ロメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロメ
Lomé
Imagelomé20.jpg
ロメの市章
市章
位置
トーゴ内のロメの位置の位置図
トーゴ内のロメの位置
座標 : 北緯6度8分16秒 東経1度12分45秒 / 北緯6.13778度 東経1.21250度 / 6.13778; 1.21250
歴史
発見 18世紀
行政
トーゴの旗 トーゴ
  沿岸州
 市 ロメ
市長 Aouissi Lodé
地理
面積  
  市域 90 km2
標高 10 m
人口
人口 (2006年現在)
  市域 737,751人
その他
等時帯 グリニッジ標準時 (UTC+0)
夏時間 なし

ロメ(Lomé)は、トーゴの南西部に位置する首都。ロメとは現地語で「小さな市場」を意味する。

ロメはガーナとの国境に接しており、またギニア湾に面し、同国の中心となる港湾がある。ロメ港は水深が深く、また海流の関係で土砂が溜まりにくく浚渫の負担が少ないため、国内のみならずブルキナファソなど近隣各国からも物資が集まる。また、同国の工業の中心地となっている。主な輸出産品としてコーヒー豆ココアコプラパームヤシなどがある。

町は18世紀にエウェ人によって発見された。19世紀末期にはドイツの植民地となっていたが、1897年にトーゴ地域の首府がアネホからロメに移転した。そして、第一次世界大戦中の1914年フランス軍に占領されるまで、町の発展は続いた。

施設[編集]

ロメ大市場(2006年)

町の施設としては、ロメ大市場、トーゴ国立博物館ロメ大聖堂ロメ大学などがあり、また郊外には空港がある。

ロメ大市場[編集]

グラン・マルシェ(Lomé Grand Marché)とも呼ばれる市場。市場の街区多くは、2階建ての建物により構成されており、日用品など多様な商品が売買されている[1]。2013年1月11日、大規模な火災が発生し、ダメージを受けている[2]

ブードゥー教のグッズが売られている市場も有名で、伝統的な薬から、鳥の羽や動物の骨、魔力があると信じられているものすべてが売られている。

ブードゥー市場の商品

姉妹都市[編集]

出典[編集]

  1. ^ トーゴの主な観光地 日本トーゴ友好協会ホームページ(2013年1月13日閲覧)
  2. ^ “西アフリカ・トーゴの首都で大規模火災、市場が火の海に”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年1月12日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2920261/10088552?ctm_campaign=txt_topics 2013年1月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]