ZiS-3 76mm野砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ZiS-3 76mm野砲
ZiS3 nn.jpg
ニジニ・ノヴゴロドに展示されているZiS-3
種類 野砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
開発史
製造期間 1941年~?年
製造数 103,000門以上
諸元
重量 1,200 kg(射撃状態)
1,850 kg(牽引状態)
要員数 7名

砲弾 装薬:固定薬莢式
口径 76.2 mm
砲身 3931.9mm(51.6口径)
砲尾 垂直鎖栓式
半自動開閉機構付き
反動 液気圧式駐退復座機
二段式マズルブレーキ
砲架 開脚式
仰角 -5° ~ 37°
旋回角 54°
発射速度 最大25発/分
最大射程 13,290m

76mm師団砲M1942 (ZiS-3)ロシア語: 76-мм дивизионная пушка образца 1942 года (ЗИС-3))とは、第二次世界大戦中にソビエト連邦が開発した師団砲兵用軽カノン砲野砲)である。この砲はドイツの88mm高射砲と同様に対戦車砲としても高い性能を有していたため、対戦車砲としての知名度も高い。

開発[編集]

1940年、赤軍はそれまで保有していたF-22(M1936)野砲F-22USV(M1939)野砲よりも軽量かつ低コストな76mm野砲の開発を開始し、翌1941年にはナチス・ドイツソ連への侵攻を開始したことにより大祖国戦争が勃発した。

当時のドイツ軍の戦車の主力であったIII号戦車IV号戦車は装甲が薄くF-22やF-22USVの徹甲弾で十分対抗可能であったが、突然の奇襲とスターリン死守命令の乱発大粛清の際に多数の将官佐官を粛清したことによる戦術の稚拙さなどが原因で多くのF-22とF-22USVが破壊されるかドイツ軍に鹵獲されて失われた。赤軍は部隊再編成のために補充用の野砲を緊急に多数導入する必要に迫られ、さらに戦争序盤でT-34KV-1の重装甲に手こずったドイツが装甲と火力に勝る重戦車を開発して投入することも時間の問題と考えられた。

ZiS-3は1941年に完成したが赤軍はF-22USVの増産を優先させる方針をとったため、ZiS-3はトライアルも行われないまま公式には製造中止とされてしまった。しかしF-22USVはコストが高く(ZiS-3の1.5倍)砲架の制作過程も複雑だったためになかなか数がそろわなかった。このため、スターリンはドイツ戦車に対抗可能なあらゆる砲の生産を許可するとの指令を出したので、ようやく日の目を見ることができた。1942年2月には5日間のトライアルが行われ、それをほぼ完璧にクリアしたZiS-3は1942年型76mm師団野砲として制式採用された。

概要[編集]

ZiS-3は、ZiS-2 57mm対戦車砲の砲架にF-22USV野砲の砲身と駐退復座機を搭載する形で開発された。砲架が軽量になったことにより発砲時に転倒する危険があったので、砲口には76mm級の師団野砲としては初めてマズルブレーキが装着された。さらに、ZiS-2対戦車砲の砲架は左右角調整ハンドルと仰俯角調整ハンドルが砲の左側に集中しており、照準調整が1人で行えるようになった。仰角がF-22やF-22USVと比較して浅くなっているが、野砲や対戦車砲としての運用には全く問題はなかった。さらに、コスト面においても砲架の構造が簡略化されたため、調達コストはF-22USVの2/3にまで低下した。

それまでのソ連軍の榴弾砲や野砲は仰俯角調節ハンドルが右側についていたため、照準調整は2人で行う必要があった。ドイツ軍が鹵獲したF-22野砲を7.62 cm PaK 36(r)に改造する際にも仰俯角調整ハンドルを左側に移している。

砲弾[編集]

ZiS-3には対戦車用の徹甲弾としてBR-350A徹甲榴弾とBR-350SP徹甲弾が用意されていた。この他にも榴弾榴散弾焼夷弾、煙幕弾、毒ガス弾が製造され、戦後には成形炸薬弾も開発された。

BR-350A徹甲榴弾の装甲貫徹能力

  • 100m:67mm(入射角60°)、82mm(入射角90°)
  • 500m:61mm(入射角60°)、75mm(入射角90°)
  • 1000m:55mm(入射角60°)、67mm(入射角90°)
  • 1500m:49mm(入射角60°)、60mm(入射角90°)
  • 2000m:43mm(入射角60°)、53mm(入射角90°)

運用[編集]

ZiS-3は1個師団あたり1個大隊12門(3個中隊で編成)が配備されたほか、6個中隊24門で編成される独立対戦車連隊にも配備された。ZiS-3は主に直接火力支援に投入されたが、パックフロント英語版と呼ばれる対戦車砲陣地に配備したり巧妙な陣地構築と偽装による待ち伏せで対戦車戦闘にも従事した。さらに、車両搭載型のZiS-3ShがSU-76 (自走砲)の主砲として使用されている。着弾後に発射音が聞こえる高初速から、ドイツ軍からは「ラッチュ(擦過音)・バム(発射音)」と呼ばれて恐れられた。

III号戦車やIV号戦車相手には申し分ない性能を発揮したが、パンターティーガーが相手では分の悪い戦いを強いられた。パンター相手には装甲の薄い側面や防盾を近距離から狙えば撃破は可能であったが、ティーガーの装甲には歯が立たず、主砲を側面から打ち抜くかキャタピラを破壊して攻撃力か機動力のどちらかを無力化する必要があった。このため1944年にはより大口径のD-44 85mm野砲BS-3 100mm野砲が開発されている。

戦後、ZiS-3は予備役に退くが、多くはワルシャワ条約機構加盟国や中東・アフリカ・アジアの親ソ国に供与され、現在でも一部の発展途上国では現役である。また、ロシアでは大祖国戦争の再現イベントで使用するために少数のZiS-3が保管されている。

関連項目[編集]