玄武岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玄武岩
 —  火成岩  —
玄武岩
玄武岩
構成物
主要構成物 輝石かんらん石斜長石
他構成物 磁鉄鉱
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
テンプレートを表示
火山岩のQAPF図;
Q:石英、A:アルカリ長石、P:斜長石、F:準長石

玄武岩(げんぶがん、: basalt[1])は、苦鉄質火山岩の一種。深成岩斑れい岩に対応する。

火成岩は全岩化学組成(特にSiO2の重量%)で分類され、そのうち玄武岩はSiO2が45 - 52%で斑状組織を有するもの。斑晶は肉眼で見えないほど小さい場合もある。肉眼での色はっぽいことが多いが、ものによっては灰色に見えることもあり、また含まれる鉄分酸化によって - 紫色のこともある。

成分・種類[編集]

斑晶および石基として、有色鉱物である輝石かんらん石無色鉱物である斜長石等を含む。アルカリ玄武岩にはケルスート閃石英語版金雲母を含むこともある。

玄武岩マグマを生じる上部マントル部分溶融英語版度が大きければソレアイト玄武岩tholeiitic basalt)、部分溶融度が小さければアルカリ玄武岩alkali basalt)となる。

化学組成[2]
成分 アルカリ玄武岩 洪水玄武岩 海洋島玄武岩 深海底玄武岩 島弧玄武岩
SiO2 45.4 50.01 50.51 50.68 51.9
TiO2 3.00 1.00 2.63 1.49 0.80
Al2O3 14.7 17.08 13.45 15.60 16.0
Cr2O3 - - - - -
Fe2O3 4.10 - 1.78 - -
FeO 9.20 10.01 9.59 9.85 9.56
MnO - 0.14 0.17 - 0.17
MgO 7.80 7.84 7.41 7.69 6.77
CaO 10.5 11.01 11.18 11.44 11.8
Na2O 3.00 2.44 2.28 2.66 2.42
K2O 1.00 0.27 0.49 0.17 0.44
P2O5 - 0.19 0.28 0.12 0.11
合計 98.7 99.99 99.77 99.70 100.0

生成する場所[編集]

玄武岩は地球表面で最も一般的に見られる岩石であるが、その生成する場所を列記する。玄武岩質溶岩は流動性が高く、高い火山噴火した場合遠くまで流れて溶岩流となり、平坦な場所で噴出すると平らな台地を形成する。

玄武岩には磁鉄鉱が含まれており、弱い磁気を帯びている。この磁気の方向は溶岩が冷えて固まる時の地磁気の影響を受けている。地磁気は平均すると数万年単位でNとSが入れ替わるので、玄武岩の磁気を測定すれば噴火時期特定の有力なデータとなる(古地磁気学参照)。

名前の由来[編集]

玄武洞(玄武洞公園内)

英語名 basalt の語源は、ギリシャ語basanos試金石の意味)に関係あるからとも、この岩石が豊富に産出されたヨルダン東部の地名 Bashan聖書ではオグ王国とされているところ)に由来し「Bashan の石」の意ともいわれている。

玄武岩の日本語訳は、兵庫県城崎温泉の近くにある玄武洞にちなんで小藤文次郎1884年明治17年)に命名したものである。玄武洞は約165万年前に噴火した溶岩流で、六角形柱状節理が見事な玄武岩の岩山にある洞窟。ちなみに玄武とは、中国神話方位を司る神(四神)のうち、北方に相当するが合体した神体で、黒色の意味もある。

用途・加工法[編集]

リラクゼーション行為の一つとして、玄武岩を使用したホットストーンという施術手法がある[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、26頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 国立天文台編 「おもな火成岩の化学組成」『理科年表 平成20年』 丸善2007年、631頁。ISBN 978-4-621-07902-7

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]