聖ヘレナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

聖ヘレナ(Helena、246年/250年 - 330年8月18日)は、古代ローマ帝国の皇后、コンスタンティヌス1世の母。キリスト教会の聖人。

概略[編集]

Cima da Conegliano筆の聖ヘレナ

生まれた場所に諸説あり、メソポタミアのカパル・パカルともエデッサともビテュニアともいわれる。身分は低く、セルビアのナイッススにあった旅館、または酒場で働いていたところを捕虜としてコンスタンティウス・クロルスの手に陥る。コンスタンティウスの妾(正妻ともいう)となり、274年にはコンスタンティヌスを生む。293年にコンスタンティウスがマクシミアヌス帝の娘フラウィア・マクシミアナ・テオドラと結婚するために政略的に離婚させられるが、306年にコンスタンティウス1世が死にヘレナの息子が副帝に任命されたことにより彼女の皇后としての地位が追認された。313年頃にキリスト教に改宗。その後は私財を投じて巡礼・慈善・教会建立の仕事をしてキリスト教のためにつくした。彼女が死んだ後にビテュニアのドレパヌムという街はヘレノポリスと名づけられた。

伝説・逸話[編集]

聖ヘレナの石棺(バチカン美術館蔵)
伝統的なブルガリアのイコンに描かれたヘレナ
  • 320年頃、ゴルゴタに巡礼し、キリストが磔になった十字架を発見した、とされる。伝説によればヘレナは息子のコンスタンティヌスに依頼されてこの地を訪れ、9月14日に探し出したという。このとき同じ場所で聖釘(キリストに打ち付けた釘)も見つかった[1]。聖釘と十字架の破片はモンツァ(イタリア)の博物館が所蔵している[2]。この十字架をめぐるヘレナの伝説は4世紀末にヨーロッパから起こった[3]
  • イエスの脇腹を刺したを発見[4]
  • イエス生誕に来訪し救世主として礼拝したという3人の博士(王)の遺骸を発見しコンスタンティノポリスに運び、ミラノ司教であった聖エウストルギウスに懇願されてこれらを贈与した[5]
  • 聖母マリアがイエスを産み落とす時に使った飼い葉桶のまぐさをローマに持ち帰った[6]
  • ヘレナがキリスト教に改宗したきっかけは、聖シルウェステルが異教徒との争論の際に示した奇跡のためであった[7]
  • ヘレナは自分がそのために離婚させられたテオドラの孫(ダルマティウスとユリウス・コンスタンティウスの息子たち)を憎み、彼女の存命中は宮廷から遠ざけた[8]
  • ヘレナはイギリス王の娘であったという伝説は、ジェフリー・オブ・モンマスによって広まる。

参考文献[編集]

  • Barnes, Timothy D. Constantine and Eusebius (CE in citations). Cambridge, MA: Harvard University Press, 1981. ISBN 978-0674165311
  • Barnes, Timothy D. The New Empire of Diocletian and Constantine (NE in citations). Cambridge, MA: Harvard University Press, 1982. ISBN 0783722214
  • Drijvers, Jan Willem. Helena Augusta: The Mother of Constantine the Great and her Finding of the True Cross. Leiden & New York: Brill Publishers, 1992.
  • Drijvers, Jan Willem. "Evelyn Waugh, Helena and the True Cross." Classics Ireland 7 (2000).
  • Elliott, T. G. "Constantine's Conversion: Do We Really Need It?" Phoenix 41 (1987): 420–438.
  • Elliott, T. G. "Eusebian Frauds in the "Vita Constantini"." Phoenix 45 (1991): 162–171.
  • Elliott, T. G. The Christianity of Constantine the Great . Scranton, PA: University of Scranton Press, 1996. ISBN 0-940866-59-5
  • Harbus, Antonia. Helena of Britain in Medieval Legend. Rochester, NY: D.S. Brewer, 2002.
  • Arnold Hugh Martin Jones|Jones, A.H.M. Constantine and the Conversion of Europe. Buffalo: University of Toronto Press, 1978
  • Hunt, E.D. Holy Land Pilgrimage in the Later Roman Empire: A.D. 312–460. Oxford: Clarendon Press, 1982.
  • Lenski, Noel. "The Reign of Constantine." In The Cambridge Companion to the Age of Constantine, edited by Noel Lenski, 59–90. New York: Cambridge University Press, 2006. Hardcover ISBN 0-521-81838-9 Paperback ISBN 0-521-52157-2
  • Lieu, Samuel N. C. and Dominic Montserrat. From Constantine to Julian: Pagan and Byzantine Views. New York: Routledge, 1996.
  • Mango, Cyril. "The Empress Helena, Helenopolis, Pylae." Travaux et Mémoires 12 (1994): 143–58.
  • Odahl, Charles Matson. Constantine and the Christian Empire. New York: Routledge, 2004.
  • Pohlsander, Hans. The Emperor Constantine. London & New York: Routledge, 2004. Hardcover ISBN 0-415-31937-4 Paperback ISBN 0-415-31938-2
  • Rodgers, Barbara Saylor. "The Metamorphosis of Constantine." The Classical Quarterly 39 (1989): 233–246.
  • Wright, David H. "The True Face of Constantine the Great." Dumbarton Oaks Papers 41 (1987): 493–507

日本語訳[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤコブス・デ・ウォラギネ 『黄金伝説2』 平凡社、2006年、P.211。
  2. ^ ヤコブス・デ・ウォラギネ 『黄金伝説4』 平凡社、2006年、P.467。
  3. ^ ヤコブス・デ・ウォラギネ 『黄金伝説2』 平凡社、2006年、P.211。
  4. ^ ヤコブス・デ・ウォラギネ 『黄金伝説1』 平凡社、2006年、P.504。
  5. ^ ヤコブス・デ・ウォラギネ 『黄金伝説1』 平凡社、2006年、P.237。
  6. ^ ヤコブス・デ・ウォラギネ 『黄金伝説1』 平凡社、2006年、P.111。
  7. ^ ヤコブス・デ・ウォラギネ 『黄金伝説1』 平凡社、2006年、P.199。
  8. ^ ブルクハルト 『コンスタンティヌス大帝の時代』 筑摩書房、2003年、P.407。
執筆の途中です この項目「聖ヘレナ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。