フリードリヒ・ガウス

特徴[編集]

ベスタ(青色)の軌道。赤色は惑星で、一番外側の軌道は木星。

ベスタの発見は1801年ケレス(2006年以降は準惑星)以来4例目であるが、以後1845年アストラエアが見つかるまで小惑星の発見は途絶えることとなる。ベスタの直径は468 - 530kmと、小惑星帯(メインベルト)では3番目の大きさであり、四大小惑星の一つに数えられる。ベスタの表面は他の小惑星に比べて格段に明るいため、条件さえそろえば小惑星の中では唯一、肉眼で見ることができる。また、ケレスなどとともにハッブル宇宙望遠鏡ケック望遠鏡により詳細な観測がなされている。

ベスタと他の小惑星を分ける特徴の一つとして、内部が分化している(地球のような層状構造を持つ)点が挙げられる。中心部にはニッケルからなるがあり、その外側にカンラン石からなるマントルを持つ。表面は溶岩流に起因する玄武岩からなり、かつて小規模ながら火山活動が存在したと考えられている。これらの特徴は、太陽系の歴史の初期においてベスタ内部が相当の熱量により融解していたためであると考えられる。

ベスタのような層状構造を持つ分化小惑星は、かつては複数存在していたと考えられており、このような小惑星が衝突などによって破壊されたことが、太陽系に存在する小惑星の組成の違いの原因になっていると考えられている。金属質の小惑星は、古代の分化小惑星の核に由来し、岩石質の小惑星はマントルや地殻に由来すると考えられる。

もっとも、ベスタも太陽系形成期の姿のまま残っているわけではないと考えられている。ハッブル宇宙望遠鏡による観測により、ベスタが形成してから10億年ほど経った時期に作られたと考えられる、直径460kmのクレーター、レアシルヴィア(Rheasilvia)が南極に発見されている(さらに、ドーンによりレアシルヴィアに隣接してさらに古いクレーター、ヴェネネイア(Veneneia、直径395km)も発見されている)。このクレーターが他の小さなV型小惑星の起源になっているかもしれないと考えられており、(1929) コッラー (Kollaa) や (3850) ペルチャー (Peltier) などの小惑星がそのような天体の候補として挙がっている。また、1931年にチュニジアに落下したタタフィン隕石 (Tatahouine meteorite)、2003年にモロッコアルジェリアの国境付近で発見されたNWA 1929隕石もベスタ起源だとされている。

探査[編集]

2011年7月、アメリカ合衆国探査機ドーンがベスタへ接近して画像を撮影しており、7月16日にベスタの周回軌道に投入された。ドーンは2012年9月まで約一年にわたりベスタの観測を行った。

ベスタには多数のクレーターと共に、赤道周辺の溝状の地形などが発見されており、現在画像の解析が進められている。

2014年7月に発表された解析結果によれば、ベスタのモホロビチッチ不連続面は80kmよりも深いと報告している[1]。(これまでは深さ30km程度と考えられていた)

2014年11月には、ベスタの詳細な地質マップがNASAから公開された[2]

地形[編集]

2013年2月現在、レア・シルウィアにちなむレアシルヴィア(すでに命名されている小惑星 (87) シルヴィアと区別するために結合されている)を含む53個のクレーターがウェスタの処女にちなみ命名されている。レアシルヴィアは高さ22kmの中央丘を持つ。ベスタの3つ連なったクレーターにはNASAにより"snowman"(雪だるま)というニックネームが付けられたが、そのうち最大のものには正式に「マルキア (Marcia)」と命名された。

クレーター以外のトロス(ドーム状の山)、平原、カテナ(鎖状に連なったクレーター)などの地形は古代ローマ時代の都市や祭典から命名された[1]

なお、ハッブル宇宙望遠鏡で観測された暗色の地域には発見者にちなんで「オルバース地域(Olbers regio)」と仮命名されたが、2013年現在正式には命名されていない。

地形一覧[編集]

連鎖クレーター (Catena)[編集]

ベスタの連鎖クレーターの名は、古代ローマの都市や祭日にちなみ命名されている。。

地名 由来
アルバロンガ連鎖クレーター (Albalonga Catena) アルバ・ロンガ
ロビガリア連鎖クレーター (Robigalia Catena) ロビガリア

クレーター[編集]

