フラウィア・マクシミアナ・テオドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銅貨の表面にあしらわれたテオドラ(左)。裏面は一族の女神ピエタス(右)。

フラウィア・マクシミアナ・テオドラ(Flavia Maximiana Theodora, 生没年不詳)は、ローマ皇帝マクシミアヌスの義理の娘である。通常、単にテオドラと呼ばれる。

概要[編集]

実の両親はフラウィウス・アフラニウス・ハンニバリアヌスエウトロピア英語版。2人は283年以前には離婚しており、エウトロピアはのちにマクシミアヌスの妻となった。

実父のハンニバリアヌスは292年コンスルを務め、ディオクレティアヌスの治世ではプラエフェクトゥス・プラエトリオ(近衛隊長官)も務めた。

293年、テオドラはフラウィウス・ウァレリウス・ユリウス・コンスタンティウス(のちのコンスタンティウス・クロルス)と結婚する。コンスタンティウスは結婚を通して自身の政治的地位を高めていくことになる。

息子および娘[編集]

3人の息子と3人の娘がいた。