太平洋ゴミベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巨大ごみ海域は、五大海洋循環の一つである北太平洋循環の内側にある。

太平洋ゴミベルト(たいへいようゴミベルト、英語:Great Pacific Garbage Patch)は、北太平洋の中央(およそ西経135度から155度、北緯35度から42度の範囲[1])に漂う海洋ごみの海域である。浮遊したプラスチックなどの破片が北太平洋循環の海流に閉ざされ、異常に集中しているのが特徴の海域である。

同様の海域は大西洋にもある。en:North Atlantic Garbage Patchを参照[2][3]

定義[編集]

太平洋ゴミベルトの存在は、アメリカ海洋大気庁が1988年に公開した文書で予測されている。1985年から1988年の間アラスカの研究者によって得られた水表プラスチック粒子の測定の結果に基づいて予測された。[4]。この研究は、特定の海流のパターンに支配されている地域に高濃度の海洋ごみが集まることを示していた。研究者らは日本海の調査結果に基づき、類似した状況が太平洋の他の部分で起こると仮定し、特に北太平洋環流を指摘した[5]

北太平洋におけるゴミの集積については、Wakataら(1990) が船の偏流データを用いて[6]、また久保田雅久(1994)が現場観測データにより推定されるエクマン流地衡流ストークスドリフトを用いて明らかにした[7]。また、同様な集積域が世界中の海域にも存在することをKubotaら(2005)は人工衛星データから推定した海洋の流れを用いて示している[8]

ごみ域の存在は、カリフォルニアを拠点とする船長で海洋研究家でもあるチャールズ・ムーアの論文により、広く衆目と科学的な注目を集めた。ムーアは、トランスパシフィック・ヨットレースに参加したあとの北太平洋環流を帰る途中に、莫大な漂流ごみの広がりを目の当たりにした。ムーアは海洋学者のCurtis Ebbesmeyerにこの海域へ注意をはらうよう促した。Ebbesmeyerは後にこの海域を"Eastern Garbage Patch" (EGP)と命名した人物である[9] The area is frequently featured in media reports as an exceptional example of marine pollution.[10]

形成[編集]

世界の他の海洋ごみが集中する地域と同様に、太平洋ゴミベルトは主に海上の風系によって生じるエクマン収束によって形成される。しかしながら、黒潮続流北太平洋海流と言った地衡流にともなう収束発散の影響も受け、実際のゴミの分布はかなり非一様である。ハワイ付近のゴミの集積域についてのメカニズムはKubota(1994)によって、亜熱帯高圧帯と密接に関連していることが明らかにされている。 北太平洋環流によって描かれる渦模様は、北太平洋の両端(北アメリカと日本沖の近海)から廃棄物を引き込む。この動きが非常に高い濃度の海洋ごみをこの地域に生じさせた。

汚染物質の原因[編集]

チャールズ・ムーアはごみの80%は陸上からのもので、20%は船舶由来のものであると見積もっている[11]。彼はごみの破片は海流によってアジアの東海岸から循環の中央へ一年以内に運ばれ、また北アメリカからの破片は五年ほどで運ばれると述べている[11]

海洋における合成樹脂の光分解[編集]

太平洋ゴミベルトでは、最高レベルではないとしても、高濃度のプラスチック微粒子が海水の上層部に漂っている。結果として、海面におけるプラスチックの光分解の影響を研究するのに適した海域になっている[12]生分解される破片とは異なり、光分解性プラスチックは、重合体であり続けながら、小片にまで崩壊して小さくなってゆく。そしてその崩壊は分子レベルにまで継続してゆく。

野生生物への影響[編集]

このコアホウドリのひなは、親鳥によりプラスチックを与えられ、それを吐き出すことができなかった。そして飢えか窒息により死亡した。

浮かんでいる粒子は動物プランクトンに似ており、それがクラゲに誤食されることで海洋食物連鎖に入る。2001年にそこから採ったサンプルでは、プラスチックの質量が(この地域の最有力な動物である)動物性プランクトンの7倍を上回った。これら長く残る欠片の多くが、クロアシアホウドリなどの海鳥やウミガメなどの海洋生物の胃に行き着く[13][14]。野生生物による誤飲や魚網に絡まってしまう問題の他に、浮遊する小片は、PCBsDDTPAHsを含む残留性有機汚染物質を海水から吸収する[15]。毒性作用に加え[16]、摂取された物質の一部は脳にエストラジオールと間違えられ、影響を受けた野生生物のホルモンを撹乱させる[14]

脚注[編集]

