ベンゲラ海流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベンゲラ海流(ベンゲラかいりゅう)とは南大西洋アフリカ西岸を北上する海流。はっきりとした海流の特性を示すのはアフリカ南端から北緯17、18度までで、幅数百kmにわたると考えられている。その影響は南赤道海流への移行域付近にまで及ぶ。この海流域ではないし南東の風が卓越するので、表層水沖合いに押しやられ、沿岸域では中層(水深数百m)から湧昇が起こる。このため、表層水は低温で栄養分に富み、プランクトンなどの生物が豊富である。一方で、寒流であるため上昇気流が発生しにくく、大気が安定した状態となるため沿岸部には雨をもたらさず、陸上には典型的な西岸砂漠であるナミブ砂漠が形成されている。絶滅危惧種ミナミアフリカオオタカモドキが近くに生息している。

関連項目[編集]