オードナンス QF 17ポンド砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オードナンス QF 17ポンド砲

オードナンス QF 17ポンド砲: Ordnance Quick-Firing 17-pounder)とは、第二次世界大戦中にイギリスが開発した対戦車砲であり、17ポンド対戦車砲とも呼ばれる。17ポンド砲は戦車砲としても使用され、連合国の対戦車砲としては最も優秀な対戦車能力を有していた。

概要[編集]

17ポンド砲の砲弾。
左側面から見たQF 17ポンド砲
マーケット・ガーデン作戦において確保したナイメーヘン橋防衛に配備されたQF 17ポンド砲

第二次世界大戦において、イギリス陸軍オードナンス QF 2ポンド砲オードナンス QF 6ポンド砲ではいずれドイツの戦車に対抗できなくなると考え、1940年末により高性能な対戦車砲の開発を開始した。17ポンド砲は1941年末に完成し、翌1942年春には生産ラインが完成し量産が開始された。砲本体の開発に対して砲架の開発が追い付いていなかったが、北アフリカ戦線ドイツティーガーI重戦車を投入したので、これを撃破可能な17ポンド砲を大至急前線に送り込む必要が生まれたので、QF 25ポンド砲の砲架と組み合わせた25/17ポンド砲が急遽製造され1943年2月には実戦に投入された。

後には17ポンド砲専用の砲架が完成し、それと組み合わされた完成型の17ポンド砲はイタリア戦線ノルマンディー上陸作戦以降の西部戦線などヨーロッパの部隊に優先配備され実戦投入された。ビルマ戦線などの極東戦域で戦う部隊については、ジャングルでは大重量の火砲の移動に苦労することと17ポンド砲でなければ撃破不可能な日本軍戦車が存在しないことから配備されていない。

1944年9月には新型のAPDSが開発され、910mの距離で192mmの装甲を撃ち抜くほどの高い威力を誇ったが、装弾筒を均等なタイミングで分離させられないために遠距離での命中率が低かったので、従来型の徹甲弾も配備され続けた。また、従来の2ポンド砲や6ポンド砲が徹甲弾しか装備していないために、これを装備した戦車が歩兵や対戦車砲などの軟目標に対して無力であったことへの反省から榴弾も当初から製造されていた。この大戦中随一の高威力を誇るAPDS弾だが傾斜装甲相手には威力が大きく減少してしまう欠点がある。

17ポンド砲は前任の2ポンド砲や6ポンド砲と比べてかさばる上に重く軟弱地では車両がないととても牽引できなかったため、歩兵部隊では無く砲兵隊の対戦車砲部隊に配備された。また、初速向上のため長大な薬莢に大量の火薬を詰めたので、発砲時に激しい発射火焔が目立つのが難点であった。

17ポンド砲は朝鮮戦争でも使用され、対戦車砲としてだけではなくトーチカなどを砲撃する直接火力支援にも使用されていた。

戦車砲として[編集]

アーチャー対戦車自走砲
ブラックプリンス歩兵戦車

17ポンド砲は上記のように高い威力を持っていたので、イギリス軍では戦車砲としても使用する方針であった。しかし、イギリス軍の戦車は砲塔リングの直径が狭かったのでそのまま17ポンド砲を搭載することが不可能であり、砲塔や車体の新規設計を余儀なくされた。

そのために開発されたチャレンジャー巡航戦車は各部の完成度が低く故障が多かったため評判が悪く、アメリカ合衆国からレンドリース供与されたM4シャーマン中戦車の75mm主砲を17ポンド砲に換装したシャーマン ファイアフライが主力となった。後には砲塔リング直径を拡大した新型のセンチュリオン戦車が開発されたが本格量産前に終戦となってしまい、朝鮮戦争の頃にはより大口径のオードナンス QF 20ポンド砲を搭載したMk,3が主力となっていた。

量産化には至っていないが、チャーチル歩兵戦車の拡大発展型であるブラックプリンス歩兵戦車も17ポンド砲を主砲として設計された。

17ポンド砲は戦車以外にも対戦車自走砲などにも搭載され、バレンタイン歩兵戦車の砲塔を撤去して17ポンド砲を搭載したアーチャー対戦車自走砲や、アメリカからレンドリース供与されたM10駆逐戦車の主砲を17ポンド砲に換装したアキリーズ駆逐戦車も製造されている。

77mm HV[編集]

17ポンド砲の派生形の中でも特徴的なのが、77mm HV(High Velocity = 高初速砲)である。

77mm HVは、17ポンド砲の砲弾の弾頭とQF 3インチ 20cwt高射砲の薬莢を組み合わせた砲弾を使用する、いわば弱装17ポンド砲とでもいうべき砲である。火薬の量が少なくなったため装甲貫徹力がやや低下しているが、弾丸の全長も短くなり反動も穏やかになったので、戦車への搭載障壁が小さくなった。

尚、“77mm”という名称ではあるが、これは補給上の混乱を防ぐために命名されたもので、実際の弾頭径は76.2mmである。

77mm HV は、コメット巡航戦車の主砲として採用されている。

スペック[編集]

  • 口径:76.2mm
  • 全長:m
  • 全幅:m
  • 重量:3,048kg (3ロング・トン)
  • 砲身長:4191mm(55口径)
  • 仰俯角:-6°~+16.5°
  • 左右旋回角:60°
  • 運用要員:名
  • 発射速度:発/分(最大)
  • 射程距離:m
  • 運用期間:年~年
  • 生産総数:門

関連項目[編集]