シルウェステル1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルウェステル1世
第33代 ローマ教皇
San Silvestro.JPG
シルウェステル1世の像
教皇就任 314年1月31日
教皇離任 335年12月31日
先代 ミルティアデス
次代 マルクス
個人情報
出生 ?
死去 335年12月31日
その他のシルウェステル

シルウェステル1世Papa Silvester / Sylvester I, ? - 335年12月31日)は、ローマ教皇(在位:314年1月31日 - 335年12月31日)。在位期間は21年11か月1日で、歴代教皇の中で8番目に長い在位期間をもつ。カトリック教会正教会聖人。カトリック教会での記念日は12月31日であるため西ヨーロッパでは12月31日を「シルヴェスター」等と呼称する地域もある。

正教会では聖神父ロマの「パパ」聖シルウェストルと呼ばれ、記憶日は1月2日(ユリウス暦を使用する正教会では1月15日に相当)[1]

ローマ帝国コンスタンティヌス1世に洗礼を施した教皇とされてきたが、現在ではこれは史実でなく、伝説であることがわかっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『正教改暦 2008年』日本ハリストス正教会教団発行

関連項目[編集]

参考文献[編集]