テオドロ・オビアン・ンゲマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオドロ・オビアン・ンゲマ・ンバソゴ
Teodoro Obiang Nguema Mbasogo
Teodoro Obiang detail, 1650FRP051.jpg
2008年撮影

任期 1979年8月3日

アフリカ連合
第9代総会議長
任期 2011年1月31日2012年1月29日

出生 1942年6月5日(71歳)
スペイン領ギニア・アコアカン
政党 赤道ギニア民主党
配偶者 コンスタンシア・マンゲ・デ・オビアン

テオドロ・オビアン・ンゲマ・ムバソゴTeodoro Obiang Nguema Mbasogo, 1942年6月5日 - )は、赤道ギニア政治家。現在、同国大統領(第2代)。赤道ギニア民主党の指導者。名前のカタカナ表記は、ンゲマヌゲマムバソゴンバソゴとも表記する。アフリカ連合総会議長(第9代)などを歴任した。

経歴[編集]

スペインの士官学校で学び、母国で大佐になった。1979年8月、叔父であるマシアス・ンゲマ大統領の独裁政権をクーデターで倒し、軍事政権を打ち立て、自らその議長として国家元首(最高軍事評議会議長)に就任した(同年10月には大統領就任)。政権奪取後は事実上の独裁体制をしき、1982年に民政移管などを定めた新憲法を採択させたが、クーデター未遂がたびたび発生した。

1987年に自らの一党独裁の政権党として赤道ギニア民主党(以下PDGE)結成。民主化を要求するスペインフランスアメリカ合衆国の圧力を受け1991年11月、複数政党制を認めた新憲法が国民投票で承認されたが、大統領の免責規定などに野党勢力は反発して1993年の総選挙は野党の大半がボイコットする中、PDGEが大勝。1996年2月の大統領選も野党はボイコットし、ンゲマが得票率99%で4選、2002年12月で5選、2009年11月は得票率96.7%で6選した。現在でも強権支配を続けている。2011年8月にリビアのカダフィ政権が崩壊し、1969年以来政権を維持してきたカダフィ大佐が権力を失ったため、世界最長の政権を率いる人物となった(君主は除く)。2011年1月にはアフリカ連合総会議長に就任、1年間の任期を務めた。

外部リンク[編集]


公職
先代:
マシアス・ンゲマ
赤道ギニアの旗 赤道ギニア共和国大統領
第2代:1979 -
次代:
(現職)
外交職
先代:
ビング・ワ・ムタリカ
アフリカ連合総会議長
第9代:2011 - 2012
次代:
ヤイ・ボニ