小売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
商品が並ぶスーパーマーケット内部

小売(こうり、retail、リテール)とは、生産者(メーカー)や卸売業者から買った(仕入れた)商品を、最終消費者に売ること。小売を行う業者小売業者(リテーラー)と呼ぶ。

概要[編集]

小売業態では、顧客が求める物品を扱うことはもちろんのこと、買物に来た顧客への利便性の提供や商品の性質や品質を知るための情報提供(情報発信拠点)も行い、それらサービスの対価も物品の販売価格に上乗せされる形となる。このため、廉価に販売する業態ではセルフサービスの導入で価格を下げる一方、それほど値引きはしないが品質維持に注力したりアフターサービスなど付加価値サービスを提供するなどの差別化戦略を展開している業者もあり、そのいずれもが商品を消費者に提供する流通の最後の段階を担っている。

小売という表現は、生産者側や問屋・卸売り側ではロットパレットないしカートン(輸送用ののような容器を基準とする単位)などのある程度のまとまった流通単位でやり取りされているのとは異なり、各々の消費者向けに最小単位(単体の製品)に「小分け」して販売することを意味している。

なお産業革命以降の製造業(メーカー)は大量生産で廉価に安定した品質の商品を広く大衆にも供給しているが、直接的に商品が消費者に販売されるのは小売業者の店頭などである。通信販売では商店と顧客を仲立ちする宅配便郵便を介在させるが、いずれにせよ直接消費者と接するのは小売業者である。このため、消費者の動向や意向を把握したい製造業では、この小売業者に接触してこれらの情報を得ようとする活動(マーケティングの一種)も見られる。

小売業の分類方法[編集]

  • 業種: 扱う商品や仕入れ先の卸売業者による分類である。
  • 業態: 顧客のセグメントやその来店頻度による分類である。

なお、証券コード協議会における業種分類では、一般的な物品の小売(物販)業のほか、レストラン居酒屋などの飲食店ファストフードチェーンといった外食産業も、小売業として分類されている。特にチェーン展開する外食産業の場合、立地戦略など小売業と共通する部分も多いので、ここでは基本的に物販と外食産業の両方を含む説明とする。

小売業の立地[編集]

出店形態[編集]

出店地区[編集]

小売業の業態・販売品目[編集]

※外食産業を除く

ほか

小売業の経営・運営形態[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]