  1. ^ Dautel, Susan L. "Transoceanic Trash: International and United States Strategies for the Great Pacific Garbage Patch," 3 Golden Gate U. Envtl. L.J. 181 (2009)
  2. ^ Lovett, Richard A.. “Huge Garbage Patch Found in Atlantic Too”. National Geographic News. National Geographic Society. 2010年3月2日閲覧。
  3. ^ Victoria Gill (2010年2月24日). “Plastic rubbish blights Atlantic Ocean”. BBC. http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/8534052.stm 2010年3月16日閲覧。 
  4. ^ Day, Robert H.; Shaw, David G.; Ignell, Steven E. (4), Quantitative distribution and characteristics of neustonic plastic in the North Pacific Ocean. Final Report to US Department of Commerce, National Marine Fisheries Service, Auke Bay Laboratory. Auke Bay, AK (1988発行), pp. 247–266, http://swfsc.noaa.gov/publications/TM/SWFSC/NOAA-TM-NMFS-SWFSC-154_P247.PDF 
  5. ^ "After entering the ocean, however, neuston plastic is redistributed by currents and winds. For example, plastic entering the ocean in Japan is moved eastward by the Subarctic Current (in Subarctic Water) and the Kuroshio (in Transitional Water, Kawai 1972; Favorite et al. 1976; Nagata et al. 1986). In this way, the plastic is transported from high-density areas to low-density areas. In addition to this eastward movement, Ekman stress from winds tends to move surface waters from the subarctic and the subtropics toward the Transitional Water mass as a whole (see Roden 1970: fig. 5). Because of the convergent nature of this Ekman flow, densities tend to be high in Transitional Water. In addition, the generally convergent nature of water in the North Pacific Central Gyre (Masuzawa 1972) should result in high densities there also." Day, etc... 1988, p. 261 (Emphasis added)
  6. ^ Wakata, Y. and Y. Sugimori(1990):Lagrangian motions and global density distribution of floating matter in the ocean simulated using ship data, J. Phys. Oceanogr., 20, 125-138.
  7. ^ Kubota, M.(1994): A mechanism for the accumulation of floating marine debris north of Hawaii, J. Phys. Oceanogr., 24, 1059-1064.
  8. ^ Kubota, M., K. Takayama, and D. Namimoto(2005): pleading for the use of biodegradable polymers in favor of marine environments and to avoid ab asbestos-like problem for the future, Appl. Mecrobiol. Ciotechnol., 67, 469-476..
  9. ^ Moore, Charles (November 2003). Across the Pacific Ocean, plastics, plastics, everywhere. Natural History Magazine. http://www.mindfully.org/Plastic/Ocean/Moore-Trashed-PacificNov03.htm 
  10. ^ Berton, Justin (2007年10月19日). “Continent-size toxic stew of plastic trash fouling swath of Pacific Ocean”. San Francisco Chronicle (San Francisco: Hearst): pp. W–8. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2007/10/19/SS6JS8RH0.DTL 2007年10月22日閲覧。 
  11. ^ a b “Garbage Mass Is Growing in the Pacific”. National Public Radio. (2008年3月28日). http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=89099470 
  12. ^ Thompson, Richard C. (7 May 2004), “Lost at Sea: Where Is All the Plastic?,”, Science 304 (5672): 843, doi:10.1126/science.1094559, http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/304/5672/838/DC1 2008年7月19日閲覧。 
  13. ^ Moore, Charles (2003年11月). “Across the Pacific Ocean, plastics, plastics, everywhere”. Natural History Magazine. http://www.naturalhistorymag.com/1103/1103_feature.html 
  14. ^ a b Moore, Charles (2002年10月2日). “Great Pacific Garbage Patch”. Santa Barbara News-Press. http://www.mindfully.org/Plastic/Ocean/Pacific-Garbage-Patch27oct02.htm 
  15. ^ Rios, L.M.; Moore, C. and Jones, P.R. (2007). “Persistent organic pollutants carried by Synthetic polymers in the ocean environment”. Marine Pollution Bulletin 54: 1230–1237. doi:10.1016/j.marpolbul.2007.03.022. 
  16. ^ Tanabe, S.; Watanabe, M., Minh, T.B., Kunisue, T., Nakanishi, S., Ono, H. and Tanaka, H. (2004). “PCDDs, PCDFs, and coplanar PCBs in albatross from the North Pacific and Southern Oceans: Levels, patterns, and toxicological implications”. Environmental Science & Technology 38: 403–413. doi:10.1021/es034966x. 

文献[編集]

  • Oliver J. Dameron, Michael Parke, Mark A. Albins and Russell Brainard (April 2007). "Marine debris accumulation in the Northwestern Hawaiian Islands: An examination of rates and processes", Marine Pollution Bulletin 54 (4), 423-433.
  • Floating plastic in the Kuroshio Current area, western North Pacific Ocean — Rei Yamashita and Atsushi Tanimura [Marine Pollution Bulletin; volume 54, issue 4, pages 485-488 (2007)]
  • Movement and accumulation of floating marine debris simulated by surface currents derived from satellite data — Masahisa Kubota, Katsumi Takayama and Noriyuki Horii [School of Marine Science and Technology, Tokai University (2000)]
  • Pelagic plastics and other seaborne persistent synthetic debris — M R Gregory and P G Ryan [Marine Debris: Sources, Impacts, Solutions; pages 49-66 — J M Coe and D B Rogers (1997)]
  • A comparison of plastic and plankton in the North Pacific Central Gyre — Charles J Moore, Shelly L Moore, Molly K Leecaster and Stephen B Weisberg
  • Density of plastic particles found in zooplankton trawls from coastal waters of California to the North Pacific Central Gyre — Charles J Moore, Gwen L Lattin and Ann F Zellers
  • The quantitative distribution and characteristics of neuston plastic in the North Pacific Ocean, 1984-1988 — R H Day, D G Shaw and S E Ignell (1988)
  • Thomas Morton, ‘Oh, This is Great, Humans Have Finally Ruined the Ocean’, Vice Magazine, Vol. 6, No. 2 (2007), pp. 78-81.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]