赤道潜流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界の主な海流暖流は赤、寒流は青)

赤道潜流(せきどうせんりゅう、: Equatorial Undercurrent[1])とは、赤道付近で西向きに流れている北赤道海流南赤道海流の直下で、東へと流れている海流のこと。この海流は、1952年タウンゼント・クロムウェル英語版が発見したことにより、日本語でもクロムウェル海流: Cromwell current)と表記されることが多い。

水深100m以上の位置で流れ、幅200~300km、長さ数千km、最大流速が秒速150cm(時速5.4km)に達し、流量が毎秒4,000万tと見積もられる大海流である。この流量はミシシッピ川のおよそ1,000倍にもなり、1964年ギネスブックにも登録された。

潜流(せんりゅう、: submarine riversundercurrent[1])は、海洋学において比較的新しい分野であり、不明な点が多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 文部省編 『学術用語集 海洋学編』 日本学術振興会1981年ISBN 4-8181-8154-4

関連項目[編集]