ドミティア・ロンギナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミティア・ロンギナ
Domitia Longina
Domitia.JPG
胸像
続柄 ローマ皇后
出生 50年代前半
死去 120年代後半頃
配偶者 ルキウス・アエリウス・ラミア(en:Lucius Aelius Plautius Lamia Aelianus
  ドミティアヌス
子女 男児(名前不明)
父親 グナエウス・ドミティウス・コルブロ
母親 カッシア・ロンギナ
テンプレートを表示

ドミティア・ロンギナ(Domitia Longina、50年代前半 - 120年代後半頃)はローマ帝国の皇后。フラウィウス朝ローマ皇帝ドミティアヌスの妻であり、執政官も務めたグナエウス・ドミティウス・コルブロ将軍の末娘。ドミティアヌスと結婚するために、最初の夫のルキウス・アエリウス・ラミアとは71年に離婚している。ドミティアヌスとの間には一人だけ息子がいたが夭折しており、この83年の息子の死が夫婦の亀裂の原因だと信じられている。

ドミティアヌスが即位した81年から夫が暗殺される96年までローマ皇后であった。126年から130年の間に死んだとされている。

家族[編集]

ドミティア・ロンギナはグナエウス・ドミティウス・コルブロとカッシア・ロンギナの末娘として、50年から55年の間に生まれた[1]。母親の家系は初代皇帝アウグストゥスの直系であり、ドミティアはアウグストゥスの来孫(曾孫の孫)に当たる。そして、ユリウス家の血筋を残す、最後の末裔の一人であった。

父系の伯母にカリグラの皇后であるミロニア・カエソニアen:Milonia Caesonia)がいる。

姉のドミティア・コルブラ(en:Domitia Corbula)は元老院議員のルキウス・アニウス・ウィニキアヌスと結婚している。

父のコルブロは最も尊敬された将軍かつ元老院議員であった。カリグラ帝治世には執政官を務め、クラウディウス帝およびネロ帝の元で、ゲルマニアパルティアの軍事を指揮している[1]。しかし、ピソの陰謀en:Pisonian conspiracy)と呼ばれるネロへの反逆計画の陰謀者と家族との間に繋がりがあったため、同陰謀の発覚後失脚させられた。義息アニウス・ウィニキアヌスとアニウス・ポッリオが兄弟共に処刑された一方で、コルブロ自身は自殺を許された[2]

ドミティア自身のドミティアヌスと結婚以前については、70年までに元老院階級のルキウス・アエリウス・プラウティウス・ラミア・アエリアヌス(en:Lucius Aelius Plautius Lamia Aelianus)と結婚したことぐらいしかわかっていない[3]

ドミティアヌスとの結婚[編集]

ウェスパシアヌスとティテゥスの治世[編集]

ローレンス・アルマ=タデマ 『ティトゥスの凱旋』 1885年
構成によってティトゥス(左後方)とドミティア・ロンギナ(左、ドミティアヌスの隣)の不倫関係という噂をほのめかしている[4]

68年6月9日にネロが自殺し、ローマ帝国は四皇帝の年として知られる長い内戦の年に突入する。 ガルバオトウィテッリウスの3人が続けざまに蜂起しては失脚し、ウェスパシアヌスの即位でこの内戦は終結する。ウェスパシアヌスは帝国の平和を再度確立し、短期に終わるフラウィウス朝を創設する。71年にウェスパシアヌスは、息子のドミティアヌスと彼の兄の娘であるユリア・フラウィアとでの王朝的な近親婚の取り決めを試みる[5]。しかしこの頃には既に、ドミティアヌスはドミティア・ロンギナとの恋に落ちていた。そして、首尾よくラミアを説得して離婚させ、ドミティア・ロンギナと結婚した[5]。このような強引さにもかかわらず、この結婚は両家にとって名声を上げるものとなった。この結婚がコルブロ家の名誉を回復すると同時に、一方ではユリウス・クラウディウス朝の悪帝配下でのウェスパシアヌスの政治的成功を減少させるプロパガンダが広大に行なわれた。それどころかクラウディウス帝やその息子ブリタンニクスとの関係が目立たせられ、ネロによる犠牲者や他の方法でネロに不遇に扱われた人々が復権させられた。

ドミティアは73年に息子を出産するが、77から81年の間に夭折している。この子供の名前は伝わっておらず、またこの子の他にドミティアとドミティアヌスの子供は確認されていない[6]

