ジョコ・ウィドド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョコ・ウィドド
Joko Widodo
Presiden Jokowi.jpg

任期 2014年10月20日

任期 2012年10月15日 – 2014年10月16日

任期 2005年7月28日 – 2012年10月1日

出生 1961年6月21日(53歳)
インドネシアの旗 インドネシア 中部ジャワ州スラカルタ
政党 闘争民主党
配偶者 イリアナ・ウィドド
署名 Sign Joko Widodo.png

ジョコ・ウィドドインドネシア語: Ir. H. Joko Widodo1961年6月21日 - )は、インドネシア政治家。第7代大統領。元ジャカルタ特別州知事。闘争民主党(PDI-P)に所属。通称ジョコウィ

来歴[編集]

スラカルタ市の貧しい大工の父のもとで育ち、家業を手伝いながら国立ガジャマダ大学林学部を卒業し、木工業会社に勤務後、家具製造輸出業を経営[1]

2005年スラカルタ(通称ソロ)市長に就任。7年務めた後、2012年に首都ジャカルタ特別州知事に就任。

2014年7月9日に投票が行われたインドネシア大統領選挙に出馬。選挙戦では政治変革や汚職撲滅を公約に掲げ、スハルト元大統領の娘婿のプラボウォ・スビアントインドネシア語版元陸軍戦略予備軍司令官との一騎打ちを制して7月22日に選挙管理委員会より当選が発表された[2][3]

2014年10月20日、第7代大統領に就任。当初、国民議会(下院)はプラボウォ率いる野党勢力・メラプティ連合が過半数を占めていたため、政権運営は難航すると見られていた[4]。しかし、議会ポストを巡り対立しメラプティ連合を離脱した開発統一党がジョコ派に回り、議会勢力が均衡状態となったため政権運営に支障は出ないとされる[5]

州知事時代[編集]

2012年11月、低所得者向けの無料医療サービス制度・ジャカルタ保健カード制度を導入。低所得層が医療サービスを受けられるようになった一方、医療機関の負担が増加し、州財政への負担も大きいと批判を受けた[6]

2013年、老朽化した公営市場を改修し、露天を強制撤去し公営市場へと移転させ再開発を進めた[7]。また、スラムの拡大を防ぐためのカンプンクム(スラム)再生計画を実施。州政府と民間企業が費用を負担し住宅を建設し、スラム住民に引き渡した[8]

2014年2月12日、局長8人を含む州政府幹部26人の更迭を行い、人事を刷新。汚職疑惑の浮上していた幹部や人事評価に基づく能力の低い幹部を、閑職の知事開発促進チームに配属した[9]

大統領時代[編集]

海洋国家構想[編集]

外国依存からの脱却を目指す「海洋国家構想」を掲げている[10]。構想の柱として、「海洋資源の活用」「ジャワ島のインフラ整備」「造船・観光業の振興」「領海内の違法漁業の取り締まり強化」「海軍力の増強」などを打ち出している[11]

ジョコは構想の実現に向け、就任間もない2014年11月4日に、港湾整備や土地整備を優先するためにインフラ整備の優先順位を見直すと発表。スシロ・バンバン・ユドヨノ政権時代に延期になっていたスンダ海峡大橋の建設計画を凍結した[12]。また、財政赤字の原因となっている燃料価格の補助金を減額し、インフラ整備のための資金を確保するため、11月18日に燃料価格の30%引き上げを発表した[13]

また、構想の実現に必要な海洋資源の確保のため、領海内での違法操業の取り締まりを強化。2014年12月5日にベトナムの違法漁船3隻を爆破し、12月8日には中国の違法漁船22隻を拿捕した[14]。周辺国からは強硬策を緩和するように要請を受けているが、ジョコは今後も必要に応じて漁船の爆破などの取り締まりを行うとしている[15]

外交[編集]

2014年11月9日、APEC首脳会議に出席し、中国の習近平国家主席と会談。中国が主導するアジアインフラ投資銀行への参加を表明した[16]。インドネシアにとって中国は最大の貿易相手国であり、中国からの投資も増加しており、ジョコは「海洋国家構想」実現のため中国との関係強化を目指している[15]。その一方、中国との南シナ海領有権問題については対話での解決を第一とする反面、軍事力強化のため2019年までに国防費を年間200億ドルに拡大するとしている[17]。また、中国船による違法操業についても爆破を含む強硬な取り締まり姿勢を見せている[15]

11月10日には日本の安倍晋三内閣総理大臣と会談し、海洋協力のための事務レベル協議を立ち上げることで一致した[18]

11月13日、ASEAN首脳会議に出席し、インドのナレンドラ・モディ首相と会談。石炭の輸出入や防衛産業の協力強化について協議した[19]

人物[編集]

妻イリアナとの間に子供が3人いる[20]。庶民派で知られ[21]、渋滞対策などに積極的に取り組む姿勢が支持を受け2014年大統領選に出馬した。国政経験がなく、それまで無名に近い存在だったことから、同様の境遇だったアメリカのバラク・オバマ大統領と比較されることが多い[22]

趣味は歌唱で、レッド・ツェッペリンメタリカナパーム・デスフィア・ファクトリーラム・オブ・ゴッドが好きなバンドとして挙げられている[23]

年譜[編集]

