残留性有機汚染物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

残留性有機汚染物質(ざんりゅうせいゆうきおせんぶっしつ)(Persistent Organic Pollutants、POPs)とは、自然に分解されにくく生物濃縮によって人体や生態系に害をおよぼす有機物のこと。物質によっては使用されたことのない地域でも検出されることがあり広範囲に影響をおよぼす可能性がある。

ダイオキシン類ポリ塩化ビフェニル(PCB)・DDTなどがこの物質にあたる。

定義[編集]

POPs(ポップス)は、

  1. 環境中で分解しにくい(難分解性)
  2. 食物連鎖などで生物の体内に蓄積しやすい(高蓄積性)
  3. 長距離を移動して、極地などに蓄積しやすい(長距離移動性)
  4. 人の健康や生態系に対し有害性がある(毒性

概要[編集]

経済発展のために多種の有機化合物を合成し、多様な側面で利用可能な化学物質は日常生活の中で使用されてきた。それらの化学物質は、より安定性を追求して作り出されたため、自然環境の中には存在しない有機物が多く、分解されずに残留する性質を持つ。また、半揮発性の性質が多く、空中に拡散して国境を越え降下する。この運動を繰り返すことで汚染物質は極地に集約される。最大の特徴は、脂肪に溶けやすく生物の脂肪に濃縮されやすいため、食物連鎖の高次にある生物ほど深刻な有害性がある。

国内において発生する問題のみならず、地球環境問題であることから予防的取組として、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)にて国際的なPOPsの廃絶、削除等を行う枠組みが設けられた。 [1]

POPs条約の規制[編集]

製造・使用の原則禁止(付属書A)
製造・使用の原則制限(付属書B)
  • DDT (殺虫剤)
  • PFOSとその塩、PFOSF(PFOSについては半導体用途等における製造・使用等の禁止の除外を規定) 
非意図的生成物質の排出の削減(付属書C)

※HCB、PeCB、PCBは附属書Aと重複

EUの規制[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]