熱帯モンスーン気候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熱帯モンスーン気候 (Am) の分布図

熱帯モンスーン気候(ねったいモンスーンきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで熱帯に属する。記号はAm。Amのmはこの気候がAfとAwの間に位置することからドイツ語の「Mittelform」(中間)に由来し、モンスーンの頭文字ではない。このため、弱い乾季のある熱帯雨林気候と言い換えられることがある[1]

アリソフの気候区分における気候帯2-1.大陸性季節風気候に対応する[2]

特徴[編集]

赤道から北回帰線の間、モンスーンの影響を受ける海岸部に分布。雨季の雨量は熱帯雨林気候と変わらないが、モンスーンの影響による乾季があり多少乾燥する。植生はおもに落葉広葉樹からなる。アジアでは稲作が盛んで、他にはバナナなどの果物、サトウキビの栽培などが行われている。稲作中心の地域では人口密度が高くなっている。

条件[編集]

  • 最寒月平均気温が18℃以上(ヤシが生育できること)。
  • 年平均降水量が乾燥限界以上。
  • 最少雨月降水量が60mm未満かつ(100-0.04×年平均降水量)mm以上。

「最少雨月降水量が60mm未満かつ(100-0.04×年平均降水量)mm以上」という条件から「100-0.04×年平均降水量」の値は60未満である必要があるため、この気候に属する地域の年平均降水量は1,000mmを超えていることになる。また、年平均降水量が2500㎜以上の場合は、最少雨月降水量が0mmでもこの気候に分類されることになる。

分布[編集]

分布地域[編集]

赤道・低緯度地域に点々と分布する。熱帯雨林気候からサバナ気候への移行地域となる。

典型的な都市[編集]

雨温図[編集]

マイアミ
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
51
 
24
15
 
 
53
 
25
16
 
 
61
 
26
18
 
 
72
 
28
20
 
 
158
 
30
22
 
 
237
 
31
24
 
 
145
 
32
25
 
 
193
 
32
25
 
 
194
 
31
24
 
 
143
 
29
22
 
 
68
 
27
19
 
 
47
 
25
16
気温(°C
総降水量(mm)
出典:WMO
チッタゴン
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
5
 
26
13
 
 
28
 
28
15
 
 
64
 
31
19
 
 
150
 
32
23
 
 
264
 
32
24
 
 
533
 
31
25
 
 
597
 
30
25
 
 
518
 
30
24
 
 
320
 
31
24
 
 
180
 
31
23
 
 
56
 
29
18
 
 
15
 
26
14
気温(°C
総降水量(mm)
出典:BBC [1]
アビジャン
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
41
 
31
23
 
 
53
 
32
24
 
 
99
 
32
24
 
 
125
 
32
24
 
 
361
 
31
24
 
 
495
 
29
23
 
 
213
 
28
23
 
 
53
 
28
22
 
 
71
 
28
23
 
 
168
 
29
23
 
 
201
 
31
23
 
 
79
 
31
23
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[2]
マカパ
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
300
 
30
23
 
 
347
 
29
23
 
 
407
 
29
23
 
 
384
 
30
24
 
 
352
 
30
24
 
 
220
 
30
23
 
 
185
 
31
23
 
 
98
 
32
23
 
 
43
 
32
23
 
 
36
 
33
24
 
 
58
 
32
24
 
 
143
 
31
23
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[3] [4]

気候の特徴[編集]

乾季のパラワン島ヤシ
  • サバナ気候ほどではないが弱い乾季(雨のあまり降らない時期)がおこる。
  • 乾季には木が落葉して、下草雑草等)のみとなる[要検証 ]
  • 雨季の降水量は多く、多様な植物が生育する。
  • 熱帯雨林気候と同じく、午後はスコールの影響を受ける。

雨季と乾季は地域によって異なるがおおむね夏ごろに雨季、冬頃に乾季を迎える地域が多い。ミャンマー南部では涼季(11月 - 2月)・暑季(3月 - 4月)・雨季(4月 - 11月)の3つの季節があり涼季は低温少雨、暑季は高温多湿少雨、雨季は温暖多雨となる。タイ南部では乾季(11月 - 3月)・暑季(4月)・雨季(5月 - 10月)の3つの季節があり乾季は低温少雨、暑季は高温、雨季は多雨となる。オーストラリア北東部のケアンズ周辺では乾季(4月 - 11月)・雨季(11月 - 3月)に分かれ乾季は温暖少雨で晩秋から春にあたり、雨季は高温多雨多湿で夏から初秋にあたる。

また、集中豪雨が多い地域でもある。西インド諸島にあるフランス領の島・グアドループでは、1970年11月26日に1分間で38mm(仮にこの雨が1時間降り続ければ2,250mm - 2,310mmで、沖縄県那覇市の年間降水量を超える)という猛烈に激しい雨を観測した。また、インド洋のマスカリン諸島にあるフランス領のレユニオン島では、1952年3月15日から16日に24時間で1,870mm(日本記録は徳島県上那賀町海川で観測された1,317mm)という豪雨を観測している。これら2つの降水量はいずれも世界記録となっている[3]

土壌と植生の特徴[編集]

ラトソル赤色土が多い。湿地や低地など水が溜まる場所には灰色土褐色土グライなどを含む土が分布しているほか東南アジアやオセアニアなどの火山地域では火山灰なども多く含まれている。

乾季の乾燥のため、乾燥に強い落葉広葉樹林(雨緑林)が多く分布する。また雨季には鬱蒼とした湿原、乾季には枯れ草の多い草原となる地域もある。

産業の特徴・その他[編集]

東南アジアやマダガスカルでは、雨季に稲作を行う。地域によっては、水を確保するためにため池や棚田などが作られている。稲作に適さない地域やアフリカ・アメリカでは雨季を中心にバナナゴムトウモロコシサトウキビ、その他の熱帯農産物が生産されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 帝国書院編集部 編(2008):27ページ
  2. ^ 矢澤(1989):354ページ
  3. ^ ウィキペディア日本語版「降水量2007年8月15日(水) 09:20の版

参考文献[編集]