シウサガル・ラングーラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1962年、イスラエルロッド空港ベングリオン首相に迎えられるラングーラム

シウサガル・ラングーラム(Seewoosagur Ramgoolam、ヒンディー語:शिवसागर रामगुलाम 1900年9月18日 - 1985年12月15日)は、モーリシャス初代首相。在任1968年-1982年

人物[編集]

モーリシャス労働党党首として独立運動を展開し、独立後は初代首相となる。住民の多数を占めるインド系(印僑)の出身。砂糖産業の不振で27%という高失業率に悩む経済を救うため、工業化を推進。とくに繊維産業が成長し、モーリシャス経済が発展するきっかけを作った。

現在のナヴィン・ラングーラム首相は息子である。

関連項目[編集]


公職
先代:
(建国)
モーリシャスの旗 モーリシャス首相
初代:1968 - 1982
次代:
アヌルード・ジュグノート
外交職
先代:
イディ・アミン
アフリカ統一機構議長
第15代:1976 - 1977
次代:
オマール・ボンゴ・オンディンバ