酒保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

酒保(しゅほ)とは、旧日本軍の基地・施設内や艦船内に設けられていた売店に類するもの。何でも買えるとは限らず、規律を正すなどの目的で購入額が制限される場合もあった。

概要[編集]

歴史的俯瞰[編集]

フランス語でkantine、ドイツ語でFeldschenke,Soldatenschenkeであり、つまり兵隊酒屋くらいの意で、洋式陸軍制度採用の時にこれを「酒保」と翻訳したのが語源である。通例、原則として軍隊の自営であったが、隊長は一部受託販売し、または厳選された商人に請負販売させることができた。隊長は酒保に装飾を施し、新聞、図書、雑誌ならびに娯楽、運動器具などを備え付けることができた。海軍においては各軍艦、各陸上部隊に設けられた。行軍や演習などで衛戍地を一時離れ駐屯するときは、必要に応じ酒保を携行または商人を指定し臨時に開設した。この意味を援用して出征の時も酒保が随行するのを野戦酒保といった。将兵からは酒保の従業員や商品も「酒保」と呼ばれた。

日本軍の野戦酒保規程[編集]

  • 第一条 野戦酒保は、戦地又は事変地に於て、軍人軍属其の他特に従軍を許されたる者に、必要なる日用品飲食物等を正確且廉価に販売するを、目的とす。野戦酒保に於て、前項の外必要なる慰安施設をなすことを得。(慰安施設規定は昭和12年の改定により追加)
  • 第三条 野戦酒保は所要に応じ、高等司令部連隊、大隊、病院及編制定員五百名以上の部隊に之を設置す。(後略)
  • 第六条 野戦酒保の経営は自弁に依るものとす。但し、已む得ざる場合(一部の飲食物等の販売を除く)は所管長官の認可を受け請負に依ることを得。

平時の衛戍地より伴行する酒保請負人は、軍属として取扱い一定の服装を為さしむるものとす。但し、其の人員は歩兵、野砲兵及山砲兵聯隊に在りては三名以内、其の他の部隊に在りては二名以内とす。
(句読点の挿入及び、仮名遣い修正は執筆者による)[要出典]

現代における酒保[編集]

現代においても、海上自衛隊の艦船内の物品販売設備が酒保と呼ばれている。なお、陸上自衛隊および防衛大学校では同種の施設をPX (Post exchange) と呼ぶが、これはアメリカ軍の基地内の売店が由来である。 PX とは、米軍売店の中で POST NUMBER(郵便番号: APOFPO )を持っているものを指す。その他の売店は、陸軍および空軍の基地では BX (Base Exchange) と呼ばれ、海軍の場合は NEX (Navy Exchange)、海兵隊の場合はMCX (Marine Corps Exchange) と呼ばれる。

酒保が描写された作品[編集]

関連項目[編集]