売店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

売店(ばいてん)とは、商品を売る店舗を指し、もっぱら商品売買を主目的としない施設の一角に併設される店舗を呼称する際に使用する。ゆえに小規模なスペースの店舗である場合が多い。

売店がある場所[編集]

売店で扱う商品[編集]

売店に於ける販売用新聞陳列の例
小学校の「購買室」

売店と呼ばれる店舗では、売店の置かれる施設利用者が必要とされる商品に特化して、狭い空間に陳列し販売する。特にそのほとんどの売店では、昼食等に利用してもらうために食料品飲料が売られている。加えて、施設内で唯一金銭の授受をする場所である理由から、納入窓口としての役割を持つこともある。なお、福利厚生目的の構内売店の場合、市価より安く販売されている場合が多い。軍事基地内にあるPXは、消費税付加価値税)や酒税などが免税となっている。

以下に特色のある販売商品を設置される施設ごとに列挙する。

  • 駅・列車・空港・船舶 - 新聞雑誌土産
  • 遊園地・サービスエリア・ドライブイン・道の駅 - 土産
  • 病院 - 下着テレフォンカード・テレビ視聴カード
  • 市町村役場 - 収入印紙収入証紙
  • 学校 - 文具ネクタイや校章襟章など制服の小物、各種検定料納入窓口(小学校の場合、名札・体操服などは取り扱う指定の店で買うようになっている)
  • 軍事基地・駐屯地 - 制服・戦闘服・戦闘用(=個人武器)以外の装備品・日用雑貨・電化製品などの生活用品
  • 警察本部・消防本部 - 業務関連書籍(大手書店でなければ扱わないような専門書や昇進試験の参考書など。アメリカ合衆国の警察では、日常職務に使う警察バッジまで買えて、また帯革やホルスターなどは形状が服制に合えばメーカーは問われない場合がほとんど)
    • 警察本部など制限区域内にある売店でも、所定の手続きをすれば(売店へ行きたい旨申請する旨を申告して許可を得た上で)部外者でも購入することも可能である。これは、売店において関連商品などの「お土産」を販売しているためである。ただし、一部商品は部外者への販売が制限される場合がある。
  • 競技場 - スポーツ関連グッズ、スポーツ新聞

コンビニエンスストア[編集]

施設にコンビニエンスストアを開設・営業する例や、近隣のコンビニエンスストアが施設と密着の形で売店の役割をする例もある。

鉄道駅空港病院官公庁学校テーマパーク楽屋裏、また競技場に設置されている例も多く、取り扱い商品などでそのほとんどが売店の発展系といえる部分もある。既存の売店をコンビニエンスストアに業態変更、または既存のコンビニエンスストアに統合する例もある。

列車[編集]

在来線[編集]

  • 国鉄(現:JR)の優等列車における売店は、1958年に特急あさかぜ』が20系客車化された際に、3等車(現:普通車)であるナハ20に設けられ、以降『さくら』・『はやぶさ』・『みずほ』が20系客車化された際にも3等車であるナハフ21に設けられた。1960年に『はつかり』がキハ81系化された際には、先頭車であるキハ81に売店が設けられ、1号車・10号車の両先頭車で営業を行った。特急列車に売店が設けられた理由は、特急用車両は側窓は開かない事に加えて、当時の食堂車の位置が2等車→1等車(現:グリーン車A寝台車)寄りに連結されていたため、食堂車から遠い車両の乗客の便宜を図って設置された。またキハ81については、1号車の乗客が1等車を通らずに手軽に食事が食べられるように設置された。
  • また、中央本線の急行『アルプス』ではビュフエ車の他にも、一部列車ではビュフエ車の代わりに、車内の一部を売店にしたサハ164が連結されて売店営業を行った。道内特急用に製造されたキハ183系では、食堂車が連結されない代わりに、グリーン車であるキロ182の一部を車販準備室兼売店にした。また、東京発着のブルートレインにおいても、1991年から1993年にかけて食堂営業から食堂車を使用しての売店営業に変更された。これらは食堂車の要員不足や合理化などで供食設備を食堂・ビュフエから売店に変更した。

新幹線[編集]

  • 東海道新幹線こだま』は開業当初はビュフエ車を2両連結していたが、利用者の減少で1両を売店車(25形400番台)に変更した他、東海道・山陽新幹線100系では2階建て食堂車の1階に売店が設けられた。1992年に登場した300系では食堂・ビュフエがない代わりに、グリーン車を挟む形でサービスコーナーが設けられ、500系にも設けられたが、サービスコーナーがない700系の増備に伴い、2003年9月30日限りで営業を終了した。
  • 東北新幹線上越新幹線のオール2階建て車両であるE1系E4系では、車内販売のワゴン移動が難しいため、1階(E1系は8号車、E4系は5号車・11号車)に売店が設けられており、現在も営業している。

関連項目[編集]