この間に、ドミティアヌスのフラウィウス政府での役割は大部分として形式的なものになっていく。兄のティトゥスは父とほぼ同等の権力を共有する一方で、ドミティアヌスは栄光から離され責務はなくなった。この状態は、79年6月23日にティティスが皇帝としてウェスパシアヌスの後を継いだ時も変わりなく継続された。古代から近代に至るまでの執筆者たちはこうした状態について、兄弟に確執があったためではないかと考えている。80年、ティトゥスはドミティアの前夫であるアエリウス・ラミアに補充執政官資格を授ける。グセルによると、これはドミティアヌスを嫌った個人的な侮辱としてなされた[7]。ティティスがラミアに再び結婚する様に強く迫った違うおりに、ラミアは「彼も妻を捜している」かをどうか尋ねた[8]

81年9月13日、地位についてわずか2年程でティトゥスは熱病で急死する。彼の最後の言葉は、「私は、わずかに1つの間違いをした」であったと伝えられている[9]。当時の歴史家スエトニウスはドミティアヌスが兄の死に関与した疑いを推測している。その根拠はティティスはドミティアと不倫関係にあったと言う噂が当時広まっており、ティティスの最後の言葉はこの噂に起因しているというものである。しかしながら、スエトニウスでさえもこの話は余りに疑わしいとして退けている[9][6]

9月14日、元老院はドミティアヌスをティトゥスの後継者として承認し、護民官職権最高神祇官の地位、アウグストゥス国家の父の称号を授けた。その結果として、ドミティア・ロンギナはローマ皇后となった。

ローマ皇后として[編集]

彼の皇帝就任に引き続いて間もなく、ドミティアヌスは名誉称号のアウグスタをドミティアに贈っている。同時に、彼らの死んだ息子を神格化もしている。この両方は治世中ずっと、コインとして発行されている。にも関わらず、この結婚は、83年に重大な危機に直面する。ドミティアヌスはドミティアを少しの間追放し、そしてすぐに呼び戻している。追放の理由は愛が冷めたからなのか、姪のユリア・フラウィアと関係を持ち続けていたという噂からなのか、いずれにしてもわかっていない[10]。スエトニウスによると、ドミティアが追放されたのは、パリスと言う名の有名俳優(en:Paris (actor under Domitian))との不倫が理由である。事実かどうかは疑わしいが、不倫を知ったドミティアヌスはパリスを路上で殺して即座に妻と離婚したと伝えられている。さらにスエトニウスは、ドミティアが追放されるやいなやドミティアヌスはユリアを愛人にして彼女は後に中絶の失敗で死んだと付け加えている[11]

ドミティアヌス治世の83年に造幣されたアウレウス金貨。裏側にはアウグスタの称号と共にドミティアが刻まれている。

現代の歴史家はこの噂を非常に疑わしいと考えており、これらのストーリーの幾つかは暴君としてのドミティアヌスに有罪とされ、敵意を持った元老院議員の筆によって広められたと考えている。ドミティアが不貞を働いたとする悪意ある噂は、しきりに繰り返された。そしてこうした噂は、個人的には不摂生に更け、堕落した裁判所取り仕切っているにも関わらず、公然とアウグストゥスのモラルに回帰しろと説教する統治者の偽善性を強調するのが常である[12]

ドミティアヌスは妻を追放した。しかしジョーンズはドミティアヌスがそうしたのは、彼女が後継者造りに失敗したからという可能性が高いと、論じている[6]。それにもかかわらず、パリスとの姦通というドミティアに関する噂は、ドミティアヌス治世に十分流布した。そして彼は自身の結婚に向けられた侮辱的言動を軽はずみには取り合わなかった。ドミティアヌスの就任からそう間を置かずに、ティティス治世中以前の冗談によってアエリウス・ラミアは死を受けさせられる[13]。93年に、ヘルウィディウス・プリスクス(en:Helvidius Priscus)の息子は、ドミティアヌスと妻の別離を風刺した笑劇を創作したことによって処刑された。しかしながらユリアとの情事に関する様々な噂は、おそらくドミティアヌス治世以降の作家による創作のようである[14]。彼女は自然死であり、死後すぐにドミティアヌスによって神格化された[10]

84年にドミティアは皇宮に復帰する[15]。そこで彼女は何の事件もなしに残りのドミティアヌスの治世を送った[16]。ドミティアが皇后としてどのように活動し、そしてドミティアヌス治世においてどれほどの影響を震ったのかについてはほとんど伝わっていない。しかし彼女の役割は式典に出席することにほぼ限定されていたようである。スエトニウスによって、彼女は少なくとも劇場まで皇帝に付き添っていたことは伝わっている。また、ユダヤ教徒の作家フラウィウス・ヨセフスは彼が彼女から受けた義援金について記述している[17]