ベスタのクレーターの名は、大半がウェスタの処女や古代ローマの貴婦人にちなみ命名されている。

地名 由来
アコニア (Aconia) アコニア・ファビア・パウリナ
アエリア (Aelia) アエリア・オクラタ
アルバナ (Albana) アルバナ
アルビア (Albia) アルビア・ドミニカ
アリィピア (Alypia) アリィピア
アンギオレッタ (Angioletta) アンギオレッタ・コラディニ
アントニア (Antonia) 小アントニア
アクイリア (Aquilia) ジュリア・アクイリア・セヴェラ
アッルンティア (Arruntia) アッルンティア
ベルリキア (Bellicia) ベルリキア
ブルッティア (Bruttia) ブルッティア・クリスピナ
カエソニア (Caesonia) アティア・バルバ・カエソニア
カルプルニア (Calpurnia) カルプルニア
カンヌティア (Cannutia) カンヌティア
カヌレイア (Canuleia) カヌレイア
カパルロニア (Caparronia) カパルロニア
チャリート (Charito) チャリート
クラウディア (Claudia) クラウディア
コエリア (Coelia) コエリア・コンコルディア
コルネリア (Cornelia) コルネリア
コスシニア (Cossinia) コスシニア
ドミティア (Domitia) ドミティア
ドムナ (Domna) ユリア・ドムナ
ドルシッラ (Drusilla) ユリア・ドルシッラ
エウマチア (Eumachia) エウマチア
エウセビア (Eusebia) エウセビア
エウトロピア (Eutropia) エウトロピア
ファビア (Fabia) ファビア
ファウスタ (Fausta) フラヴィア・マキシマ・ファウスタ
フラヴォラ (Flavola) フラヴォラ
フロロニア (Floronia) フロロニア
フォンテイア (Fonteia) フォンテイア
フルヴィア (Fulvia) フルウィア
フンダニア (Fundania) アンニア・フンダニア・ファウスティナ
ガレリア (Galeria) ガレリア・フンダナ
ゲガニア (Gegania) ゲガニア
グラエキナ (Graecina) ポムポニア・グラエキナ
ヘレナ (Helena) 聖ヘレナ
ヘレンニア (Herennia) ヘレンニア・エトルスキルラ
ホルテンシア (Hortensia) ホルテンシア
イウイニア (Iuinia) イウイニア
ジュスティナ (Justina) ジュスティナ
ラエリア (Laelia) ラエリア
ラエタ (Laeta) クロディア・ラエタ
ラウレンティア (Laurentia) アッカ・ラレンティア
レピダ (Lepida) レピダ
リキニア (Licinia) リキニア
ロリア (Lollia) ロリア・パウリナ
ロンギナ (Longina) ドミティア・ロンギナ
ルキルラ (Lucilla) アンニア・ルキルラ
マミリア (Mamilia) マミリア
マルキア (Marcia) マルキア
マリアムネ (Mariamne) マリアムネ1世
メトロドラ (Metrodora) クラウディア・メトロドラ
ミネルヴィナ (Minervina) ミネルヴィナ
ミヌキア (Minucia) ミヌキア
ミーイア (Myia) ミーイア
ヌミシア (Numisia) ヌミシア
オクキア (Occia) オクキア
オクタヴィア (Octavia) オクタヴィア
オプピア (Oppia) オプピア
パクルラ (Paculla) パクルラ・アンニア
パウリナ (Paulina) アウレリア・パウリナ
ペルペンニア (Perpennia) ペルペンニア
ピナリア (Pinaria) ピナリア
プラキディア (Placidia) ガッラ・プラキディア
プランキア (Plancia) プランキア・マグナ
プムポニア (Pomponia) プムポニア
プルティア (Portia) プルティア
プストゥミア (Postumia) プストゥミア
プブリキア (Publicia) フラヴィア・プブリキア
レアシルヴィア (Rheasilvia) レア・シルウィア
ルブリア (Rubria) ルブリア
ルフィリア (Rufillia) ルフィリア
スカンティア (Scantia) スカンティア
センティア (Sentia) アマエシア・センティア
セレナ (Floronia) セレナ
セヴェリナ (Severina) セヴェリナ
セクスティリア (Sextilia) セクスティリア
ソッシア (Sossia) ソッシア
タルペイア (Tarpeia) タルペイア
テイア (Teia) テイア・エウフロシイネ・ルッフィナ
トルクアタ (Torquata) トルクアタ
トゥクキア (Tuccia) トゥクキア
ウルビニア (Urbinia) ウルビニア
ヴルロニルラ (Varronilla) ヴルロニルラ
ベネネイア (Veneneia) ベネネイア
ヴェトテニア (Vettenia) ヴェトテニア
ヴィビディア (Vibidia) ヴィビディア

小さなドーム状の山 (Tholi)[編集]

ベスタの小さなドーム状の山の名は、古代ローマの都市や祭日にちなみ命名されている。

地名 由来
アリキア小さなドーム状の山 (Aricia Tholus) アリッチャ
ブルマリア小さなドーム状の山 (Brumalia Tholus) ブルマリア
ルカリア小さなドーム状の山 (Lucaria Tholus) ルカリア

尾根 (Dorsa)[編集]

ベスタの尾根の名は、古代ローマの都市や祭日にちなみ命名されている。

地名 由来
ラヴィニウム尾根 (Lavinium Dorsum) ラウィニウム
ネプチュナリア尾根 (Neptunalia Dorsa) ネプチュナリア
パリリア尾根 (Parilia Dorsa) パリリア

平原[編集]

ベスタの平原の名は、古代ローマの祭日にちなみ命名されている。

地名 由来
フェラリア平原 (Feralia Planitia) フェラリア

地溝帯 (Fossae)[編集]

ベスタの地溝帯の名は、古代ローマの祭日にちなみ命名されている。

地名 由来
ディヴァリア地溝帯 (Divalia Fossae) ディヴァリア
ルペルカーリア地溝帯 (Lupercalia Fossa) ルペルカーリア祭
サートゥルナーリア地溝帯 (Saturnalia Fossae) サートゥルナーリア祭

断崖[編集]

ベスタの断崖の名は、古代ローマの祭日にちなみ命名されている。

地名 由来
アゴニウム断崖 (Agonium Rupes) アゴニウム
マトロナリア断崖 (Matronalia Rupes) マトロナリア
パレンタティオ断崖 (Parentatio Rupes) パレンタティオ

大陸[編集]

ベスタの大陸の名は、古代ローマの祭日にちなみ命名されている。

地名 由来
ヴェスタリア大陸 (Vestalia Terra) ヴェスタリア

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “宇宙: ドーン探査機が照らし出すベスタの地殻マントル境界”. NATURE. (2014年7月17日). http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/54575 2014年7月21日閲覧。 
  2. ^ “Geologic Maps of Vesta from NASA’s Dawn Mission Published”. NASA. (2014年11月17日). http://www.nasa.gov/jpl/dawn/geologic-maps-of-vesta-from-nasa-dawn-mission-published/index.html 2014年7月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ジュノー (小惑星)
小惑星
ベスタ (小惑星)
次の小惑星:
アストラエア (小惑星)