ハイレ・セラシエ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイレ・セラシエ1世
ቀዳማዊ፡ኃይለ፡ሥላሴ
エチオピア皇帝
Selassie.jpg
在位 1930年11月2日 - 1974年9月12日
戴冠 1930年11月2日
全名 ラス・タファリ・マコンネン
出生 1892年7月23日
Flag of Ethiopia (1897-1936; 1941-1974).svg エチオピア帝国エジェルサゴロ
死去 1975年8月27日(満83歳没)
エチオピアの旗 エチオピアアディスアベバ
埋葬 2000年
エチオピアの旗 エチオピアアディスアベバ至聖三者大聖堂
配偶者 メネン・アスファウ
子女 ロマネウォルク
テナグネウォルク
アスファ・ウォッセン
ゼネベウォルク
ツェハイ
マコンネン
サーレ・セラシエ
王朝 ソロモン朝
父親 ラス・マコンネン・ウォルデミカエル・グデッサ
母親 ウェイゼロ・イェシメベット・アリ・アバジファル
宗教 エチオピア正教会
テンプレートを表示
1930年タイムの表紙
伝統的な戦士の服を着たハイレ・セラシエ1世

ハイレ・セラシエ1世ቀዳማዊ፡ኃይለ፡ሥላሴ, Haile Selassie I, 1892年7月23日 - 1975年8月27日)は、エチオピア帝国最後の皇帝(在位:1930年11月2日戴冠式が行われた月日) - 1974年9月12日)。

生涯[編集]

幼年期[編集]

エチオピア南部のショア地方の貴族の子として生まれる。血縁上はアドワの戦いで名を馳せた英雄メネリク2世の従兄弟の子にあたる。幼少の頃より聡明で、若くして各地の州知事を歴任した。記憶力が非常に優れており、晩年に至っても重要事項について全てを暗記していて、メモの類を一切必要としなかったという逸話が残っている。

摂政[編集]

1916年クーデター後、メネリク2世の娘で女帝として即位したザウディトゥ皇太子摂政となり、実権を掌握する。

1924年4月にはヨーロッパ外遊。エチオピアの国際連盟加盟を実現した。当時エチオピアに影響力のあったイタリア王国イギリスフランスに対抗するため、アメリカ合衆国日本に接近した。

皇帝即位[編集]

ザウディトゥの死後、1930年4月にエチオピア帝国皇帝に即位し、同年11月2日戴冠式が行われた[1]1931年7月16日大日本帝国憲法を範とし、7章55条から成るエチオピア帝国初の成文憲法たる「エチオピア1931年憲法英語版」を制定した[2][3]。しかしながら、社会体制そのものの改革には手をつけず、ゲベレと呼ばれる小作地制度も温存された。

1934年の「ワルワル事件」を経て1935年10月3日ファシスト党ベニート・ムッソリーニ率いるイタリア王国が「アドワの報復」を掲げてエチオピアに進攻、第二次エチオピア戦争が勃発した。翌1936年3月のマイチァウの戦いでイタリア軍は毒ガスを用いて帝国親衛隊を含むエチオピア軍を壊滅させる。その後、皇帝ハイレ・セラシエ1世は5月2日鉄道ジブチに向かい、ジブチを経由してイギリスロンドン亡命した。その間首都アディスアベバ5月5日に陥落した[4]

1936年から1941年までのエチオピアはイタリア領東アフリカ帝国としてファシスト・イタリアに統治された。1939年第二次世界大戦勃発後、東アフリカ戦線 (第二次世界大戦)英語版にて枢軸国イタリア軍連合国イギリス軍の激戦を経て、1941年にエチオピアはイギリス軍に解放され、5月5日に皇帝ハイレ・セラシエ1世は凱旋帰国した。

独裁[編集]

1945年第二次世界大戦終結後は、冷戦構造の中で親欧米政策を採りながらも、汎アフリカ主義を主導し、反面、ソビエト連邦に接近して経済援助を得るなどの優れたバランス感覚を発揮、1963年アフリカ統一機構(OAU、現在のアフリカ連合)設置に寄与した。内政面では憲法改正、軍の近代化などの改革を行うが、依然として皇帝独裁を続け、旧体制を維持したため、経済面は発展せず、富裕層の腐敗が進んで国民の生活は悪化の一途を辿り、1960年代の国民一人当たりの年間所得は平均わずか70ドルという世界最貧国の一つに転落するなどさまざまな矛盾を国内に生み出していた。1960年には、皇太子アスファを擁立した陸軍近衛部隊のクーデター未遂事件が発生する。

なかんずく、1970年頃からの深刻な飢饉と、スエズ運河閉鎖による原油価格高騰から来るインフレの悪化は国民生活を苦しめ、一部支配層の農作物の隠匿から餓死者が農村部で増加するなど、エチオピア社会は大混乱となったが、皇帝は何ら対応策を取らず、逆に飢饉を隠蔽するなど、国際社会の非難を浴びた。