  • 1961年6月 - スラカルタ(通称ソロ)で生れる。ティルトヨソ・ソロ第111小学校、ソロ第1中学校卒業、ソロ第6高等学校卒業。
  • 1985年 - ガジャマダ大学林学部卒業。
  • 1990年 - ソロ小規模産業開発協同組合設立。
  • 1992年 - スラカルタ商工会議所鉱業・エネルギー部長(〜1996年)。
  • 2002年 - スラカルタ・インドネシア家具・手工芸産業協会理事長(〜2007年)。
  • 2005年 - スラカルタ(通称ソロ)市長(2期)。
  • 2012年 - ジャカルタ特別州知事。
  • 2014年 - インドネシア大統領に当選。10月20日、第7代大統領に就任。

脚注[編集]

  1. ^ Owen.(2012).p23.およびp.165.
  2. ^ “貧困家庭出身の知事、大統領に…インドネシア初”. 読売新聞. (2014年7月22日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20140722-OYT1T50110.html 2014年7月22日閲覧。 
  3. ^ “インドネシア大統領選、ジョコ・ウィドド氏が当選”. 朝日新聞. (2014年7月22日). http://www.asahi.com/articles/ASG7Q62LDG7QUHBI029.html 2014年7月22日閲覧。 
  4. ^ “インドネシア:ジョコ新大統領が就任”. 毎日新聞. (2014年10月20日). http://mainichi.jp/select/news/20141020k0000e030132000c.html 2014年10月20日閲覧。 
  5. ^ “国会勢力均衡で和解 ジョコウィ氏とプラボウォ氏 あさっての就任式目前”. じゃかるた新聞. (2014年10月18日). http://www.jakartashimbun.com/free/detail/20970.html 2014年12月31日閲覧。 
  6. ^ “庶民支持、病院悲鳴 国民皆保健制度の試金石も 首都無料医療制度”. じゃかるた新聞. (2013年5月22日). http://www.jakartashimbun.com/free/detail/11214.html 2015年1月2日閲覧。 
  7. ^ “「露天商の総本山」落城か 撤去、移転以外の選択なし タナアバン”. じゃかるた新聞. (2013年8月15日). http://jakartashimbun.com/free/detail/12717.html 2014年12月31日閲覧。 
  8. ^ “【ジャカルタフォーカス】流入と密集の首都 「スラム」再生計画”. じゃかるた新聞. (2013年8月27日). http://jakartashimbun.com/free/detail/12913.html 2014年12月31日閲覧。 
  9. ^ “ジョコウィ知事大なた 8局長ら管理職26人更迭”. じゃかるた新聞. (2014年2月14日). http://www.jakartashimbun.com/free/detail/16235.html 2014年12月31日閲覧。 
  10. ^ “インドネシア・ジョコ大統領就任 外国依存脱却を強調”. 日本経済新聞. (2014年10月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM2001C_Q4A021C1FF8000/ 2014年12月30日閲覧。 
  11. ^ “インドネシア大統領 「平和で安全な海域に」/インド洋・太平洋「海洋国家構想」提唱/東アジア首脳会議”. しんぶん赤旗. (2014年11月16日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-16/2014111606_01_1.html 2014年12月30日閲覧。 
  12. ^ “インフラ事業を再検討 スンダ海峡大橋を凍結 港湾・食糧自給を優先”. じゃかるた新聞. (2014年11月5日). http://www.jakartashimbun.com/free/detail/21286.html 2014年12月31日閲覧。 
  13. ^ “インドネシア、燃料値上げ-補助金圧縮で財政赤字削減図る”. ロイター. (2014年12月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NF7P2E6KLVR801.html 2014年12月30日閲覧。 
  14. ^ “インドネシア、海洋権益保護へ中国船22隻拿捕 ベトナム船“爆破”も「ショック療法」”. 産経ニュース (産経新聞). (2014年12月14日). http://www.sankei.com/world/news/141214/wor1412140003-n1.html 2015年1月7日閲覧。 
  15. ^ a b c “中国密漁船を破壊せよ インドネシアの選択”. newsweek. (2015年1月6日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/01/post-3507_1.php 2015年1月7日閲覧。 
  16. ^ “〈APEC〉習主席とインドネシアのジョコ大統領が会談”. 中華網. (2014年11月9日). http://japanese.china.com/news/china/politics/317/20141109/201985.html 2014年12月30日閲覧。 
  17. ^ “インドネシアが国防費拡大の可能性、背景に中国への警戒感”. ロイター. (2014年12月10日). http://jp.reuters.com/article/idJPKBN0JO06F20141210 2014年12月30日閲覧。 
  18. ^ “日・インドネシア首脳会談”. 外務省. (2014年11月10日). http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea2/id/page3_001001.html 2014年12月30日閲覧。 
  19. ^ “初の国際舞台で政策説明 印豪NZ首脳とも会談 ジョコウィ大統領”. じゃかるた新聞. (2014年11月17日). http://www.jakartashimbun.com/free/detail/21521.html 2014年12月31日閲覧。 
  20. ^ Owen.(2012).p22.
  21. ^ A.Yogaswara.et.al.(2012).p.199.
  22. ^ “インドネシア新大統領に求められる大胆さ”. 日本経済新聞. (2014年10月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79090120Q4A031C1000000/ 2014年12月30日閲覧。 
  23. ^ Owen.(2012).p165.

参考文献[編集]

  • Owen Putra. Si Nyentrik yang Disukai:Jokowi. Gramedia Pustaka Utama. Jakarta. 2012.
  • A.Yogaswara, Aref Rahmat, Rudy Rahman Hakim. Jokowi-Ahok. Pemimpin yang "Biasa-biasa Saja".MedPress.Yogyakarta.2012.
先代:
ファウジ・ボウォ
Jakarta COA.svg ジャカルタ特別州知事
第15代:2012年 - 2014年
次代:
バスキ・プルナマ