DNA (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DNA
55555 DNA
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 2001年12月9日
発見者 C. W. Juels
P. R. Holvorcem
軌道要素と性質
元期:TDB 2456400.5 (2013年4月18.0日)
軌道長半径 (a) 2.56361911(4) AU
近日点距離 (q) 2.2264554(3) AU
遠日点距離 (Q) 2.90048277(4) AU
離心率 (e) 0.1314848(1)
公転周期 (P) 1499.17822(3) 日
(4.10 年)
軌道傾斜角 (i) 014.637575(9) 度
近日点引数 (ω) 041.60409(6) 度
昇交点黄経 (Ω) 280.21941(4) 度
平均近点角 (M) 352.94211(5) 度
前回近日点通過 JED 2456429.8918(2)
(2013年5月17日)
次回近日点通過 JED 2457929.0690
(2017年6月24日)
物理的性質
絶対等級 (H) 13.364 ± 0.53268
別名称
別名称
55555
2001 YR2
1999 CX69
1972 RJ
■Project ■Template

DNA (55555 DNA) とは、小惑星帯に属する小惑星の1つ。

概要[編集]

DNA は、2001年12月9日に C. W. Juels と P. R. Holvorcem によってファウンテン・ヒルズで観測・発見された小惑星である。仮符号は 2001 YR2 であった。その後の観測データの調べによって、1999年に観測された 1999 CX691972年の 1972 RJ と同一である事が判明した。

2004年3月6日に、2001 YR2 は DNA という名称が付けられた。名称はデオキシリボ核酸に因んでいる。なお小惑星番号は55555番のゾロ目である。2013年現在、名称があるゾロ目番号の小惑星では最も大きな番号を持っている。

性質[編集]

DNA は絶対等級13.364等級の小惑星である。軌道長半径は2.564AUであり、公転周期は4.10年である。軌道離心率は0.131と比較的円形の軌道であり、近日点距離は2.226AU、遠日点距離は2.900AUである。

出典[編集]

関連項目[編集]


前の小惑星:
(55554) 2001 XY257
小惑星
DNA (小惑星)
次の小惑星:
(55556) 2001 YJ34