モザンビーク海流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モザンビーク海流(モザンビークかいりゅう、: Mozambique Current)とは南赤道海流の一部がアフリカ東岸で南に向きを変え、マダガスカル島とアフリカとの間にあるモザンビーク海峡を南下する強い海流。この海流の南部は特に強く、アガラス海流の別名がある。インド洋の海流は一般に季節変化が著しいが、この海流は年間を通じて優勢である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]