ヤウンデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤウンデ
Yaoundé
Cameroon-Yaounde01.jpg
ヤウンデの街並
位置
の位置図
座標 : 北緯3度52分 東経11度31分 / 北緯3.867度 東経11.517度 / 3.867; 11.517
行政
カメルーンの旗 カメルーン
  中央州
 市 ヤウンデ
地理
面積  
  市域 180km2
標高 750m(2500ft
人口
人口 (2005年現在)
  市域 1,430,000人
その他
等時帯 西アフリカ時間(WAT) (UTC+1

ヤウンデYaoundé)はカメルーン首都[1]中央州の州都。政治行政の中心地。

地理[編集]

カメルーン中南部に位置する[1]人口1,430,000人(2004年)で、ドゥアラにつぐカメルーン第2の規模を持つ都市である。標高700mを越える高原にあり、赤道近くとはいえ涼しく、また湿気が少なく過ごしやすい、いくつもの丘に囲まれた町である。商業上の首都と言えるドゥアラは西に279kmにあたる[1]1992年ヤウンデ新空港が開港した。

歴史[編集]

19世紀の終わり、1888年ドイツ人によって象牙貿易の拠点として建設された。第一次世界大戦中はベルギー軍に占領された。1922年年以降は第二次世界大戦中をのぞきフランス領カメルーンの首都となり、1960年の独立に伴ってそのままカメルーンの首都となって現在に至る。

産業[編集]

主な産業は煙草製造、石鹸などの日用品製造、陶器ならびにガラス製造、木材加工である。ヤウンデはコーヒーカカオコプラサトウキビゴムなどのプランテーションの中心地であり、カメルーン内陸部における物資の集散地である[1]

市場

教育[編集]

ヤウンデには1962年創立のヤウンデ大学がある。ヤウンデ大学は1993年ヤウンデ第一大学ヤウンデ第二大学に分割された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『コンサイス地名辞典 外国編』、三省堂、1977年7月、P1073。

関連項目[編集]