野砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
独ソ戦時、ソ連赤軍が主力野砲として運用したZiS-3 76mm野砲

野砲(やほう、Field gun)は、火砲の一種。定義は時代により異なるが、口径100mmクラス以下の軽カノン砲(加農)。

概要[編集]

世界で初めて液気圧式駐退復座機を備えた近代的な火砲である、フランスM1897 75mm野砲

口径は基本的に75mm~77mmが標準であるが、イギリス18ポンド(84mm) 野砲25ポンド(87.6mm) 野砲ソビエト連邦M1940(M-60) 107mm師団砲のような大口径野砲も存在する。

主に軍隊の主力砲兵である「師団砲兵師団隷下の野砲兵連隊等を意味する[1])」が運用する野戦砲たる軽砲であり、20世紀中頃までは世界各国で使用されていた。もともと大砲攻城兵器であったが、ぶどう弾キャニスター弾の発明により30年戦争の頃から野戦でも近距離殺傷兵器として使用されるようになった。しかし、牽引技術や砲車の性能の制限のため、野戦で使用できる大砲は4ポンド程度の小型のものに限られていた。18世紀中ごろに砲車が改良され、より大型の野砲が歩兵に随伴して移動できるようになり、ナポレオン戦争で広く使用されることとなった。18世紀末に発明された榴散弾が19世紀初め頃から普及し始めると、遠距離でも対人兵器として使用できるようになった。当初は馬で牽引したが、6頭立て以上になると効率が低下することもあり、馬の牽引力によって野砲の大きさは制限を受けた[2]。しかし、機械力による牽引が可能になるとこの制限は無くなり、より大型の砲と統合されていった。

第二次世界大戦時のアメリカ軍ドイツ国防軍は師団砲兵の火力増強のため、1930年代末頃に(従来の野砲に代わり)軽榴弾砲を配備し口径150mmの重榴弾砲と混成運用していたため、野砲を実質使用していない。ソ連赤軍大日本帝国陸軍などは野砲と軽榴弾砲を混成運用、イギリス軍は野砲・軽榴弾砲兼用砲を運用していた。

20世紀後半以降の先進各国の師団砲兵は戦闘教義兵器の進化もあり、空挺師団・山岳師団や機動性を特に求められる軽装歩兵師団や海兵師団(海兵隊)などを除き、口径150mmクラスの長砲身の榴弾砲(加農榴弾砲)を運用しているために、事実上榴弾砲に統合されカノン砲とともに消滅した砲種である。

戦車装甲車が登場した第一次世界大戦以降から20世紀中頃にかけては、カノン砲の高初速を活かして徹甲弾を発射する重対戦車砲戦車砲として使用・転用された例も多い。

野砲一覧[編集]

前装式[編集]

フランスの旗 フランス

イギリスの旗 イギリス

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

  • パロット砲:前装施条砲。野砲として、10ポンド砲、20ポンド砲があった。

第一次世界大戦以前(駐退機採用以前)[編集]

フランスの旗 フランス

イギリスの旗 イギリス

ドイツの旗 ドイツ帝国

ロシア帝国の旗 ロシア帝国

日本の旗 日本


第一次世界大戦[編集]

フランスの旗 フランス

イギリスの旗 イギリス

ドイツの旗 ドイツ帝国

ロシア帝国の旗 ロシア帝国

イタリア王国の旗 イタリア王国

Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国

ベルギーの旗 ベルギー

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

日本の旗 大日本帝国


第二次世界大戦[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

イギリスの旗 イギリス

ナチス・ドイツの旗 ドイツ国

イタリア王国の旗 イタリア王国

ベルギーの旗 ベルギー

チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア

日本の旗 大日本帝国

ギリシャの旗 ギリシャ王国


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 重榴弾砲やカノン砲といった重砲は、「軍砲兵」や「軍団砲兵」と称す、軍団隷下の独立部隊が主に運用する
  2. ^ 馬1頭の牽引力は300kg程度であるため、6頭立てでは1800kgとなり、この程度が野砲の重量の限界である。これ以上の重量の場合は移動のために分解するか、より多頭立てで牽引する必要があり、一般に野戦重砲に分類される。

関連項目[編集]