ポール・カガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・カガメ
Paul Kagame
Kagame1.jpg

任期 2000年4月22日

出生 1957年10月23日(56歳)
ギタラマ県(現南部州
ルハンゴ郡
政党 ルワンダ愛国戦線 (RPF)
配偶者 ジャネット・ニラモンギ
カガメとウォルフォウィッツ世界銀行前総裁

ポール・カガメPaul Kagame, 1957年10月23日 - )は、ルワンダ共和国政治家軍人。現在、同国大統領ルワンダ愛国戦線の最高指導者。ベルギー領ルアンダ=ウルンディのギタラマ県ルハンゴ出身[1]ツチ系。

少数派のツチが権力を掌握していたルワンダでツチとベルギー当局との関係悪化に伴い1960年に多数派のフツ万聖節の騒乱英語版を起こし、カガメは家族と共にウガンダ西部トロのカフンゲ難民キャンプで過ごし、ナタレ学園で学んだ[2]1979年ヨウェリ・ムセベニ率いる国民抵抗運動/軍 (NRM/A) に参加しウガンダのオボテ独裁政権の打倒を目差してゲリラ闘争を行う。1986年にオボテに代わったティトー・オケロを逐ってムセベニ政権が誕生すると、カガメは国民抵抗軍(勝利により事実上のウガンダ軍となる)の情報部長官に就任し、公的にも一時ムセベニ大統領の側近となった。

1990年10月、ウガンダに拠点を置く反政府ゲリラ組織ルワンダ愛国戦線 (RPF) がルワンダを越境攻撃し北部を制圧。その頃カガメは米国レブンワース基地アメリカ陸軍指揮幕僚大学で軍事訓練を受け、後にRPF最高司令官となる。当時のジュベナール・ハビャリマナ政権をフランスベルギーなどが支援し、戦闘は膠着状態に。長期に渡る和平交渉を経て、1993年に和平が成立。しかし1994年にハビャリマナ大統領と隣国ブルンジンタリャミラ大統領が搭乗する航空機が撃墜され死亡すると、政府軍及びフツ強硬派民兵インテラハムウェによるツチなどへのジェノサイドが発生、推計で約80万人が死亡した。するとカガメ率いるRPFはツチ保護を名目に全土を制圧し、フツのパストゥール・ビジムング英語版を大統領とする新政権を発足。カガメは副大統領兼国防相に就任し、事実上政権を掌握し、軍事的にも同国に強大な影響力を保った。

1998年2月、カガメは正式にRPFの代表となり、2000年にビジムング大統領が辞任したことを受け、副大統領であったカガメが同年3月24日に暫定政権大統領に就任、4月22日に正式な大統領となった。2003年8月25日1994年以来はじめて実施された大統領選挙にて約95%の得票率で当選し、同年9月12日に就任した。2010年の大統領選挙でも再選されている。

脚註[編集]

  1. ^ PERSONAL PROFILE”. Official Website of the Government of Rwanda. 2008年5月1日閲覧。
  2. ^ "President attends Ntare School day", State House, Repubric of Uganda, 2004年9月18日。


公職
先代:
パステール・ビジムング英語版
ルワンダの旗 ルワンダ共和国大統領
第5代:2000 -
次代:
(現職)
先代:
(創設)
ルワンダの旗 ルワンダ共和国副大統領
1994 - 2000
次代:
(廃止)
先代:
オーギュスタン・ビジマナ英語版
ルワンダの旗 ルワンダ共和国国防大臣
1994 - 2000
次代:
エマニュエル・ハビャリマナ英語版