1973年以降、ストライキやデモが頻発し、エリトリアでは内戦が発生し、事態は悪化の一途を辿った。折悪しくも、皇帝が宮殿内に飼育しているペットのライオンに肉を与えている写真が発表され、深刻な食糧難に苦しむ国民を激怒させた。1973年9月には皇帝の孫イスカンデル・テスタ海軍副総督が、銃を突きつけて退位を迫る事件が起こり、皇帝の権威は政府内部でも著しく低下した。

退位・死去[編集]

1974年には皇帝自身による不正が発覚するなど、国内におけるカリスマ性は地に堕ち、同年2月には軍が反乱を起こし、帝政打倒の声が高まった。皇帝はエンデルカチュ・マコンネンを首相に任命し、立憲君主制への移行や土地改革などを公約するが、時すでに遅く、民衆によるゼネスト、デモ、若手将校を中心とする改革集団「軍部調整委員会」の成立、軍部による政府要人の拘束などが公然と行われた。

そんな騒然とした雰囲気の1974年9月2日早朝、皇帝はアディスアベバの宮殿内で陸軍のクーデターにより逮捕・廃位され、拘禁中の1975年に死去(メンギスツに暗殺されたという説もある。また、1997年には、廃位直後に射殺されたと発表された)。

死後[編集]

長らく遺骨は行方不明であったが、メンギスツ政権崩壊後の1992年に旧宮殿敷地内から発掘され、2000年にアディスアベバの至聖三者大聖堂内の墓地に埋葬された。

なお、息子のアスファは妹等と共にアメリカのニューヨーク州に逃れ、慎ましく過ごすこととなり、1989年には皇帝アムハ・セラシエ1世を称したが、1997年にバージニア州で死去している。アスファの息子ゼラ・ヤコブは現在、エチオピアのアディスアベバに戻って居住している。

ラスタファリアン[編集]

ハイレ・セラシエ1世はジャマイカを中心とする黒人運動、ラスタファリ運動において、ヤハウェジャー)の化身であり、地上における三位一体の一部であると信じられている。

1927年、ジャマイカの汎アフリカ主義運動家、マーカス・ガーヴィーが「黒人の王が即位する時のアフリカを見よ。その人こそ救世主となるだろう。」と予言したため、その3年後に即位したハイレ・セラシエ1世は南北アメリカ大陸の黒人達から、アフリカ大陸を統一し、離散した黒人のアフリカ帰還を告げる救世主として崇められるようになった。ハイレ・セラシエ1世は即位前の名をラス・タファリ・マッコウネンと言い、この名前を取って崇拝者たちのことをラスタファリアンと呼ぶ。レゲエボブ・マーリーを始めとしたジャマイカの音楽家にはラスタファリアンも多かった。

1966年にハイレ・セラシエ1世がジャマイカを訪れたときには民衆の熱狂的な歓迎を受け、皇帝自身が動揺するほどだった。

エチオピア南部の街シャシャマネのマルカウォディャ地区には、皇帝からその地を与えられたジャマイカ移民約200人が、エチオピア人のラスタファリアン約200人と共に住んでいる。

日本に関するエピソード[編集]

1955年(昭和30年)11月皇太子だった明仁親王(当時)との会談
1956年11月19日の来日時、羽田空港昭和天皇に出迎えられるハイレ・セラシエ

1934年に甥であるアラヤ・アベベ皇太子と、当時イタリアと同盟関係にあった日本の黒田広志子爵の次女雅子との縁談があったが、エチオピアを狙うベニート・ムッソリーニの干渉により破談になった。皇帝自身は1956年に来日している。

画像[編集]

ハイレ・セラシエ1世までの系譜[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 岡倉登志『エチオピアの歴史』明石書店、東京、1999年10月20日、初版第一刷発行、163-164頁。
  2. ^ 岡倉登志北川勝彦『日本 - アフリカ交流史――明治期から第二次世界大戦まで』同文館、東京、1993年10月15日初版発行、58-59頁。
  3. ^ 古川哲史「結びつく二つの「帝国」――大正期から昭和初期にかけて」『エチオピアを知るための50章』岡倉登志編著、明石書店〈エリア・スタディーズ68〉、東京、2007年12月25日、初版第1刷、302-303頁。
  4. ^ 岡倉登志『エチオピアの歴史』明石書店、東京、1999年10月20日、初版第一刷発行、207-229頁。

参考文献[編集]

伝記(日本語訳)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ハイレ・セラシエ1世

1892年7月23日 - 1975年8月27日

爵位
先代:
ザウディトゥ
Flag of Ethiopia (1897-1936; 1941-1974).svg エチオピア帝国皇帝
1930 - 1974
次代:
(君主制廃止)
先代:
(君主制廃止)
Flag of Ethiopia (1897-1936; 1941-1974).svg エチオピア帝国皇帝
-名義上-
1974 - 1975
次代:
アムハ・セラシエ1世
外交職
先代:
(新設)
ジョセフ・アンクラ
アフリカ統一機構議長
初代:1963 - 1964
第5代:1966 - 1967
次代:
ガマール・アブドゥン=ナーセル
モブツ・セセ・セコ