再生可能資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

再生可能資源(さいせいかのうしげん)とは、自然のプロセスにより、人間などの利用速度以上に補給される天然資源のことである。

太陽光線潮汐といった永続的な資源は、利用可能量以上に使用してしまう危険はない。 一方で再生可能資源には、酸素淡水木材バイオマスも含まれている。しかし、これらは環境の補給能力以上に使用すれば再生不可能燃料となりうる。例えば地下水は、持続可能な使用量以上に使用することがありうる。

関連項目[編集]