聖釘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

聖釘(せいてい)は、聖遺物のひとつで、イエス・キリストにされた際に手足に打ちつけられたであるとキリスト教内で言い伝えられているもの。

由来[編集]

伝えられるところによれば328年ごろ、コンスタンティヌス1世の母親ヘレナゴルゴダの丘の跡地、現在の聖墳墓教会付近で聖十字架とともに発見したとされる。

信仰の対象として各地のカトリック教会で祭られている。 カトリック百科事典によれば、世界中で祭られている聖釘は30本を下らないだろうと言われる。中でも最も有名なのは、いわゆる聖槍の中央部に針金で固定されているものである[要出典]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「聖釘」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。