古着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古着(ふるぎ、こぎ)とは、過去に着用されたことのある服飾品が回収され、古着業者により分別や選別がなされて製品化され、再び市場に出回る物の総称である。古手とも。

概要[編集]

衣服の再利用は古くからあり、繊維製品が貴重な時代には衣服は最終的にはに還元され、古布として再び衣服や他の布製品に加工して再利用された。

日本では近世に古着問屋が発達。着物から洋服へと服飾文化が大きく変わった現代でもそのマーケットは大きく、世界中からバイヤーを通じて様々な古着が輸入、または輸出されている。おもな輸入先はアメリカ合衆国である。

代表的な古着にはジーンズが挙げられる。古着のジーンズは価格帯が非常に広く、安いもので百円単位から、高いものでは100万円以上となる。色落ち、くたびれ具合、ステッチの形など、様々な面で価格が変化し、それが世界的にも貴重な形などであると、そのような値段になる。

近年では革製品の古着や、元々ブランド品であった物の古着などがよく出回っており、市場価格の1割から3割程度で購入できる。また、中にはアウトレット品やデッドストックといった新古品を多く扱っている古着商も見受けられる。

ジーンズに限らず、スウェットなど、古着に魅力を感じる人間は多い。一方で一頃のブームも落ち着き、市場規模は比較的安定していると言われる。

都圏における主な古着のマーケット[編集]

など。

東京以外の主な古着マーケット[編集]

関連項目[編集]