83年の危機にもかかわらず、彼らの関係は幸福であったようだ。ドミティアヌスは生涯、他の女性と結婚しなかった。

後年[編集]

96年9月18日、皇宮内での共謀によってドミティアヌスは暗殺される。彼の死体は普通の棺架にのせられて運び出された。乳母のフィリスが自宅で火葬したのち、遺灰をフラウィウス神殿へとこっそり持ち込み、姪のユリアの遺灰と混ぜて葬られた[18]。同日、ドミティアヌスの友人であり相談役でもあったマルクス・コッケイウス・ネルウァに皇位は引き継がれた。

古代の資料は、ドミティアが夫の暗殺に直接関与していた、または暗殺計画を前もって知っていたとして、暗殺を共謀していたことを示している。一世紀以上の後の歴史家であるカッシウス・ディオは、ドミティアはドミティアヌスが処刑するつもりである廷臣のリストを偶然発見しし、そしてドミティアヌスの高官であるパルテニウスに渡した、と主張している[19]。しかしながらこのストーリーはかなり疑わしく、コンモドゥスの暗殺と似ている物語はヘロディアヌス(en:Herodian)の作だと考えられている。

ジョーンズは証拠から、ドミティアはドミティアヌスの死後も依然として彼に献身的であったと考えている[17]。夫の暗殺から25年後、元老院によって夫の記録が抹消されているにも関わらず、彼女は自分を「ドミティア、ドミティアヌスの妻」と呼んでいた[17][20]

126年から140年の間に、ドミティアに献ぜられた神殿がガビィ(en:Gabii)に建立されている。彼女は穏やかに死んだ。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
1. アウグストゥス
(在位:前27年 - 後14年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大ユリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小ユリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大アグリッピナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィスティリア (en)
 
 
 
 
アメリア・レピダ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. カリグラ
(37年 - 41年)
 
カエソニア (en)
 
ポンポニウス・
セクンドゥス (en)
 
 
 
 
ユニウス・レピダ (en)
 
 
 
 
 
9. ウェスパシアヌス
(69年 - 79年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユリア・ドルシッラ
 
 
 
 
 
グナエウス・
ドミティウス・コルブロ
 
カッシア・ロンギナ
 
 
 
 
 
 
10. ティトゥス
(79年 - 81年)
 
小ドミティラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドミティア・
コルブラ (en)
 
L・アエリウス・
ラミア (en)
 
ドミティア・ロンギナ
 
11. ドミティアヌス
(81年 - 96年)
 
ユリア・フラウィア
 
聖ドミティラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
男児
 
 
 
ウェスパシアヌス
 
ドミティアヌス

後世の創作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Levick (2002), p. 200
  2. ^ Jones (1992), p. 34
  3. ^ Levick (2002), p. 201
  4. ^ The Triumph of Titus: an affair on painting”. societasviaromana.net (2007年9月12日). 2008年6月27日閲覧。
  5. ^ a b Jones (1992), p. 33
  6. ^ a b c Jones (1993), p. 36
  7. ^ Jones (1992), p. 20
  8. ^ Jones (1992), p. 184
  9. ^ a b Suetonius, Life of Titus 10
  10. ^ a b Jones (1992), p. 39
  11. ^ Suetonius, Life of Domitian 22
  12. ^ Levick (2002), p. 211
  13. ^ Jones (1992), p. 185
  14. ^ Jones (1992), p. 40
  15. ^ Varner (1995), p. 200
  16. ^ Jones (1992), pp. 34–35
  17. ^ a b c Jones (1992), p. 37
  18. ^ スエトニウス 8巻17節
  19. ^ Cassius Dio, Roman History LXVI.15
  20. ^ Also supported by Levick (p211), but disputed by Varner (p202)

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • Southern, Pat (1997). Domitian: Tragic Tyrant. London: Routledge. ISBN 0-415-16525-3. 

外部リンク[編集]

主要文献[編集]

二次資料[編集]

  • Lendering, Jona (2006年7月17日). “Domitia Longina”. Livius.org. 2008年6月26日閲覧。
  • Donahue, John (1997年10月10日). “Titus Flavius Domitianus (A.D. 81-96)”. De Imperatoribus Romanis: An Online Encyclopedia of Roman Rulers and their Families. 2007年2月10日閲覧。
先代:
ガレリア・フンダナ
ローマ皇后
81年 - 96年
次代:
ポンペイア・プロティナ