ユリア・ドムナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリア・ドムナ

ユリア・ドムナラテン語: Julia Domna, 170年 - 217年)は、セウェルス朝の開祖であるセプティミウス・セウェルスの妻。カラカラプブリウス・セプティミウス・ゲタの母親でもある。セウェルス死後の皇帝家の陰の実力者として君臨した。

生涯[編集]

ユリアの家系はシリア古来のもので、エメサ(現在のホムス)にあった太陽神エル・ガバル(ヘリオガバルス)の神職を代々預かっており、エメサの町も支配する祭祀王の家系だった。父親はエル・ガバルの神官ユリウス・バッシアヌスで、姉にはユリア・マエサ、甥にはのちにローマ皇帝となるヘリオガバルスがいた。

180年代後半にセウェルスと結婚した。ガリア・ルグドゥネンシス属州総督だったセウェルスはユリア個人の人となりも彼女の家系がどのようなものかも知らず、ただ占星術で彼女が王になる人物と結婚するということを聞いてこの結婚を決めたという。しかし結果としては恵まれた結婚となり、186年にはカラカラを、189年にはゲタを生む。

皇帝の妃として[編集]

193年にセウェルスはいち早くローマに入り、皇帝として認定された。しかし彼にはまだペスケンニウス・ニゲルクロディウス・アルビヌスなど敵対する者がおり、セウェルスはこの敵と戦わなくてはならなかった。ローマに留まり夫の帰りを待つのが普通だった当時の女性とは違い、彼女はこの一連の軍事行動を夫とともにした。こうして皇帝である夫の陰での実力者として彼女は絶対的な政治力を持つようになった。

皇帝就任後もセウェルスは外征が多く、ローマで影響力を振るう彼女の存在を元老院には歓迎しなかった。彼女はさしたる理由もなく不義・国家反逆罪の咎で告発され、皇妃として彼女はこのような政敵と対峙せねばならなかった。しかしセウェルスは妻に対する態度を少しも変えることはなかった。

陰の実力者として[編集]

211年に夫セウェルスが没すると、ユリアは共同皇帝となった2人の息子・カラカラとゲタの調停者としての役割を担うようになる。セウェルスは2人の息子が協力して帝国の統治を担うことを願っていたが、カラカラとゲタは仲が非常に悪く、絶えず何かしら対立していた。そして同年12月にカラカラはゲタを殺害する。

しかし、その後もユリアは息子カラカラを支援、217年パルティア遠征にカラカラとともに出征する。しかし、この遠征中にカラカラはプラエフェクトゥス・プラエトリオであったマクリヌスによって暗殺され、ユリアも息子の後を追って自死した。

家族[編集]

関連項目[編集]