サー・シウサガル・ラングーラム国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・シウサガル・ラングーラム国際空港
Sir Seewoosagur Ramgoolam International Airport
Aéroport de maurice.JPG
IATA: MRUICAO: FIMP
概要
空港種別 公共
運営者 Airports of Mauritius Co. Ltd.
供給都市 ポートルイス
所在地 Plaine Magnien
拠点航空会社 モーリシャス航空
標高 186 ft / 57 m
座標 南緯20度25分48秒 東経57度40分59秒 / 南緯20.43000度 東経57.68306度 / -20.43000; 57.68306
ウェブサイト 公式ウェブサイト (英語)
滑走路
方向 全長 表面
m ft
14/32 3,370×45 11,056 舗装
出典 : DAFIF[1][2]

サー・シウサガル・ラングーラム国際空港: Sir Seewoosagur Ramgoolam International Airport)は、モーリシャス首都ポートルイスの南東 48kmにある国際空港である。名称はモーリシャスの初代首相・シウサガル・ラングーラムにちなむ。

3,370m滑走路1本を有する。

歴史[編集]

モーリシャス島で最初の飛行場は、イギリス植民地時代の1942年マエブール近郊に完成した。当初は軍用としての供用が主だったが第二次世界大戦後に民間に開放、その後航空需要の拡大と飛行機の大型化・ジェット化に合わせて1972年に現在の空港が供用開始となった。その後1983年に拡張工事を行い、現在ターミナルビルを改築中(2013年1月完成予定)。

就航路線[編集]

航空会社 就航地
エール・オーストラル サン=ドニ、サン=ピエール
エールフランス パリ/ドゴール
マダガスカル航空 アンタナナリボ
モーリシャス航空 バンガロール、ケープタウンチェンナイデリーダーバンフランクフルトジュネーヴ北京/首都 [3]上海/浦東香港ヨハネスブルククアラルンプールロンドン/ヒースロー、マドリード(季節運航便)、メルボルンミラノムンバイミュンヘンナイロビ、パリ/ドゴール、パース、ロドリゲス、サン=ドニ、サン=ピエール、シンガポールシドニー
セーシェル航空 マヘ
ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ヒースロー
ブリティッシュ・エアウェイズ
運航は、Comair
ヨハネスブルク
Catovair ロドリゲス
Condor Flugdienst フランクフルト
コルセールフライ リヨンパリ/オルリー、マルセイユ
エミレーツ航空 ドバイ
Kulula.com ヨハネスブルク
メリディアナ
運航はユーロフライ
ミラノ、ローマ、マヘ
南アフリカ航空 ヨハネスブルク
ヴァージン・アトランティック航空 ロンドン/ヒースロー(季節運航便)

脚注[編集]

外部リンク[編集]