ドゥアラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥアラ
Douala
Le français de bonadjo.JPG
位置
の位置図
座標 : 北緯4度3分 東経9度42分 / 北緯4.050度 東経9.700度 / 4.050; 9.700
行政
カメルーンの旗 カメルーン
  リトラル州
 市 ドゥアラ
地理
面積  
  市域 210 km2
標高 13 m
人口
人口 (2012年現在)
  市域 2,450,000人
その他
等時帯 西アフリカ時間(WAT) (UTC+1)

ドゥアラ英語: Duala, フランス語: Douala)はカメルーン共和国最大の都市リトラル州の州都。大西洋ギニア湾に面し北西には4070mのカメルーン山が聳えている。人口約2,450,000人(2012年)で、周辺含め3百万人の都市圏を形成している。

商業上もっとも重要な都市である。空港ドゥアラ国際空港)やもあり、運輸上の中心であるとともにチャドからの輸送の中継地でもある。首都ヤウンデとは道路鉄道で結ばれている。ウーリ川にかかるボナベリ橋によって市内は二つに大きく分かれる。

ポルトガル人が1472年に開基して以来、奴隷貿易の中心として発達した。1884年グスタフ・ナハティガルがドゥアラにドイツを立て ドイツ保護領と宣言した。以降ドイツ保護領の一部となり、第一次世界大戦1919年以降は、フランス領カメルーンに属した。

ドゥアラ市とその周辺の地域ではバンツー語族に属するドゥアラ語が使われる。

交通[編集]

空港

港湾[編集]

ドゥアラ港は、隣の内陸国である中央アフリカの輸出入の75%が行われる港湾である[1]

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

出典[編集]

  1. ^ 中央アフリカ共和国・国道3号線舗装計画(外務省ホームページ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]